60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

by BITTIMES

ブロックチェーンの構築は"専門的な知識を持っている人にしかできない"というのがこれまでの常識でしたが、そのような状況はこれから変わっていく可能性があります。海外の仮想通貨メディアである「Decrypto」は、アマゾン(Amazon)とコモド(Komodo/KMD)が"わずか60秒"で独自のブロックチェーンを作成することができる「Chain Lizard(チェーンリザード)」と呼ばれるツールを提供していることを報告しています。

こちらから読む:世界中で話題の最先端技術「ブロックチェーン」の基本を学ぶ

ブロックチェーン開発キット「Chain Lizard」

アマゾン(Amazon)とコモド(Komodo/KMD)のパートナーシップを通じて提供されているブロックチェーン開発キットは「Chain Lizard(チェーンリザード)」と呼ばれています。海外の仮想通貨メディアである「Decrypto」の報道によると、この「Chain Lizard」を使用すればコモドネットワーク上に"わずか60秒"で独自のブロックチェーンを立ち上げることができるとされています。

ブロックチェーンの立ち上げは、
1.ブロックチェーンの名前を入力
2.プレマイニングを行うコインの枚数を入力
3.ブロックチェーンネットワークのノード数を選択
という簡単なステップで完了するように設計されており、これらの情報を入力して少し待つだけでブロックチェーンネットワークを立ち上げることができると説明されています。

報道によると、アルファ版はすでに公開されており、2019年の第2四半期には完全版がリリースされる予定だと伝えられています。また完全版が利用可能になると、カスタムブロックチェーンが提供されるだけでなく、ノード、ブロックチェーンエクスプローラ、ソフトウェアウォレットなども含まれた完全なエコシステムを構築することができるようになるとも伝えられています。

しかし現時点では、このツールによって構築されたブロックチェーンを実際に使用できるものにするためには独自のノードを設定するなどといった手間のかかる複数の作業が必要になるとも報じられているため、実用的なツールとして広く利用されるまでにはもう少し時間がかかると考えられます。

Amazon上の「新たな開発キット」に期待

実際にどのようなことに活用できるかについては今のところはっきりしていないものの、Amazon上のサービスとしてこのようなツールが開発されているという事実は注目に値します。より簡単な作業で気軽に独自のブロックチェーン・ネットワークを構築できるようになれば、さらに多くの可能性が生まれることが期待されます。

Amazonのプラットフォーム上では、すでに複数の「ブロックチェーン開発キット」が提供されており、イーサリアムなどのブロックチェーン上で作業できるものなどもリリースされています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の誕生などの影響によって急激に増加した仮想通貨やブロックチェーンは、有望なプロジェクトと共に多くの混乱や問題を引き起こすことになりましたが、そのような経験の上に構築される「新しいブロックチェーン開発キット」はより理想的なツールとして新たなイノベーションを促進する可能性を秘めているとも言えるでしょう。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

米CME:イーサリアムのインデックス強化「先物提供」の可能性も?

米CME:イーサリアムのインデックス強化「先物提供」の可能性も?

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

c0ban取引所:最大10万円分の日本円・RYOがもらえる「2つのキャンペーン」開催

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

パラグアイのRejala議員「ビットコイン関連法案」2021年7月14日提出へ

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想空間土地LAND「7月30日」に追加販売

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す