カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2021年8月24日に、カルダノネットワークのセキュリティを強化することを目的として、ブロックチェーン分析企業である「Coinfirm(コインファーム)」と提携したことを発表しました。カルダノは今回の提携を通じて資金洗浄・テロ資金供与対策のための技術を導入するため、取引所などはカルダノ関連通貨の動きを追跡することができるようになり、各国の仮想通貨規制・ルールも遵守することができるようになると伝えられています。

こちらから読む:RIZIN、IOST活用のNFTマーケット公開へ「暗号資産」関連ニュース

AML/CFTツール導入で世界各国の規制に準拠

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2021年8月24日に、カルダノネットワークのセキュリティを強化することを目的として、ブロックチェーン分析企業である「Coinfirm(コインファーム)」と提携したことを発表しました。

Coinfirm(コインファーム)は仮想通貨・ブロックチェーンの「マネーロンダリング・テロ資金供与対策(AML/CFT)サービス」と「不正調査」を専門とするブロックチェーン分析企業であり、疑わしい仮想通貨取引を検出・監視するための包括的なツールを仮想通貨取引所・政府機関・金融機関などに提供しています。

今回の提携は、CoinfirmのAML/CFT技術を導入することによってカルダノネットワークのセキュリティを強化し、世界各国で定められている仮想通貨関連規制に完全に準拠できるようにすることを目的としたものであり、『Coinfirmの技術を導入することによって全ての取引所・カストディアン・その他関係者はウォレットに保管されているADAの履歴を明確に追跡することができるようになる』と説明されています。

また、同社の技術を導入すればADAだけでなく「カルダノブロックチェーンで発行された全ての資産」を分析することができるようになるとのことで、暗号資産が盗まれた場合などにも法執行機関や仮想通貨関連事業者との連携が取りやすくなると報告されています。

仮想通貨業界では依然としてハッキング詐欺などの被害が相次いで報告されているため、盗まれた資金を追跡・回収できるようにするための環境整備が世界的に求められていますが、今回の提携によってカルダノブロックチェーン全体のセキュリティを向上させることができるため、今後ADA関連の流出事件が発生した場合にはより迅速な対応を取ることができるようになると期待されます。

カルダノ財団の技術統合部門責任者であるMel McCann氏は公式発表の中で『AML/CFT分析は、暗号資産が規制環境下で広く普及するために必要不可欠である』とコメントしています。

>>「カルダノ財団」の公式発表はこちら

2021年8月26日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先日24日に320円付近まで高騰したものの、その後はやや下落しており、2021年8月26日時点では「1ADA=285.35円」で取引されています。

>>ADAを取り扱う暗号資産取引所「BINANCE」はこちら

2021年2月28日〜2021年8月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2021年2月28日〜2021年8月26日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

ADAの取り扱いを予定している暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

音声NFTマーケットプレイス「Echo NFT」β版公開|MATICがもらえるキャンペーンも

音声NFTマーケットプレイス「Echo NFT」β版公開|MATICがもらえるキャンペーンも

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

NFT用いた宇宙関連のデータ流通基盤「ALICE(アリス)」開発開始:DigitalBlast

NFT用いた宇宙関連のデータ流通基盤「ALICE(アリス)」開発開始:DigitalBlast

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

FTX Japanの顧客資産は「米破産法の対象財産には含まれない」サービス復旧関連で続報

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Oasys:ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」と戦略的パートナーシップ締結

Oasys:ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」と戦略的パートナーシップ締結

国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産

国内初のスキーNFT「ニセコパウダートークン」の実証実験開始:HashPalette×東急不動産

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す