米Coinbase:手数料無料・100万ドル保証などを提供する「定額制サービス」をテスト

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」が『Coinbase One』と呼ばれる定額制サービスをテストしていることが複数メディアの報告で明らかになりました。このサービスを利用すると、毎月一定金額を支払うことによって「仮想通貨売買手数料を無料化・優先電話対応・最大100万ドルの保証」などのサービスを受けることができると伝えられています。

こちらから読む:米Kraken、株式取引などのサービス提供を計画「暗号資産」関連ニュース

手数料無料化・優先電話対応・100万ドル保証などを提供

Coinbase(コインベース)は現在、毎月一定の金額を支払うことによって「仮想通貨売買手数料の無料化・優先電話対応・最大100万ドルの保証」などのサービスを受けることができる『Coinbase One』と呼ばれる定額制サービスをテストしていると伝えられています。

この定額制サービスに関する案内は一部のCoinbaseユーザー向けに送信されたとのことで、Twitter上にもCoinbaseユーザーが投稿したスクリーンショット画像が投稿されています。

Coinbaseは無料取引・優先サポート・100万ドルの保険を備えたサブスクリプションサービス「Coinbase One」を開始する準備をしているのでしょうか?

今夜、Coinbaseアプリの「プロフィールと設定」にこのことが書かれていました。「Manage Subscription」のオプションを選択すると空白の画面が表示されます。🧐

サブスクリプションサービスを受けるために必要な料金などの詳細は明らかにされていないものの、複数の報告では以下のようなサービスを受けることができるようになると報告されており、「Decrypt」や「The Block」などの仮想通貨メディアは『Coinbaseの広報担当者は"Coinbaseはお客様向けのサブスクリプション製品のテストを開始しました"と語った』と報じています。

【Coinbaseの定額制サービス内容】

  • 仮想通貨の売買手数料が無料になる
  • 顧客向けの電話対応で土日・祝日を問わず優先的に対応を受けられる
  • 口座乗っ取りで資産を盗まれた場合に最大100万ドルの払い戻しを受けることができる

「ビットコイン担保型の融資サービス」も提供開始

Coinbase(コインベース)は2021年11月3日に、ビットコインを担保に最大100万ドル(約1,1億円)の融資を受けることができるサービスを開始したことも発表しています。コインベースが今年6月にローンサービスを開始した時点では、限度額が最大10万ドル(約1,100万円)に設定されていましたが、今回の発表では限度額がその10倍にまで引き上げられたことが報告されています。

対象となるお客様が、Coinbaseから最大100万ドルまで借りられるようになったことをお知らせします。

詳細はこちら👉https://spr.ly/6000JnFOC

このサービスの利用者は保有するビットコインの40%に相当する金額(最大100万ドルまで)の現金を借りることができるとのことで、利息は年間8%とされています。ローンの返済期限は設けられていませんが、ローンを組んだ場合には毎月最低10ドルの利息を払う必要があるとのことです。

なお、担保として預かったビットコインに関しては「運用することなくそのまま保有する」とも説明されています。

>>「ビットコイン担保型の融資サービス」の詳細はこちら
>>「Coinbase」の新規登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

Sweet:テゾス(Tezos/XTZ)を統合「McLaren Racing Collective」のNFTも公開

Sweet:テゾス(Tezos/XTZ)を統合「McLaren Racing Collective」のNFTも公開

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

Trezor:BTCが稼げるバトルロイヤルゲーム「Lightnite」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

2022年12月の注目すべきベスト暗号通貨リストでMetacadeがトップとなる?

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

GMOコイン「DOT・ATOMのステーキングサービス」提供へ

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

誤って「破産申請の発表資料」公開か|仮想通貨マイニング企業Argo Blockchain

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

2023年目前:これは仮想通貨市場のドージコイン・ビッグアイズコイン・テゾスにとって何を意味するのか?

金融庁「FTX Japanに対する業務停止命令」延長へ=報道

金融庁「FTX Japanに対する業務停止命令」延長へ=報道

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

社会貢献型Web3アプリ「TEKKON」位置情報のみを登録できる新機能追加

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

イーロン・マスク氏とジャック・ドーシー氏「Twitterの匿名性」についてコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す