Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

by BITTIMES

オンラインシューティングゲーム「Fortnite(フォートナイト)」の開発元である「Epic Games(エピック・ゲームズ)」の公式ストア「Retail Row」で匿名性の高い仮想通貨モネロ(Monero/XMR)が決済手段として採用されたことが海外を中心に話題となりましたが、同社CEOであるTim Sweeney(ティム・スウィーニー)氏は2019年1月5日、XMRが追加されたのはミスであったことを報告しました。

こちらから読む:Epic Gamesの公式ストアで「XMR決済」発表当時の記事

仮想通貨決済の導入に潜む「多くの課題」

Epic Games(エピック・ゲームズ)が昨年末に公開した公式ストア「Retail Row」では、今年の初めに匿名性の高い仮想通貨モネロ(Monero/XMR)が決済手段として予告なしに導入されました。

「Retail Row」では、同社が開発する人気のオンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のグッズなどを購入することができるため、ファンの間では大きな話題となり、ビットコイン(Bitcoin/BTC)ではなく、モネロ(XMR)が採用されたことにも注目が集まりました。

モネロのコア開発者であるRiccardo Spagni(リカルド・スパーニャ)氏は、モネロが採用された理由について"匿名性"などが理由として考えられることを語っていましたが、今月5日にEpic GamesのCEOであるTim Sweeney(ティム・スウィーニー)氏は、XMRの追加がミスであったことを語り、実際に仮想通貨決済を導入するためには解決すべき多くの課題が残されていることを報告しています。

実は「Fortnite」で仮想通貨が採用されたのは偶発的なことでした。私たちはパートナーと協力してストアをオープンしましたが、その過程のどこかでモネロ決済が利用可能になってしまいました。

私たち「Epic」メンバーの多くは、仮想通貨の根底となる分散型コンピューティング技術の大ファンです。ですが、若いゲーマーを含む幅広い層の人々にこの技術を適用するためには、ボラティリティや不正行為を防止するための数多くの作業を行う必要があります。

仮想通貨プロジェクトとの提携も否定

モネロ決済のオプションは一時的に導入されていたものの、その後はスタッフの手によって削除されています。また、XMR決済の導入には、スイスの仮想通貨決済プラットフォームである「Globee」の技術が利用されていると伝えられていましたが、スウィーニー氏はこの報道に関しても否定しています。

同氏はこの件に関しては『多くの噂が流れている』と語っており、Epic Gamesは仮想通貨との連携はとっておらず、仮想通貨プロジェクトとのパートナーシップに関する議論も行なっていないと説明しています。

Epic Games公式ストアでの「モネロ決済導入」は実現しませんでしたが、最近ではゲーム業界ブロックチェーンや仮想通貨の採用を促進することを目指す、ブロックチェーン企業とゲーム開発会社の同盟「Blockchain Game Alliance」なども結成されています。実際に主流のゲームに仮想通貨決済を導入していくためには、今後も多くの問題を解決する必要がありますが、ゲーム業界の人々はこれらの技術を支持しているため、将来的には採用が進む可能性も考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

BITMAINは仮想通貨から人工知能(AI)に?|マイニング業界に変化

中国で人民元(CNY)での仮想通貨取引が解禁か?

中国で人民元(CNY)での仮想通貨取引が解禁か?

中国がICOを全面的に禁止「60ものプロジェクトが中止もしくは延期へ」

中国がICOを全面的に禁止「60ものプロジェクトが中止もしくは延期へ」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

合法化進む「大麻」へのブロックチェーン活用|急成長する2大産業の現状と今後の可能性

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

ドイツ鉄道:ブロックチェーンで関連サービスの「トークン化」を検証

ジブラルタルの仮想通貨取引所「GBX-DAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ジブラルタルの仮想通貨取引所「GBX-DAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す