ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

by BITTIMES

セーシェル共和国に拠点を構える暗号資産取引所「Bilaxy」は2021年8月30日に、同取引所のホットウォレットがハッキングされ、約295種類のERC20トークンが流出したことを発表しました。ここ最近では仮想通貨取引所のハッキング被害が増加してきているため、取引所で仮想通貨を保有している方などは注意が必要です。

こちらから読む:Twitter社CEO、BTCの分散型取引所構築を計画「暗号資産」関連ニュース

警察・関係者などに連絡して現在も調査中

セーシェル共和国に拠点を構える暗号資産取引所「Bilaxy」は2021年8月30日に、同取引所のホットウォレット(インターネットに接続されているウォレット)がハッキングされ、約295種類のERC20トークンが流出したことを発表しました。

公式発表によると、同社のERC20ホットウォレット(0xCCE8D59AFFdd93be338FC77FA0A298C2CB65Da59)は日本時間2021年8月29日午前3時00分〜午前4時00分までの間にハッキングを受けたとのことで、盗まれたETC20トークンは「0xA14d5DA3C6BF2D9304FE6D4BC6942395b4dE048b」というアドレスのウォレットに送金されたと報告されています。

BilaxyのERC20ホットウォレットがハッキングされた事件について

同社のホットウォレットがハッキングされ、約295種類のERC20トークンがハッカーによって「0xA14d5DA3C6BF2D9304FE6D4BC6942395b4dE048b」というアドレスに送金されました。詳細は以下の公式テレグラムチャンネルをご確認ください。

ハッキング発覚後は「Bilaxy」のウェブサイトを一時停止して、取引所のホットウォレットに残されていた何百種類ものトークンをコールドウォレット(インターネットに接続されていないウォレット)へと移動させたとのことで「影響を受けた全てのトークンの関係者、セキュリティ監査機関、Coinmarketcap・Congecko・etherscan、地元警察」などにも連絡を行い、盗まれた資産の追跡を開始していると説明されています。

「Bilaxy」は今回のハッキングで大きな損失を被ったと説明していますが、コールドウォレットに移動された資産に関しては今後さらに流出する心配はないとも説明が行われています。

サービス再開までにはしばらく時間がかかると予想されており、ハッキング事件に関する最新情報などは公式ツイートでも説明されている「Bilaxyの公式テレグラムチャンネル」などで随時報告していくと説明されています。

仮想通貨業界では数年前から仮想通貨価格が高騰しているタイミングで「ハッキング」や「詐欺」などが増加する傾向がありますが、ここ最近でも取引所のハッキング事件が増加してきており、今月19日には「Liquid by QUOINE(リキッドバイコイン)」からもハッキングの被害が報告されているため、取引所などで仮想通貨を保管している方は注意する必要があります。

複数の暗号資産を安全に保管することができる「TREZOR(トレザー)」の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

【重要】SBI VCトレード:Cool X Walletサービス「2022年3月31日」で終了へ

【重要】SBI VCトレード:Cool X Walletサービス「2022年3月31日」で終了へ

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン配布「2021年第2四半期後半」を予定:Flare Networks

ネム(NEM/XEM)ハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を完了

ネム(NEM/XEM)ハードフォーク「Harlock(ハーロック)」を完了

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

自動損益計算のCryptact:DeFi取引のアグリゲーション機能に「Polygon」追加

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

ビットバンク:ポリゴン(Polygon/MATIC)の上場日時を発表「記念キャンペーン」も開催

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

台頭するパブリックチェーン「CoinEx Smart Chain」のエコシステム紹介

保有するBTC・ETHを「全て売却」カナダ上場企業Cypherpunk Holdings

保有するBTC・ETHを「全て売却」カナダ上場企業Cypherpunk Holdings

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

HashLink:NFTコレクション「Tokyo Mongz Hills Club」発表|PLT Placeで販売予定

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す