ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

by BITTIMES   

カナダで2つの銀行にハッキングを行い数万人分の顧客の個人情報を盗んだハッカーは、銀行がリップル(XRP)で100万ドルを支払わなければそのデータをオンラインで公開すると脅迫しています。

被害者は9万人以上

地元のメディアは、モントリオール銀行(BMO)とSimplii金融がハッカーに対して90,000人以上の顧客に関する機密性の高い個人情報や財務情報へのアクセスを許してしまったことを報じています。

盗まれた情報には、名前、パスワード、口座番号、セキュリティに関する質問と回答、口座残高、社会保険番号が含まれています。

加害者によって送信された電子メールには、ハッカーが身代金のためにそのデータを保持しており、銀行が彼らに仮想通貨リップル(XRP)で100万ドル(約1億862万円)を送金しなければ、オンラインでそれらの情報を公開するという脅迫文が記載されています。

ロシアから送られたと見られているこの電子メールには、BMOとSimpliiに「2018年5月28日の午後11時59分までに支払いを行わなければ、90,000人も残っている顧客情報を不正行為のフォーラムや不正なコミュニティで共有する」と警告しています。

銀行のセキュリティーに問題が?

ハッカーたちは、アカウント番号を生成するためのアルゴリズムを使用し、パスワードを忘れてしまった顧客として振る舞うことで銀行のサブ・セキュリティを破ることができたとメールで説明しています。

「彼らは、半分認証されたアカウントに多くの許可を与えていたため、これらの情報をすべて取得することができた」

「同システムは、セキュリティに関する質問が正しく入力されるまでパスワードが有効かどうかを確認していなかった」

攻撃者からのメールには、銀行のセキュリティプロトコルを迂回したことを証明するために、各銀行の顧客データセットの例も含まれていました。

身代金を支払うつもりはない

身代金の提出期限は2018年5月28日の午後11時59分とされていたため、すでに期限は過ぎています。

銀行側は身代金を払ってはいませんが、ハッカーがウェブ上に顧客データを公開したかどうかは不明と報じられています。

いずれにせよ、対象となった機関は身代金を支払うつもりはないとみられています。

モントリオール銀行は声明の中で「弊社の慣習は詐欺師に支払いを行うことではない」と述べており、「私たちは顧客の保護と支援に注力しています」と語っています。

仮想通貨の資産管理だけでなく、銀行における資産管理においても、適切なセキュリティ対策を行うことが重要であることは間違いないでしょう。

リップル(XRP)の価格は一時は100円台に近づいていたものの、最近ではやや価格を下げており、現在は65円前後で取引されています。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)ならセキュリティ面も強いだけでなく6月末まではリップルなどの仮想通貨を取引手数料無料で購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

エストニアの仮想通貨取引所「Kriptomat」リップル(XRP)の取り扱い開始

Ethereumのプラズマスケーリングの新しいアイデアとは?

Ethereumのプラズマスケーリングの新しいアイデアとは?

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

仮想通貨カストディ大手「BitGo」ドイツ・スイスに子会社を新設

Ripple(リップル)ゲーム業界のブロックチェーン導入促進に向け「Forte」と提携

Ripple(リップル)ゲーム業界のブロックチェーン導入促進に向け「Forte」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

PayPal:仮想通貨関連企業の買収に向け「BitGo」などと交渉か=Bloomberg報道

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

ディーカレット:観光活性化企画でブロックチェーン用いた「デジタルクーポン」発行

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す