ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュ(BCH)のワールドカップ(W杯)ゲームアプリがGoogle Playでリリースされました。『Bitcoin Cash Football』と呼ばれるこのゲームは、サッカー選手やチームを育成し、BCHを使って購入・売買などを行うことができます。

Bitcoin Cash Footballとは

ワールドカップ優勝を目指してチームを育成

Bitcoin Cash Footballは、2018年FIFAワールドカップをより一層楽しむことができるゲームです。
Mobtwoという開発者チームによって作成されたこのゲームは、世界中のプレイヤーに挑戦することができるオンラインマルチプレイヤーゲームであり、サッカー選手の育成や購入・販売だけでなく、スタジアムなどのような施設の購入などもできるようになっています。

サッカー選手やスタジアムの他にも複数のアイテムなどを購入して有望なサッカー選手を育成することで、W杯優勝を目指す、本格的かつリアルなゲームとなっています。

Bitcoin Cash(BCH)がゲーム内通貨

Bitcoin-Cash-Football

ビットコインキャッシュ(BCH)をゲーム内通貨として採用しているこの新しいアプリでは、新しいスタジアムやトレーニング場をBCHで購入したりアップグレードすることができるだけでなく、他のプレーヤーに選手を販売してBCHを得ることもできます。また試合に異議を申し立てることもできるようになっており、勝者にはBCHが支払われます。

プレイヤーは、カップ競技やリーグに参加することで毎週の賞品として、実際のビットコインキャッシュを獲得することができます。ゲーム内のBCHは外部ウォレットに引き出すこともできるため、無料でゲームをプレイしている場合でも、努力次第では、カップやリーグで優勝し、プレーヤーを育成・販売することで実際にBCHを稼ぐこともできます。

2種類のゲームモード

Bitcoin-Cash-Football

ゲーム内では『プレーヤーモード』と『マネージャーモード』という2種類のゲームモードが用意されているため、プレイヤーは自分の好きなモードを選択して遊ぶことができます。また、一度選択した後でもゲームモードをいつでも切り替えることができるため、プレーヤーは監督と選手の両方としてゲームを楽しむことができます。

プレイヤーモード

プレイヤーモードでは、アパートなどのような選手に関連する様々なアイテムを購入することができるようになっており、有望なサッカー選手をに育て上げるために各選手の生活を管理することができます。

アパートのほかには飛行機やメイドを購入したり、仮想株式や債券を購入したりするなど、さまざまな選択肢を自分のキャリアの中で行うことができます。また、レクリエーション活動以外にも、選手たちはクラブマッチで競い合うことも可能です。

マネージャーモード

マネージャーモードでは、ユーザーは他のマルチプレーヤーユーザーと一緒にプレーヤーを購入・販売することができます。この他にも、スター選手を募集し、ワールドカップで競うために役立つスタジアムをアップグレードすることもできます。

もし望むのであれば、10人のディフェンダーでプレイすることもできますが、このゲームは非常に柔軟で現実的なマッチエンジンを搭載しているため、通常は非常に優秀な10人のディフェンダーで挑んだとしても、おそらく実際には試合で勝利することはできないでしょう。

またこのゲームは様々な面でリアルに作られているため、もし試合へのエントリーが遅れてしまった場合などには別の週に開催される試合まで待たなければならないため注意が必要です。

ゲームの対応端末

このアプリは、現時点ではAndroidユーザーのみが利用できるようになっています。十分なニーズがあった場合には、『Webバージョン』も利用できるようになるかもしれないものの、残念ながらiOS版のリリースは予定されていないとのことです。

開発者によると"iOSは仮想通貨に厳しい姿勢をとっている"という判断から、開発中にプラットフォームを除外することがチーム内で決定されたとのことです。

『iOS版は作成していないのか?』というユーザーからの問いに対して開発者は次のように回答しています。

iOSは仮想通貨に対して友好的ではないので、私たちはAndroidを選んだのです。
十分なニーズがあった場合には、ネット版を構築することを検討しています。

iOS端末しか持っていないという方には少し残念ですが『ウェブバージョン』がリリースされればブラウザ上で利用できるようになるかもしれないので、今後ニーズが高まることに期待しておきましょう。

以下にGoogle playの『Bitcoin Cash Football』ダウンロードページのリンクを載せているので、興味のある方はそちらからインストールしてみてください。また公式サイトのURLも一緒に掲載しているので、詳細が気になる方はこちらをチェックしてみるといいでしょう。
ダウンロード:play.google.com
ウェブサイト:BitcoinCashFootball.com

ブロックチェーンに魅了されるサッカー選手たち

football-matome

サッカーゲームに仮想通貨が統合されている一方では、ワールドカップで世界を沸かせたサッカー業界のスターたちが、続々と仮想通貨の世界に参加しています。

リーガMX・CFパチューカに所属する日本代表の本田圭佑(ほんだ けいすけ)氏や、サッカー界のレジェンドと呼ばれる元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ(Luís Figo)氏、バイエルン・ミュンヘンに所属するコロンビア代表のハメス・ロドリゲス(James David Rodríguez Rubio)選手といった数々の有名選手が発表した、独自の仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトを、「Cryptocurrency×Football Player」と題しまとめて紹介していますので、こちらの記事一緒にご覧ください。

DAppsのコードが学べるゲーム|CryptoZombies(クリプトゾンビーズ)

CryptoZombies

仮想通貨関連のゲームはこのほかにも数多くリリースされていますが、中にはDApps(分散型アプリケーション)の開発方法などを学ぶことができるゲームなども公開されています。

CryptoZombies(クリプトゾンビーズ)と呼ばれるこのゲームは、イーサリアム(ETH)上でゲームを開発する方法を学ぶための、無料のオンラインレッスンを提供しています。このゲームでは『Solidity』と呼ばれるスマートコントラクトを実装するための高水準なコントラクト指向言語を初心者でも学べるように作られているため、ブロックチェーン関連のコーディングが初めての方でも安心して基礎から楽しく学ぶことができます。

見事に最後までレッスンを終えることができればボーナスが与えられます。また、すべてのレッスンを完了してDAppを稼働した後は、コードを学びながら作成したゾンビ軍団を競技場に用意して他のプレイヤーのゾンビ軍団と戦うこともできます。

CryptoZombiesの公式サイトでは『コードの学習が半分、MMO暗号戦略ゲームがもう半分で、全体が成り立っている』と説明されています。

CryptoZombies(クリプトゾンビーズ)の詳細はこちら

仮想通貨関連のゲームは通貨自体の流動性も高めることができるため、ユーザーが増加することで通貨自体の価値が高まることも期待されています。今回紹介したゲーム以外にも魅力的なゲームは数多く公開されているので、お気に入りのゲームを探してみてください。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入はbitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ)などがおすすめです。Zaifでは仮想通貨の積立サービスも提供しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Justin Sun:トロン(TRON)仮想マシンで「世界一のパブリックチェーン」へ

Justin Sun:トロン(TRON)仮想マシンで「世界一のパブリックチェーン」へ

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

仮想通貨が使える旅行予約アプリ「TravelbyBit」ベータ版リリース【BinanceChain搭載】

カルダノ(CARDANO/ADA):仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」でも利用可能に

カルダノ(CARDANO/ADA):仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」でも利用可能に

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

注目度の高い仮想通貨ニュース

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

大人気ゲーム「CryptoKitties」Flowブロックチェーンでリニューアルへ:Dapper Labs

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

Western Union:Ripple社が出資する送金会社「MoneyGram」買収か=Bloomberg報道

Western Union:Ripple社が出資する送金会社「MoneyGram」買収か=Bloomberg報道

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

ベネズエラ20,000店舗以上で「仮想通貨決済」導入へ|CryptobuyerとMega Softが提携

ベネズエラ20,000店舗以上で「仮想通貨決済」導入へ|CryptobuyerとMega Softが提携

ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

ザイフ:スマホ向けアプリ「Zaif Exchange」公開|期間限定キャンペーンも開催

ザイフ:スマホ向けアプリ「Zaif Exchange」公開|期間限定キャンペーンも開催

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す