TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

by BITTIMES   

トロン(TRON/TRX)のゲーム投資部門である「TRON Arcade」は、日本でゲーム関連の企画・開発・運営を行なっている「株式会社gumi(グミ)」によって設立されたブロックチェーン/仮想通貨ベンチャーファンド「gumi Cryptos(グミ・クリプトス)」と提携することを2018年12月18日に発表しました。

こちらから読む:DApps・ゲームのリリースが続く「TRON/TRX」関連ニュース

gumi Cryptos(グミ・クリプトス)とは

gumi-Cryptos

gumi Cryptos(グミ・クリプトス)とは、日本・東京に本社を構えるゲーム会社「株式会社gumi(グミ)」によって設立された、3,000万ドル(約33億円)規模のブロックチェーンや仮想通貨に特化した投資ファンドです。

同社の公式ホームページによると、「gumi Cryptos」は世界各国の有望な仮想通貨・ブロックチェーンテクノロジー企業への投資を行なっており、ポートフォリオ会社に投資家と経営陣のネットワークを通じて、日本の仮想通貨市場に参入するための戦力的ベンチャーキャピタル投資パートナーを提供していると説明されています。

2018年5月30日に設立が発表されたばかりであることもあり、現時点では「gumi Cryptos」の今後の取り組みなどについての詳しい情報は明らかにされておらず、具体的な取り組みに一部で注目が集まっています。

すでに投資済みのプロダクトとしては、
・Basis:価格変動を最小化できるボラティリティの低い仮想通貨の開発
・Robot Cashe:ダウンロード版ゲームの販売・再販ができる分散型プラットフォーム開発
・Origin Protocol:仲介者なしで車や住居をシェアできるプラットフォーム開発
・Pryze:懸賞を自動的かつ公平に実行できるプロトコルの開発
などをはじめとする複数の企業に投資を行なっていることが明かされています。

「gumi Cryptos」や「株式会社gumi」の詳細情報は以下の公式サイトをどうぞ
>gumi Cryptosの公式サイトはこちら
>株式会社gumiの公式サイトはこちら

日本の「ブロックチェーン・ゲーム市場」への参入

Game

TRON財団の発表によると、TRONとgumi Cryptosは今回の提携によって、共同で各チームのブロックチェーンとゲームの経験を活用していくと説明されています。

gumi CryptosのRay Zhang(レイ・ジャン)専務理事は、次のように述べています。

ゲーマーは新しい技術の最初の採用者です。gumi Cryptosはゲームファンドだけではありませんが、TRONのアーケードと共同で、日本のマーケット参入サービスとゲームのネットワーク、TRONのプラットフォームと流通チャネルの恩恵を受けるのに最適なスタートアップに喜んで貢献します。

TRONの事業開発責任者であるRoy Liu(ロイ・リウ)氏は、次のように述べています。

gumiのように伝統のあるゲーム業界のリーダーが、ブロックチェーン・ゲームの分野に注目しているのは素晴らしいことです。私たちはブロックチェーン・ゲームが新技術の普及につながる次のステップであると考えています。

最初の"キラー"ゲームとなるDAppsは、誰もが探し求めている大衆市場のユースケースとなるチャンスを秘めています。TRON Arcadeを使用することで、開発者は想像力を引き出し、満たされていない聴衆のためとなる新しいゲームを構築することができます。

TRON Arcadeとそのパートナーは、リソース、ネットワーク、専門知識を活用して、ブロックチェーンの分野の中でより良いユースケースやビジネスを構築し続けます。

TRON Arcadeが「gumi Cryptos」と提携を結んだことによって、TRONのブロックチェーンを活用したゲームの開発が日本でも進められていくことが期待されます。TRONはメインネットの立ち上げ以降、急速に成長を続けている企業でもあるため、日本での活動にもさらに期待が高まります。

トロン(Tron/TRX)の価格|2018年12月19日

トロン(Tron/TRX)の価格は、2018年12月17日の21時頃から上昇を続けており、過去7日間で「19.5%」上昇しています。現在も価格上昇の勢いはさらに強まっており、2018年12月19日時点でのTRX価格は「1TRX=1.80円」となっています。

2017年11月9日〜2018年12月6日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2017年11月9日〜2018年12月6日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術で「銀行間送金システム」実証へ|全銀ネットが富士通などと協力

ブロックチェーン技術で「銀行間送金システム」実証へ|全銀ネットが富士通などと協力

イーサリアムが使える野球ゲームアプリ「MLB Crypto Baseball」

イーサリアムが使える野球ゲームアプリ「MLB Crypto Baseball」

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

中国・食品薬品監督管理局:商品の「品質保証」にブロックチェーン技術活用へ

中国・食品薬品監督管理局:商品の「品質保証」にブロックチェーン技術活用へ

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す