イスラエルの億万長者Teddy Sagi氏がブロックチェーン企業に投資

by BITTIMES

イスラエルの億万長者であるTeddy Sagi(テディ・サギ)氏が、ブロックチェーン企業である「Distributed Lab」に投資したことが明らかになりました。同社は様々な資産をトークン化することで、よりスムーズで自由な価値の交換ができる環境作りに取り組んでいます。

こちらから読む:億万長者も支援する期待の新技術ブロックチェーンとは?

Teddy Sagi(テディ・サギ)氏

Teddy Sagi(テディ・サギ)氏はイスラエルのテルアビブ出身のビジネスマンです。
Forbesの『世界大富豪ランキング・ギャンブル・カジノ業界編』で8位にランキングされた経歴も持つサギ氏は、ギャンブルソフトウェアの開発会社である「Playtech」の創設者であり、ロンドンの代表的なマーケットである「Camden Market」を購入したことによって、英国でも有名になった投資家の一人です。

不動産、ギャンブルソフトウェア、支払い処理、デジタル広告などに投資することで、数十億ドルもの財産を蓄積したと言われており、同氏の個人的な資産総額は推定約36億ドル(約3,960億円)と言われています。

Distributed Labとは

Distributed Lab

Distributed Labは、ウクライナのハルキウを拠点とするブロックチェーン専門の技術センターであり、研究者、開発者、アナリストなどのチームから構成されています。同社のプラットフォームはブロックチェーン技術を使用した従来よりもさらに効率的な取引システムを提供しています。

同社は様々な資産をトークン化することによって、価値の移転を促進しています。主に資産流動性を維持しようとしている企業向けにサービスを提供している同社は、投資ファンド、不動産、クラウドファンディング、送金などの業界向けのエンタープライズトークン化プラットフォームも開発しています。

公式ウェブサイトには、
・金や銀のトークン「BullionCoin」
・ブロックチェーンベースの投資市場「Swarm」
・オークションネットワーク「Shelf」
・ウォレット機能と交換機能がついた「Bitxfy」
などの様々なブロックチェーン・プロジェクトが掲載されています。

Distributed Labの創設者であるPavel Kravchenko(パベル・クラフチェンコ)氏は、「世界中のすべての会計システムが互いに自由に取引できるようになる、財政的インターネットを構築すること」だと述べています。同氏は、2017年にForkLogとのインタビューで、ブロックチェーンのスタートアップはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)が行われるだけでは実行可能な製品にはならないと説明しています。

Distributed LabのCEOであるVladimir Dubinin(ウラジミール・ダビニン)氏は、サギ氏からの投資を受けたことを認めていますが、具体的な詳細は明らかにしていません。

サギ氏のような大物投資家が投資を行うことによって、今後のブロックチェーン業界はさらに成長が加速ことになるだろうと考えられています。2018年に入り多くの仮想通貨で下落が続いていますが、多くの投資家たちは仮想通貨やブロックチェーン企業への投資を続けています。

ブロックチェーン技術を活用した未来のお金『ビットコイン(BTC)』などの仮想通貨はbitbank(ビットバンク)などで購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

LayerX×Uhuru「ブロックチェーン・IoT」分野で協業|安全・安心なデータ流通実現へ

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

非営利団体「Japan DeFi Alliance(JDA)」設立|日本の分散型金融を推進

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供か

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供か

注目度の高い仮想通貨ニュース

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:最大2,000円分のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す