ビットコイン暴落予測「インサイダー取引が行われるかもしれない」

by BITTIMES   

ビットコイン(bitcoin/BTC)でインサイダー取引が行われ、近々価格が暴落するかもしれない。」

このような "暴落予測" が出てきました。
ことの発端は、先月 11月12日にまでさかのぼります。

11月12日の bitFlyer のビットコインチャートの画像11月12日の bitFlyer のビットコインチャート

当時、25,000BTC がとある取引所に一気に移動したことでネット掲示板が騒然となりました。
25,000BTC といえば、現在のレートで換算すればおよそ 475億円です。
なぜ、これだけの巨額が突然動き出したのでしょうか?

ビットコイン(BTC)の暴落を左右するコミュニティの存在

アメリカの大手メディア「Bloomberg(ブルームバーグ)」のコラム執筆者であるアーロン・ブラウン氏は、

「おそらくビットコインの 40% 前後は、1,000人ほどの保有者が持っている。彼らは、現在の高騰で保有しているビットコイン(bitcoin/BTC)の半分ほどを手放す可能性がある。」

という予測を立てました。

ビットコイントレーダーの間では、彼ら大量保有者の動きが度々危険視されており、ビットコイン取引の不安材料になりつつあると語られています。
大量のビットコイン保有者である 1,000人は、仮想通貨(暗号通貨)初期の段階から大量に保有したことで現在の資産を築いており、横のつながりを持ち、互いにやり取りできる数百人規模にもなるコミュニティを形成し、自由に連絡を取り合える独自の環境を作り上げています。

ビットコイン大量保有者がインサイダー取引?

11月12日も、彼らの一部が動き出したことで大量のビットコイン(bitcoin/BTC)が取引所に集まった可能性があります。
アーロン・ブラウン氏の予測通り、彼らが現在保有しているビットコインの半分を売りに出した場合、市場に存在するビットコインの 20% が一斉に売りに出されることになります、それがキッカケとなり派生するビットコインの暴落はとてつもない額になると言えるでしょう。

当然売りに出す場合、彼らは「できるだけ高値で売り抜けたい」ですから、日時をしっかりと決めて一斉に売りに回る可能性があります。
これが株式取引であれば「インサイダー取引」にあたり違法なのですが、ビットコインの場合、インサイダー取引には該当しないため、法的に止めることは不可能です。

もしかすると 11月12日の 25,000BTC は今後の一斉売りのテストだったのかもしれません。

これが現実となれば、彼ら大量保有者によってビットコインの価格は自由にコントロールできることになります。
ちなみに、ビットコインジーザスとして有名なロジャー・バー氏は、Bloomberg に同件を質問され、

「その公算は大きいと思う。しかし自らの資金をどのように使おうが個人の自由なはずだ。ただ個人的にそのようなことに時間を使ったことはない。」

と価格操作の件に関しては認めるものの、関与に関しては否定をしています。

ロジャー・バー氏に関連する記事はこちら
>> 「ビットコイン救世主のロジャー・バーのインタビュー日本語訳」

"今後ビットコイン(bitcoin/BTC)の大量保有者はどう動いていくのか" 一般保有者の私たちには、値動きとトランザクションの履歴でしか追いかけることができません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

【サザビーズ初】バンクシー作品の競売で「仮想通貨決済」に対応|Coinbaseと協力

【サザビーズ初】バンクシー作品の競売で「仮想通貨決済」に対応|Coinbaseと協力

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

ビットコイン流通量の70%「6ヶ月以上移動されず」半減期までガチホコースか

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

ビットコイン・イーサリアムに「約28億円」を投資:米テキサス州の消防士年金基金

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

世界最大級の決済端末メーカー「Verifone」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す