多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

by BITTIMES   

ブロックチェーンベンチャーキャピタルのパートナーであるSpencer Bogart(スペンサー・ボガート)氏は、ここ最近で下落傾向にあるビットコイン(BTC)は、まだ買うべきであると語っています。彼はビットコインの価格について、年末までには少なくとも10,000ドル(約109万円)は超えるだろうと予想しています。

ビットコイン(BTC)はまだ『買い』

ビットコイン(BTC)は3週間ほど低迷しており、2017年9月以来最長の下落となっています。
仮想通貨の規制や監視などの報告が増加する中で一時的には回復する傾向も見られましたが、その回復も長くは続きませんでした。

しかしボガート氏はこのような現状にも関わらず強気な予想をしており、現在でも『買い』を推奨しています。

「ビットコインの使用件数が増えたことは、ビットコインの組織化が進んでいることを証明している」と語るボガート氏は、「主要銀行はこのスペースで何かしようとしている」とも述べています。

そのような銀行は、顧客にビットコインを提供するか、保管用のプラットフォームの開発に取り組むか、トレーディングデスクを開く可能性があるとのことで、ビットコインは全体的にみてポジティブであるとしています。

過大評価されている通貨は『売り』

「仮想通貨が今後さらに主流になるにつれて、トレーダーが購入すべき唯一のコインはビットコインである」と語る彼は、その理由について、次のように語っています。

「有望性がありユースケースに優れている通貨もありますが、多くのトークンは過大評価されています。」

過大評価されているという仮想通貨について、ボガート氏は具体的に次の通貨をあげています。

これらの通貨についてボガート氏は「これらのトークンの多くは過大評価されているため、大幅に上がるかもしれないが、大きな逆風もある」と説明しており、『売り』を推奨しています。

『ホールド』に値する中立的な通貨

この他にもボガート氏は『中立的』な通貨として以下の仮想通貨をあげています。

この理由については、多くのICOがイーサリアムベースで行われていることを挙げています。
ICOがうまくいかなければ、それを構築したプラットフォームにとっては悪いニュースかもしれない」とも語ったボガート氏は、これらの中立的な通貨は『ホールド』するとしています。

彼は、ビットコインが年末までに少なくとも10,000ドル以上になると予想していますが、このような大型の仮想通貨でさえもいくつかの逆風に直面する可能性があると語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

(引用:cnbc.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

【2020年2月版】仮想通貨格付けを公開|価格上昇でランキングに変化:Weiss Ratings

【2020年2月版】仮想通貨格付けを公開|価格上昇でランキングに変化:Weiss Ratings

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す