ビットコイン暴落予測「インサイダー取引が行われるかもしれない」

by BITTIMES   

ビットコイン(bitcoin/BTC)でインサイダー取引が行われ、近々価格が暴落するかもしれない。」

このような "暴落予測" が出てきました。
ことの発端は、先月 11月12日にまでさかのぼります。

11月12日の bitFlyer のビットコインチャートの画像11月12日の bitFlyer のビットコインチャート

当時、25,000BTC がとある取引所に一気に移動したことでネット掲示板が騒然となりました。
25,000BTC といえば、現在のレートで換算すればおよそ 475億円です。
なぜ、これだけの巨額が突然動き出したのでしょうか?

ビットコイン(BTC)の暴落を左右するコミュニティの存在

アメリカの大手メディア「Bloomberg(ブルームバーグ)」のコラム執筆者であるアーロン・ブラウン氏は、

「おそらくビットコインの 40% 前後は、1,000人ほどの保有者が持っている。彼らは、現在の高騰で保有しているビットコイン(bitcoin/BTC)の半分ほどを手放す可能性がある。」

という予測を立てました。

ビットコイントレーダーの間では、彼ら大量保有者の動きが度々危険視されており、ビットコイン取引の不安材料になりつつあると語られています。
大量のビットコイン保有者である 1,000人は、仮想通貨(暗号通貨)初期の段階から大量に保有したことで現在の資産を築いており、横のつながりを持ち、互いにやり取りできる数百人規模にもなるコミュニティを形成し、自由に連絡を取り合える独自の環境を作り上げています。

ビットコイン大量保有者がインサイダー取引?

11月12日も、彼らの一部が動き出したことで大量のビットコイン(bitcoin/BTC)が取引所に集まった可能性があります。
アーロン・ブラウン氏の予測通り、彼らが現在保有しているビットコインの半分を売りに出した場合、市場に存在するビットコインの 20% が一斉に売りに出されることになります、それがキッカケとなり派生するビットコインの暴落はとてつもない額になると言えるでしょう。

当然売りに出す場合、彼らは「できるだけ高値で売り抜けたい」ですから、日時をしっかりと決めて一斉に売りに回る可能性があります。
これが株式取引であれば「インサイダー取引」にあたり違法なのですが、ビットコインの場合、インサイダー取引には該当しないため、法的に止めることは不可能です。

もしかすると 11月12日の 25,000BTC は今後の一斉売りのテストだったのかもしれません。

これが現実となれば、彼ら大量保有者によってビットコインの価格は自由にコントロールできることになります。
ちなみに、ビットコインジーザスとして有名なロジャー・バー氏は、Bloomberg に同件を質問され、

「その公算は大きいと思う。しかし自らの資金をどのように使おうが個人の自由なはずだ。ただ個人的にそのようなことに時間を使ったことはない。」

と価格操作の件に関しては認めるものの、関与に関しては否定をしています。

ロジャー・バー氏に関連する記事はこちら
>> 「ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳」

"今後ビットコイン(bitcoin/BTC)の大量保有者はどう動いていくのか" 一般保有者の私たちには、値動きとトランザクションの履歴でしか追いかけることができません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

XRPはビットコインよりも「環境に優しく、低コスト」カナダの大学教授が報告

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す