トロン(TRON/TRX)の取引量が「1億」を突破!約半月で2倍の成長を記録

by BITTIMES   

分散型アプリケーション(DApps)のリリースが続くトロン(Tron/TRX)は、現在「1億件」を超えるトランザクションを処理しています。急速に取引量を増加させているTRONは時価総額ランキングでも10位にまで上がって来ており、過去の記録を塗り替え始めています。

こちらから読む:ジャスティン・サン氏は"400%"の成長を予言「TRON/TRX」関連ニュース

急成長を後押しする「分散型アプリケーション」

トロン(TRON/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、2018年12月16日にTwitter上でTRONのネットワークワーク上で1億回を超える取引が行われていることを報告しました。サン氏の投稿には、TRXブロックエクスプローラのリンクも掲載されており、実際に1億のトランザクションを処理したことが記されています。

TRONは今日、1億トランザクションに達しました。

TRONネットワーク上での取引量増加の大きな要因の一つとしては、分散型アプリケーン(DApps)があげられるでしょう。TRONネットワーク上で人気の高いDAppsの内の8つはギャンブル系アプリケーションであり、プレイ回数を順調に増やしています。

その最も顕著な事例はリリース直後に1万プレイを記録した「TRONbet」であり、WEBサイトでは1,000万を超えるTRXトークンが支払われていると伝えられています。また「TronDice」と呼ばれるもう1つのDAppsも順調に成長しており、このアプリも同様に取引量の増加に貢献しています。

最近ではTRONネットワークの分散型取引所(DEX)である「TRX.market」も話題となっています。2018年12月18日時点では3種類のTRC20トークンと6種類のTRC10トークンが取引可能となっています。TRONネットワーク上の仮想通貨を取り扱うこれらの取引所も今後のTRX取引量をさらに増加させる大きな要因の一つになると言えるでしょう。

1日のトランザクション数は「300万回」を記録

ジャスティン・サン氏は、TRXのトランザクションが1億を超えるまでに僅か173日しかかからなかったことを付け加えています。一日の取引量も順調に成長しており、2018年12月16日時点では一時的に取引量が300万回を突破したことも報告されています。

TRONトランザクションチャート(引用:Tron Scan)TRONトランザクションチャート(引用:Tron Scan)

先月末の時点での1日あたりの取引量は「184万回」だと報告されているため、半月で取引量が2倍に増加していることがわかります。一人のTwitterユーザーは、時価総額ランキングトップの仮想通貨の取引量とTRXの取引量を比較した上で、『力のバランスがシフトしている』と報告しています。このユーザーによると、
リップル:1,650,000回
イーサリアム:1,340,000回
ビットコイン:490,000回
ステラ:404,000回
テザー:15,000回
だとされており、トロンの300万回が圧倒的な取引量であることがわかります。

サン氏は、先月末にTRONの業績が12月に「400%」成長すると語っており、80種類のDAppsがリリース予定であることも報告していました。2018年12月17日時点では「39種類」のDAppsが立ち上げられていると伝えられているため、開発が問題なく進んでいくのであれば、残り半月で約40種類のDAppsがリリースされる可能性があります。

2019年1月に開催される「niTROn SUMMIT 2019」に向けて、今後もTRONは急速に成長を続けていくと予想されます。

「niTROn2019」を訪れ、ブロックチェーン革命に参加してください!会場でお会いましょう😉👇

トロン(Tron/TRX)の価格|2018年12月18日

トロン(Tron/TRX)の価格は、先日17日21時頃からその他の仮想通貨と同様に上昇し始めており、2018年12月18日時点では「1TRX=1.60円」で取引されています。

2017年12月17日〜2018年12月18日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2017年12月17日〜2018年12月18日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア軍「ウクライナへのロケット攻撃」を開始|暗号資産価格は急落

ロシア軍「ウクライナへのロケット攻撃」を開始|暗号資産価格は急落

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

住宅業界のメタバースに向けたバーチャル住宅展示場「LIVRA WORLD」公開:岡田工業

住宅業界のメタバースに向けたバーチャル住宅展示場「LIVRA WORLD」公開:岡田工業

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

MicroStrategy・エルサルバドル「ビットコイン価格暴落」についてコメント

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

メタバースで朝倉未来氏と対戦できる「朝倉未来:Meta Battle NFT」発売へ

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの「CDグアダラハラ」と提携|CHVSファントークン発行へ

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

FTX Japan「STEPNの招待コード・スニーカーNFTが当たるキャンペーン」開始

FTX Japan「STEPNの招待コード・スニーカーNFTが当たるキャンペーン」開始

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す