ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

by BITTIMES   

アルゼンチンが、ビットコインとイーサリアム、ライトコインが取引できる ATM を 250台設置することが分かりました。
今回の報道は、この ATM を開発した米国企業の「 Odyssey Group(オデッセイ・グループ)」の CEO 「 Sebastián Ponceliz(セバスチャン・ポンセリズ氏)」 へのインタビュー語られた内容です。
彼はインタビューの中で、

「当社は米国外に技術を移転します。プラットフォームは、双方向ATMを管理するために、各国のトランザクションポートと通信することができます。」
「ユーザーは、電子ウォレットを介して現金、暗号化交換、マイクロクレジット獲得、送金など、数多くのサービスが利用できます。」

また今後、Odyssey Group社製の ATM は「主要仮想通貨」を数多く取り扱っていくとも話しています。
彼のインタビューの内容からも、今回アルゼンチンに設置される仮想通貨 ATM が、かなりグレードの高いものということが分かります。

ビットコインATMビジネス

ちなみにこの ATM ですが、かなりビジネス性の高い商品として「販売」されています。
この「仮想通貨 ATM」は、投資家から 100,000ドル( 1100万円)の資金を受けて設置し、3〜4年で投資額を回収する投資商品です。
この ATM からの引き出しには平均 3ドル( 330円)が手数料としてかかり、およそ 100円が設置店舗に、50円が保険等に、その残りが投資家に支払われます。
投資される金額から考えて、今回のアルゼンチンへの大量設置は、国がバックアップしている可能性が高いです。
アルゼンチンは、2001年に「アルゼンチン金融危機」を起こしており、当時の国内経済が一度大きく揺らいだ経験や 2014年には「国際金融界から孤立」してしまったテクニカル・デフォルトを引き起こしています。
おそらく同国は、大きく揺らぎがちな自国の経済を安定させるため、もしくは経済不安の安定材料として、ビットコインをはじめとした仮想通貨を推奨しているのかもしれません。
ちなみに南米ではアルゼンチン以外にも、メキシコとブラジルに同型の ATM が少数ですが設置されています。

ビットコインATM、日本にはいくつあるのか?

ちなみに日本では、全部で「 20機」ほどしか、ビットコインATMが設置されておりません。
日本の場合、コンビニにもATMが存在し、各銀行、ほぼ全店舗にの郵便局に ATM が設置されているほど「 ATMインフラ」が整っているので、おそらく必要性がないのでしょう。
しかし、1ユーザーとしては、各都道府県の主要都市に数台ずつくらいは置いていただきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

50Centが『ビットコインで億り人になったニュース』を覆す

50Centが『ビットコインで億り人になったニュース』を覆す

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

自動車大手Volvo(ボルボ)ブロックチェーン企業「サーキュラー」に出資

自動車大手Volvo(ボルボ)ブロックチェーン企業「サーキュラー」に出資

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

【Cardano/ADA】2020年内に「スマートコントラクト・ネイティブアセット」が登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「東京ハッシュ(Tokyo Hash)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

仮想通貨積立の始め方まとめ「おすすめの方法・取引所」も紹介

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

Bakkt:NYSEへのSPAC上場に向けた申請で「米SEC」から承認獲得

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

OKCoinJapan「IOST」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計9銘柄に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す