リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

by BITTIMES

リップル(Ripple)社の上級副社長(SVP)であるEric van Miltenburg(エリック・ヴァン・ミルテンブルグ)氏は「韓国は仮想通貨に対する現在の厳しい規制の一部を緩和する必要がある」と考えています。彼は新たな仮想通貨への新たな取り組みが、国を世界の経済大国へと推進する可能性があると述べています。

仮想通貨市場を促進するための規制

Miltenburg氏は「成長を抑制するのではなく、市場を促進するための仮想通貨規制が必要である」と語っています。

「私たちは、技術革新を禁止することなく犯罪者から消費者を守ることができるような、柔軟な規制である必要があると考えています。」

韓国では2017年9月にICOが禁止され、それに続いてその他の厳しい仮想通貨規則が盛り込まれています。

しかしMiltenburg氏は「新しいテクノロジーの否定的な側面にのみ焦点を当て、規制によって市場を制限しようとする国は韓国だけではない」とも語っています。

私たちはこれまでにも、柔軟性を持たないその他の国々や技術を見てきました。
率直に言えば、インターネットが誕生した初期段階では、何人かの人々はインターネットのネガティブな側面だけを見て、"何が起こっているのか、何が良いのか、何が悪いのかを把握するまでは、しばらくそれをやめるべきだ"と主張していました。

Miltenburg氏は「特定のユースケースを特定し、ユーザーの保護を可能にする分野で規制を適用することによって、より多くの利益を得ることができる」と語っています。

規制の暖和が韓国にもたらすもの

政府がICOを禁止したことによって、韓国のブロックチェーンのスタートアップはシンガポールやスイスのような仮想通貨友好国に拠点を移しています。

Miltenburg氏は『韓国政府がICOの禁止措置を取り消した時には、さらなる発展がもたらされることになる』と信じています。

韓国はすでに3番目に大きな仮想通貨市場を量産していますが、より適切な規制を適用することで今後はさらに大きな成長を遂げることができるのかもしれません。

ここ数ヶ月の間で、各国議会はICO禁止措置を取り消すための措置を講じています。韓国の裁判所は、6月の早い段階でビットコイン(BTC)を資産として位置づけました。

Miltenburg氏は、韓国が世界の金融市場において有力な立場を築くための基盤として、仮想通貨市場を利用できると考えています。

リップルと高麗大学のパートナーシップ

Miltenburg氏は、高麗大学を含む世界各地の大学とリップルの連携についても語っています。

この機関には、既にリップルをパートナーとしたブロックチェーンセキュリティ研究センターがあり、ブロックチェーン技術のセキュリティに焦点を当てた研究に取り組んでいます。

私たちはブロックチェーンの潜在能力を見いだしたある教授を持つブロックチェーンにすでに関わっている学校を探しています。 これらの教員や管理者が何をしようとしているのかを加速させたいと考えました。

Ripple社は現在、トップクラスの大学に大規模な寄付を行いながらブロックチェーンや仮想通貨の普及に取り組んでいます。

先日発表された内容によると、リップルはノースカロライナ大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ペンシルバニア大学などを含む17の学校と提携を結んでおり、今後は「University Blockchain Research Initiative」プログラムを通じて、ブロックチェーン、仮想通貨、デジタル決済の研究開発に5千万ドル(約55億円)を寄付する予定となっています。

リップルが提携した大学のリストはこちらで紹介しています

仮想通貨リップル(XRP)の価格は下落しているものの、Ripple社は着々を提携を結んでおり急速に規模が拡大しています。

Miltenburg氏の今回の発言を韓国政府がどのように捉えるかは不明ですが、実際に韓国で規制が暖和されてICOが解禁されることになれば、リップルが提携している高麗大学の研究も加速し、彼が述べているように韓国全体に急速な発展をもたらすことになるでしょう。

すでに仮想通貨決済も普及している韓国は、これから大きな発展を遂げることになるのかもしれません。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)なら6月末までリップルなどの仮想通貨を取引手数料無料で購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

(引用:koreatimes.co.kr

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】BitTradeサービス終了のお知らせと「XRPプレゼントキャンペーン」の注意点

【重要】BitTradeサービス終了のお知らせと「XRPプレゼントキャンペーン」の注意点

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨XRP & MONA決済アプリ「CanPayment」がリリース!

仮想通貨XRP & MONA決済アプリ「CanPayment」がリリース!

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

ブロックチェーン関連の「求人募集」アメリカで急増 ー 前年比300%アップ

スイス政府所有の郵便会社・通信事業者「ブロックチェーンプラットフォーム」開発へ

スイス政府所有の郵便会社・通信事業者「ブロックチェーンプラットフォーム」開発へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

TRON・BINANCEの両CEOが語る「仮想通貨市場の今後」と「下落相場」

従業員の「資格情報」をブロックチェーンで管理|証明書発行プロセスも簡素化:PwC

従業員の「資格情報」をブロックチェーンで管理|証明書発行プロセスも簡素化:PwC

ビットポイント:最大10,000円相当のリップル(XRP)がもらえるキャンペーン開催

ビットポイント:最大10,000円相当のリップル(XRP)がもらえるキャンペーン開催

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

ネット通販大手が「仮想通貨決済」導入へ|XRP・TRXなど10銘柄に対応:スイス

ネット通販大手が「仮想通貨決済」導入へ|XRP・TRXなど10銘柄に対応:スイス

TRONブロックチェーン上で「Tether/USDT」発行へ|DEXやDAppsの発展を促進

TRONブロックチェーン上で「Tether/USDT」発行へ|DEXやDAppsの発展を促進

Ripple社CTO「リップル(XRP)は証券ではない」規制の不確実性を指摘

Ripple社CTO「リップル(XRP)は証券ではない」規制の不確実性を指摘

Ripple社の「xRapid」利用したフィリピン向けの国際送金に成功|英MercuryFX

Ripple社の「xRapid」利用したフィリピン向けの国際送金に成功|英MercuryFX

ビットコイン成長の鍵「ライトニングネットワーク」公開から1年で容量1,000BTCを達成

ビットコイン成長の鍵「ライトニングネットワーク」公開から1年で容量1,000BTCを達成

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す