ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキング|1位はスイスに

by BITTIMES   

ブロックチェーンフレンドリーなヨーロッパ諸国ランキングがblockshow-rating.comで発表されています。1位はスイスとなっており、ジブラルタルとマルタが次に続いています。

Blockchain Conference BlockShow Europe 2018

『Blockchain Conference BlockShow Europe 2018』で発表された調査結果によると、スイスは『ブロックチェーンにフレンドリーな欧州の国トップ10』のリストの中で第1位にランクされています。

『ブロックチェーンにフレンドリーなヨーロッパ諸国の格付けリスト』では、ジブラルタルが2位、マルタが3位といった順に続いています。

この調査は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)規制、支払いサービスとしての仮想通貨に関する規制、および仮想通貨に関する税制の枠組みによってランキングされた欧州48カ国から構成されています。

クリプトバレー『スイス』

スイスは、仮想通貨のハブとなる「クリプトバレー」となることを目指しており、仮想通貨投資家向けの非課税の避難所としての地位のために仮想通貨に優しい国として知られています。

複数のプロジェクトと資金の本拠地にもなっており、Ethereum Foundation、Tezos、Dfinity、Bancor、ShapeShiftなどの多くのプロジェクトの拠点となっています。

またスイスでは低い税金とビジネスフレンドリーな規制が提供されているため、都市管理局などの市当局によって請求される200フラン(約2万2,000円)までの費用は、ビットコイン(BTC)で支払うことができます。

仮想通貨取引に優しい『ジブラルタル』

ジブラルタルは複数のブロックチェーン関連プロジェクトのもう1つの拠点です。

ジブラルタル金融サービス委員会は、今年の初めに仮想通貨取引のために分散型元帳を使用する企業の活動を規制する枠組みを提案しました。

地方政府はジブラルタルを安全のための規制を定めることによって、仮想通貨でビジネスを行う上での整った場所として位置づけることを目指しています。

ジブラルタルは、予定されているジブラルタル・ブロックチェーン・エクスチェンジ(GBX)の発表の前に200のICOを引き合いに出していると伝えられています。

ブロックチェーンアイランド『マルタ』

マルタ共和国は、ブロックチェーンアイランドを目指しており、世界トップクラスの仮想通貨取引所であるBINANCE(バイナンス)やOKExなどを迎え入れています。

また国外の取引所を受け入れるだけでなく、ブロックチェーン技術の可能性をより良く活用するための法整備も行っており、4月にはマルタ金融サービス庁(MFSA)が仮想通貨トークンを合法的に定義し、金融商品をテストする可能性を協議した内容をまとめた文章を公式サイトで発表しています。

マルタ共和国のジョセフ・マスカット首相は「外貨準備は未来のために不可欠であり、将来の新しい経済の基盤を形成すると考えている」と述べています。

ランキングトップ10

ランキングの上位10カ国は次のようになっています。

  1. スイス
  2. ジブラルタル
  3. マルタ
  4. 英国
  5. デンマーク
  6. ドイツ
  7. ポルトガル
  8. オランダ
  9. フィンランド
  10. ベラルーシ

また、BlockShowではユーザーがEUのブロックチェーン空間で、有力な企業や女性に投票することができるブロックチェーンベースのアプリ『Polys』で今週の世論調査を発表しました。この投票の受賞者は今月末にベルリンで開催されるBlockShowカンファレンスで発表される予定となっています。

マルタに拠点を置く世界最大規模の仮想通貨取引所Binanceこちら

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

(引用:blockshow-rating.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

中国ベンツ:ブロックチェーン基盤の「中古車価格自動計算プラットフォーム」活用へ

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

注目度の高い仮想通貨ニュース

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

仮想通貨が使えるフリマサービス「Avacus Bazaar」Webブラウザ版公開

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

【個人情報流出】仮想通貨ウォレット「Gatehub」など220万アカウントが被害に

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

イーサリアム下落は「買いの機会」著名アナリスト、大型アップデートを前に強気姿勢

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

【Cardano/ADA】インセンティブ付きテストネットに向け「模擬スナップショット」を実施

【Cardano/ADA】インセンティブ付きテストネットに向け「模擬スナップショット」を実施

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

フランス:高等教育カリキュラムに「ビットコイン」追加か|仮想通貨について学習指導

フランス:高等教育カリキュラムに「ビットコイン」追加か|仮想通貨について学習指導

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す