JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

by BITTIMES

前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコイン「JPYコイン(JPYCoin/JPYC)」を発行している「JPYC株式会社」は2021年12月22日に、2021年中の開始が予定されていた『JPYC決済での徳島県海陽町へのふるさと納税』が延期になったことを発表しました。同社は同日22日に、財務省関東財務局への登録会社等一覧の中の「前払式支払手段(自家型)発行者届出一覧」に"JPYC株式会社"が掲載されたことと、東京法務局に前払式支払手段の発行保証金の供託を完了したことも発表しています。

こちらから読む:BINANCE、XRP保有者に対するSOLO配布対応へ「暗号資産」関連ニュース

財務局・金融庁の見解を受け「延期」を決定

JPYコイン(JPYCoin/JPYC)を発行している「JPYC株式会社」は2021年12月22日に、2021年中の開始が予定されていた『JPYC決済での徳島県海陽町へのふるさと納税』が延期になったことを発表しました。

JPYC株式会社は今年9月に「一般社団法人Disportと業務提携して徳島県海陽町で地方創生を推進し、JPYCを用いた海陽町へのふるさと納税を可能にする」という内容の発表を行っていましたが、今回の発表では『財務局・金融庁との協議を行った結果、JPYC決済を用いたふるさと納税の開始を延期することが決定した』と報告されています。

同社は財務局からの指摘を受けて『自家型前払式支払手段をふるさと納税の決済手段として使用することは可能である』との法的な見解を説明し、財務局・金融庁との協議を続けていたとのことですが、最終的には「JPYCをふるさと納税に利用するには第三者型前払式支払手段の発行者としての登録が必要である」という財務局・金融庁の見解が示されたと報告されています。

今回のふるさと納税開始延期はこの見解を受けて決定されたものであり、JPYC決済でのふるさと納税開始時期は、第三者型前払式支払手段の発行者としての登録手続きを経た後の「2022年前半以降」になる見込みだと説明されています。なお、今回の決定については同社の提携先である「一般社団法人Disport」および「海陽町」にも説明済みであるとも説明されています。

「発行保証金の供託完了」なども報告

JPYC株式会社は同日22日に、財務省関東財務局への登録会社等一覧の中の「前払式支払手段(自家型)発行者届出一覧」に"JPYC株式会社"が掲載されたことと、東京法務局に前払式支払手段の発行保証金の供託を完了したことも発表しています。

同社の名前は2021年10月時点で「前払式支払手段(自家型)発行者届出一覧」に掲載されていたものの、掲載されていたのは"2021年5月の申請時の旧社名・旧住所"となっていたため問い合わせが多々あったとのことで、今回は社名変更後の名称である「JPYC株式会社」としての掲載が完了したことが報告されています。

また「東京法務局への前払式支払手段の発行保証金供託」については、『基準日(2021年9月30日)における未使用残高の51%を切り上げた金額にあたる5,000万円を発行保証金として、このうち前回供託した金額を控除した23,080,865円の供託を行った』と説明されています。

JPYC株式会社は前回の供託基準日(2021年5月31日)に当時の未使用残高の100%+1,000万円の供託を行っていましたが、『半年に一度の供託の時点で多少増額したとしてもJPYC発行額の急激な増加スピードには対応することが困難である』との判断から、法定通りの比率で供託を行うことを決定したとのことです。

>>「ふるさと納税延期」に関する発表はこちら
>>「発行保証金供託完了」に関する発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFL選手Sean Culkin「2021年の年棒全て」をビットコイン(BTC)に交換

NFL選手Sean Culkin「2021年の年棒全て」をビットコイン(BTC)に交換

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

仮想通貨「担保型ローン」提供を計画:米シルバーゲート銀行

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

バフェットランチは「歴史ある3つ星レストラン」で|Tron記者会見も開催予定

Orbs:新たなステーキングウォレット「TETRA」公開【日本語対応】

Orbs:新たなステーキングウォレット「TETRA」公開【日本語対応】

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円分の暗号資産がもらえる「のりかえ・おかえりキャンペーン」開始

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

韓国政府:Apple・Googleに「Play to Earn関連ゲームの公開阻止」を要請

韓国政府:Apple・Googleに「Play to Earn関連ゲームの公開阻止」を要請

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノ基盤のネイティブトークン「Revuto(REVU)」中央集権型取引所に初上場

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

カルダノDEXの「SundaeSwap」ISO対象ステークプールを8つ追加|過飽和問題に対処

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す