Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

by BITTIMES

オンラインシューティングゲーム「Fortnite(フォートナイト)」の開発元である「Epic Games(エピック・ゲームズ)」の公式ストア「Retail Row」で匿名性の高い仮想通貨モネロ(Monero/XMR)が決済手段として採用されたことが海外を中心に話題となりましたが、同社CEOであるTim Sweeney(ティム・スウィーニー)氏は2019年1月5日、XMRが追加されたのはミスであったことを報告しました。

こちらから読む:Epic Gamesの公式ストアで「XMR決済」発表当時の記事

仮想通貨決済の導入に潜む「多くの課題」

Epic Games(エピック・ゲームズ)が昨年末に公開した公式ストア「Retail Row」では、今年の初めに匿名性の高い仮想通貨モネロ(Monero/XMR)が決済手段として予告なしに導入されました。

「Retail Row」では、同社が開発する人気のオンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のグッズなどを購入することができるため、ファンの間では大きな話題となり、ビットコイン(Bitcoin/BTC)ではなく、モネロ(XMR)が採用されたことにも注目が集まりました。

モネロのコア開発者であるRiccardo Spagni(リカルド・スパーニャ)氏は、モネロが採用された理由について"匿名性"などが理由として考えられることを語っていましたが、今月5日にEpic GamesのCEOであるTim Sweeney(ティム・スウィーニー)氏は、XMRの追加がミスであったことを語り、実際に仮想通貨決済を導入するためには解決すべき多くの課題が残されていることを報告しています。

実は「Fortnite」で仮想通貨が採用されたのは偶発的なことでした。私たちはパートナーと協力してストアをオープンしましたが、その過程のどこかでモネロ決済が利用可能になってしまいました。

私たち「Epic」メンバーの多くは、仮想通貨の根底となる分散型コンピューティング技術の大ファンです。ですが、若いゲーマーを含む幅広い層の人々にこの技術を適用するためには、ボラティリティや不正行為を防止するための数多くの作業を行う必要があります。

仮想通貨プロジェクトとの提携も否定

モネロ決済のオプションは一時的に導入されていたものの、その後はスタッフの手によって削除されています。また、XMR決済の導入には、スイスの仮想通貨決済プラットフォームである「Globee」の技術が利用されていると伝えられていましたが、スウィーニー氏はこの報道に関しても否定しています。

同氏はこの件に関しては『多くの噂が流れている』と語っており、Epic Gamesは仮想通貨との連携はとっておらず、仮想通貨プロジェクトとのパートナーシップに関する議論も行なっていないと説明しています。

Epic Games公式ストアでの「モネロ決済導入」は実現しませんでしたが、最近ではゲーム業界ブロックチェーンや仮想通貨の採用を促進することを目指す、ブロックチェーン企業とゲーム開発会社の同盟「Blockchain Game Alliance」なども結成されています。実際に主流のゲームに仮想通貨決済を導入していくためには、今後も多くの問題を解決する必要がありますが、ゲーム業界の人々はこれらの技術を支持しているため、将来的には採用が進む可能性も考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国連邦議会下院で「ステーブルコイン関連の規制法案」通貨発行で承認が必要に?

米国連邦議会下院で「ステーブルコイン関連の規制法案」通貨発行で承認が必要に?

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

【Chiliz&Socios】インド・プロクリケットリーグ(IPL)所属の「3チーム」と提携

Chiliz:暗号資産デリバティブ取引所FTXの親会社「Alameda Research」と提携

Chiliz:暗号資産デリバティブ取引所FTXの親会社「Alameda Research」と提携

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

Redditによる長期投資におすすめのメタバースプロジェクト7選

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

ウクライナの銀行「Stellar(XLM)活用した電子マネー」に関する調査結果を報告

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

日本円だけでオンチェーンNFT売買「SBI Web3ウォレット」提供開始:SBI VCトレード

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す