フィナンシェ「ポリゴンネットワーク」でFNCT展開へ|Polygon Labsと協業

by BITTIMES   

トークン発行型クラウドファンディングサービスを展開している「FiNANCiE(フィナンシェ)」は2023年3月27日に、ポリゴン(Polygon/MATIC)を開発している「Polygon Labs」との協業を開始したことを発表しました。今回の発表では、仮想通貨FNCTがPolygonネットワーク上で展開されることも報告されています。

Polygonネットワーク上でも「FNCT」を展開

FiNANCiE(フィナンシェ)は2023年3月27日に、ポリゴン(Polygon/MATIC)のブロックチェーンを開発している「Polygon Labs」との協業を開始したことを発表しました。

フィナンシェはトークン発行型のクラウドファンディングサービス「FiNANCiE」を展開しており、現在はFiNANCiEのプラットフォームトークン・ガバナンストークンとして機能する仮想通貨であるフィナンシェトークン(Financie Token/FNCT)の発行・販売・取引も開始されています。

フィナンシェトークン(Financie Token/FNCT)は元々、イーサリアムのブロックチェーンを基盤として提供されていましたが、今回の発表では協業の一環として、Polygonネットワーク上でFNCTを展開することも報告されています。

ポリゴン(Polygon/MATIC)は、取引処理時間の遅延・トランザクション手数料の高騰などといったイーサリアムの「スケーラビリティ問題」を解決することを目的として開発されたイーサリアムのレイヤー2ソリューションであり、安い手数料で迅速に仮想通貨を送金できることなどを特徴としています。

フィナンシェはPolygonネットワークでのFNCT展開について『FNCTのユーティリティの提供部分にPolygonを活用することで、取引処理の遅延や取引手数料(ガス代)の高騰を抑えながら、より安定したサービスが提供可能になる』と説明しています。

FNCTの実用性強化を続けるフィナンシェ

フィナンシェトークン(FNCT)は今月16日に暗号資産取引所「コインチェックで正式に取引サービスが開始されており、上場直後の価格高騰などでも注目を集めていましたが、その後はFNCTの実用性を高める複数の発表が行われています。

FiNANCiEでは、コミュニティが発行するコミュニティトークンの取引履歴を「バリデーター」と呼ばれる人々がブロックチェーン上に記録する仕組みが採用されており、一般のFNCT保有者はバリデーターを選択して自分が保有するロックすることによって報酬が得られる仕組みとなっていますが、2023年3月17日にはこの「ステーキング機能」が2023年4月3日から利用可能になることが報告されています。

また、今月20日には「FiNANCiEのブラウザ版でフィナンシェトークン(FNCT)を決済手段として利用できるようになったこと」も発表されており、「FNCTを決済に利用した場合には、他の決済手段を利用した場合よりも安くコミュニティトークンを購入できる」ということも説明されていました。

FNCTの実用性が高まることによって今後はFNCTの取引や送金がより活発に行われることになると予想されますが、Polygonネットワークを利用すれば、Ethereumのネットワークを利用するよりも安く迅速にFNCTを送金できるため、一連の取り組みによってFiNANCiEのエコシステム全体が成長・発展していくと期待されます。

フィナンシェは今回の発表の中で『今後はFNCTと各コミュニティがFiNANCiEで発行しているコミュニティトークンを組み合わせることで、FiNANCiEのサービス内に閉じていたクリエイターエコノミーをグローバルエコシステムへ発展させることを目指していく』『今後もフィナンシェはクリエイターエコノミーの拡大を目指し、Polygon上でさまざまな取り組みを進めていく』とも語っています。

>>「フィナンシェ」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

ベラルーシ「仮想通貨のP2P取引禁止」を計画

ベラルーシ「仮想通貨のP2P取引禁止」を計画

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

日商エレクトロニクス×カウラ株式会社「ブロックチェーンDXラボ」設立に向け協力

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

ドラゴンのミームコインSMOGがラリーを開始、SPONGEも200%の上昇を記録

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す