トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

by BITTIMES   

南太平洋の島国であるトンガ王国で「仮想通貨ビットコイン(BTC)を国の法定通貨の1つとして認める内容の法案」が準備されていることが明らかになりました。ビットコインを法定通貨として認める法案は昨年エルサルバドルで施行されていましたが、トンガ王国でも同様の法案が準備されているとのことで、この法案は2022年秋にも議会に提出される予定だと報告されています。

こちらから読む:OKCoinJapan、IOSTステーキング提供へ「暗号資産」関連ニュース

「ビットコイン関連法案のスケジュール」明かす

トンガ王国の政治家でありながら王国の貴族でもあるMataʻiʻuluaʻi Fonuamotu(Lord Fusituʻa)氏は2022年1月12日のツイートで、トンガ王国で「仮想通貨ビットコイン(BTC)を国の法定通貨の1つとして認める法案」が2022年秋にも議会に提出される予定であることを明らかにしました。

Fusituʻa議員は昨年6月にエルサルバドルで「ビットコイン法」が承認された際にも『トンガ王国でビットコインの採用に向けた動きが進められている』といった内容のツイートをリツイートしていましたが、12日のツイートではビットコインの法定通貨化に向けて以下のようなスケジュールで準備が進められていることが報告されています。

  1. 9月・10月に法案が議会に提出される→可決
  2. 王宮に送られ、国王の同意を得る
  3. 1ヶ月後、枢密院の助言により国王が法案に署名する
  4. 2〜3週間後、政府によって施行日が発表される
  5. ビットコインが法定通貨となる

ビットコイン法とほぼ同じ内容で年内施行の可能性も

Fusituʻa議員によると、この法案はエルサルバドルで施行された「ビットコイン法」をモデルにしているため、ビットコイン法とほぼ同じ内容になっているとのことで、早ければ2022年11月〜12月頃には施行できる可能性があると予測されています。

同氏はビットコインの採用について「少額のビットコインを安い手数料で素早く送金することができる技術であるLightning Network(ライトニングネットワーク)に関する国民の認知度向上」が課題になると述べているものの、BTCが採用されれば送金コストが大幅に削減され、トンガ国民の可処分所得が30%増加するだろうとの期待も示しています。

人口約10万人の島国であるトンガ王国はエルサルバドル同様に国家GDPの4割近くが海外送金から成り立っているため、ビットコインが法定通貨として認められれば海外からの送金が容易になり、送金手数料も安く抑えることができるようになると期待されています。

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は今月2日に「ビットコインに関する2022年の予測」と題して『さらに2カ国がビットコインを法定通貨にする』との予測も語っていたため、トンガ王国の今後の動向には注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX Japan:確定申告などで必要となる「年間取引報告書」の交付を完了

FTX Japan:確定申告などで必要となる「年間取引報告書」の交付を完了

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「OMGFIN」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ライトコイン財団:アメフトチーム「Miami Dolphins」と提携|LTCが公式仮想通貨に

ライトコイン財団:アメフトチーム「Miami Dolphins」と提携|LTCが公式仮想通貨に

謎のクジラが「4兆枚以上のSHIB」を移動|巨額送金に注目集まる

謎のクジラが「4兆枚以上のSHIB」を移動|巨額送金に注目集まる

日本航空×博報堂:地域の特別体験を提供するNFT「KOKYO NFT」の実証実験開始

日本航空×博報堂:地域の特別体験を提供するNFT「KOKYO NFT」の実証実験開始

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す