株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

by BITTIMES

ブロックチェーンインフラを提供している「株式会社Ginco」は2022年8月12日に、暗号資産を取り扱う金融機関が安全かつ高い費用対効果で業務態勢を構築することを可能にする暗号資産ウォレットに関する特許(特開2021-068032)を取得したことを発表しました。

こちらから読む:Huobi Japan、XRP保有者に対するFLR付与方針を発表「国内ニュース」

Ginco:暗号資産ウォレット関連で特許取得

株式会社Gincoは2022年8月12日に、暗号資産を取り扱う金融機関が安全かつ高い費用対効果で業務態勢を構築することを可能にする暗号資産ウォレットに関する特許(特開2021-068032)を取得したことを発表しました。

同社は国内暗号資産交換業者への導入シェアNo.1を獲得している業務用マルチシグ(*1)ウォレット「Ginco Enterprise Wallet」を提供していますが、このウォレットにも今回の特許技術が利用されているとのことで、この技術は金融機関などが暗号資産・セキュリティトークン・ステーブルコインなどのデジタル資産を取り扱うケースでの利用を想定していると報告されています。
(*1)マルチシグ:顧客が暗号資産を売買・送金する際に資産を守る鍵に当たる電子署名(シグネーチャー)を複数利用する方式。多くの暗号資産取引所が採用しており、管理者が複数のコンピューターに電子署名を分散させ、不正アクセスやウイルス感染によって一つが流出しても盗難を防止することができる。

現在の日本の法律では、顧客の暗号資産を預かる事業者に対して「分別管理」が義務付けられており、暗号資産交換業者などは暗号資産を原則オフライン環境で管理する必要があります。これらの管理業務ではセキュリティとガバナンスを強化するために、複数の秘密鍵を用いたマルチシグの仕組みが採用されていますが、オフライン環境で複数の秘密鍵を操作し暗号資産を取り扱うためには煩雑なオペレーションが必要となり、事業者の負担が増加する傾向にありました。

Gincoが今回特許を取得した技術はこのような課題を解決するものであり、『この技術は暗号資産の秘密鍵を扱う端末が外部との通信・接続を行うことなく、デジタル完結で暗号資産の送金処理等を実現することで、高いセキュリティを保ったまま円滑に上記オペレーションの遂行を可能とする』と説明されています。

この特許技術を用いることによって、暗号資産交換業者をはじめとする金融機関には以下のようなメリットがもたらされると報告されています。

  • 顧客資産を100%コールドウォレットで管理し続けることができる
  • マルチシグによる相互牽制を組織体制や業務オペレーションに柔軟に組み込むことができる
  • オンライン・オフラインを切り替える端末操作を要さず業務の省力化が可能になる
  • 顧客の要請に応じた迅速な入出庫管理が可能になる

ブロックチェーン技術を用いて発行されるデジタル資産は多様化してきており、暗号資産・NFT・Web3などが注目を集めていますが、今回の特許技術は『多様化するデジタル資産やそのユースケースで高いセキュリティと利便性を両立して安心・安全に資産管理を行いたい』というニーズに幅広く応えることができるとも説明されています。

具体的には金融機関などが暗号資産・セキュリティトークン・ステーブルコインといったデジタル資産を取り扱う以下のようなユースケースでの利用が想定されているとのことで、NFTなどを利用したWeb3時代のユースケースでも市場拡大・取り扱い金額の増加に伴うセキュリティ&ガバナンスの強化に利用できるとも説明されています。

【金融領域における活用例】

  • 銀行・信託銀行等による暗号資産カストディ(*3)システム構築支援
  • 証券会社等によるセキュリティトークンシステム構築支援
  • 決済関連事業者等によるステーブルコイン管理システム構築支援

(画像:株式会社Ginco)(画像:株式会社Ginco)

>>「株式会社Ginco」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

TronTV公開、動画・広告視聴で「仮想通貨がもらえる」ストリーミングプラットフォーム

TronTV公開、動画・広告視聴で「仮想通貨がもらえる」ストリーミングプラットフォーム

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:アイエグゼック(iExec RLC/RLC)の「永久先物取引」提供へ

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

コロナウイルス対策で「ブロックチェーン卒業証明書」を無償提供:LasTrust株式会社

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

ディープコイン(DEP)をお得に増やすチャンス|ビットポイントがキャンペーン開始

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

合同会社型DAOの実現に向けた重要な一歩|金融庁が内閣府令改正案を公表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す