ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

by BITTIMES   

カナダで2つの銀行にハッキングを行い数万人分の顧客の個人情報を盗んだハッカーは、銀行がリップル(XRP)で100万ドルを支払わなければそのデータをオンラインで公開すると脅迫しています。

被害者は9万人以上

地元のメディアは、モントリオール銀行(BMO)とSimplii金融がハッカーに対して90,000人以上の顧客に関する機密性の高い個人情報や財務情報へのアクセスを許してしまったことを報じています。

盗まれた情報には、名前、パスワード、口座番号、セキュリティに関する質問と回答、口座残高、社会保険番号が含まれています。

加害者によって送信された電子メールには、ハッカーが身代金のためにそのデータを保持しており、銀行が彼らに仮想通貨リップル(XRP)で100万ドル(約1億862万円)を送金しなければ、オンラインでそれらの情報を公開するという脅迫文が記載されています。

ロシアから送られたと見られているこの電子メールには、BMOとSimpliiに「2018年5月28日の午後11時59分までに支払いを行わなければ、90,000人も残っている顧客情報を不正行為のフォーラムや不正なコミュニティで共有する」と警告しています。

銀行のセキュリティーに問題が?

ハッカーたちは、アカウント番号を生成するためのアルゴリズムを使用し、パスワードを忘れてしまった顧客として振る舞うことで銀行のサブ・セキュリティを破ることができたとメールで説明しています。

「彼らは、半分認証されたアカウントに多くの許可を与えていたため、これらの情報をすべて取得することができた」

「同システムは、セキュリティに関する質問が正しく入力されるまでパスワードが有効かどうかを確認していなかった」

攻撃者からのメールには、銀行のセキュリティプロトコルを迂回したことを証明するために、各銀行の顧客データセットの例も含まれていました。

身代金を支払うつもりはない

身代金の提出期限は2018年5月28日の午後11時59分とされていたため、すでに期限は過ぎています。

銀行側は身代金を払ってはいませんが、ハッカーがウェブ上に顧客データを公開したかどうかは不明と報じられています。

いずれにせよ、対象となった機関は身代金を支払うつもりはないとみられています。

モントリオール銀行は声明の中で「弊社の慣習は詐欺師に支払いを行うことではない」と述べており、「私たちは顧客の保護と支援に注力しています」と語っています。

仮想通貨の資産管理だけでなく、銀行における資産管理においても、適切なセキュリティ対策を行うことが重要であることは間違いないでしょう。

リップル(XRP)の価格は一時は100円台に近づいていたものの、最近ではやや価格を下げており、現在は65円前後で取引されています。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)ならセキュリティ面も強いだけでなく6月末まではリップルなどの仮想通貨を取引手数料無料で購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア最大の国有銀行「デジタル資産関連サービス」を検討|独自通貨Sbercoinも計画

ロシア最大の国有銀行「デジタル資産関連サービス」を検討|独自通貨Sbercoinも計画

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

リップル(XRP)ドバイ最大手仮想通貨取引所「BitOasis」で取り扱い開始

リップル(XRP)ドバイ最大手仮想通貨取引所「BitOasis」で取り扱い開始

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

越境ECサイト「SBI Motor Japan」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPの2銘柄をサポート

越境ECサイト「SBI Motor Japan」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPの2銘柄をサポート

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

Kraken「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱開始

Kraken「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱開始

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「ポルカドット・エンジンコイン」取扱いへ

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

ドバイの暗号資産規制当局「The Sandbox」に世界初のメタバース本部設立へ

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

GMOコイン:IEO第1弾「FC琉球」のFCRコイン(FCR)募集開始|記念キャンペーンも開催

GMOコイン:IEO第1弾「FC琉球」のFCRコイン(FCR)募集開始|記念キャンペーンも開催

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

tenshabi:メタバース建築事業「METANAVI建築」開始|Decentralandにショールーム開設

tenshabi:メタバース建築事業「METANAVI建築」開始|Decentralandにショールーム開設

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

BINANCEなど18社「イーロン・マスク氏のTwitter買収」に参加|約72億ドルの資金提供で合意

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す