米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」は2021年9月21日に、同社が提供しているスマートフォン向けアプリが「Apple Pay」と「Google Pay」に対応したことを発表しました。これにより、Krakenアプリの利用者はApple PayやGoogle Payを使用して仮想通貨を購入することができるようになったと報告されています。

こちらから読む:ビットバンク、逆指値注文機能提供へ「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨を「わずか3ステップ」で簡単購入

Kraken(クラーケン)は2021年9月21日に、同社が提供しているスマートフォン向けアプリが「Apple Pay」と「Google Pay」に対応したことを発表しました。

日本居住者向けに提供されているスマホアプリ「Kraken Pro」は対応していないものの、今回の対応によって米国のKrakenアプリ利用者は「Apple Pay」や「Google Pay」を使用して簡単に仮想通貨を購入することができるようになったと報告されています。

公式発表によると、Krakenアプリはユーザーの「Apple Pay」または「Google Pay」アカウントに自動接続するため、仮想通貨は以下の3ステップで購入することができると説明されています。

  1. Krakenアプリで購入したい仮想通貨の「購入(Buy)」ボタンをタップする
  2. 購入したい仮想通貨の数量を入力して「Pay With」オプションの中から「Apple Pay」または「Google Pay」を選択する
  3. 購入内容を確認して取引を確定する

通常仮想通貨を購入する際には「日本円やドルなどの法定通貨を入金して取引する」という方法をとる必要がありますが、「Apple Pay」や「Google Pay」に対応していれば入金の手間を省いて簡単に仮想通貨を購入することができるため、仮想通貨をより手軽に購入できるようになり、取引が活発化すると期待されます。

なお、Krakenは2020年10月に暗号資産交換業者としての登録を完了している日本法人「Payward Asia株式会社」を通じて日本居住者向けにもサービス提供を開始しており、今年7月には初心者でも簡単に仮想通貨を売買・交換することができる「販売所」のサービスも開始されています。

>>「Kraken」の公式発表はこちら
>>「Kraken」の新規登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

CARDANO(ADA)など3銘柄|仮想通貨アプリ「Abra」で利用可能に

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

FTX破産申立代理業者「Kroll」で顧客データ漏洩|詐欺メールなどに要注意

FTX破産申立代理業者「Kroll」で顧客データ漏洩|詐欺メールなどに要注意

DMMビットコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

DMMビットコイン編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

99BTCのプレセールが100万ドル達成、成長する教育コイン分野でトップを目指す

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

「トランプ前大統領の再選は仮想通貨にとってプラス」スタンダードチャータード銀行

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す