60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

by BITTIMES

ブロックチェーンの構築は"専門的な知識を持っている人にしかできない"というのがこれまでの常識でしたが、そのような状況はこれから変わっていく可能性があります。海外の仮想通貨メディアである「Decrypto」は、アマゾン(Amazon)とコモド(Komodo/KMD)が"わずか60秒"で独自のブロックチェーンを作成することができる「Chain Lizard(チェーンリザード)」と呼ばれるツールを提供していることを報告しています。

こちらから読む:世界中で話題の最先端技術「ブロックチェーン」の基本を学ぶ

ブロックチェーン開発キット「Chain Lizard」

アマゾン(Amazon)とコモド(Komodo/KMD)のパートナーシップを通じて提供されているブロックチェーン開発キットは「Chain Lizard(チェーンリザード)」と呼ばれています。海外の仮想通貨メディアである「Decrypto」の報道によると、この「Chain Lizard」を使用すればコモドネットワーク上に"わずか60秒"で独自のブロックチェーンを立ち上げることができるとされています。

ブロックチェーンの立ち上げは、
1.ブロックチェーンの名前を入力
2.プレマイニングを行うコインの枚数を入力
3.ブロックチェーンネットワークのノード数を選択
という簡単なステップで完了するように設計されており、これらの情報を入力して少し待つだけでブロックチェーンネットワークを立ち上げることができると説明されています。

報道によると、アルファ版はすでに公開されており、2019年の第2四半期には完全版がリリースされる予定だと伝えられています。また完全版が利用可能になると、カスタムブロックチェーンが提供されるだけでなく、ノード、ブロックチェーンエクスプローラ、ソフトウェアウォレットなども含まれた完全なエコシステムを構築することができるようになるとも伝えられています。

しかし現時点では、このツールによって構築されたブロックチェーンを実際に使用できるものにするためには独自のノードを設定するなどといった手間のかかる複数の作業が必要になるとも報じられているため、実用的なツールとして広く利用されるまでにはもう少し時間がかかると考えられます。

Amazon上の「新たな開発キット」に期待

実際にどのようなことに活用できるかについては今のところはっきりしていないものの、Amazon上のサービスとしてこのようなツールが開発されているという事実は注目に値します。より簡単な作業で気軽に独自のブロックチェーン・ネットワークを構築できるようになれば、さらに多くの可能性が生まれることが期待されます。

Amazonのプラットフォーム上では、すでに複数の「ブロックチェーン開発キット」が提供されており、イーサリアムなどのブロックチェーン上で作業できるものなどもリリースされています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の誕生などの影響によって急激に増加した仮想通貨やブロックチェーンは、有望なプロジェクトと共に多くの混乱や問題を引き起こすことになりましたが、そのような経験の上に構築される「新しいブロックチェーン開発キット」はより理想的なツールとして新たなイノベーションを促進する可能性を秘めているとも言えるでしょう。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

ブロックチェーン基盤の「分散型地図」で特許申請:自動車大手GM

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

ビットコイン、半減期6ヶ月後には「大幅回復」か|新規投資家も増加傾向

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

CoinBest(コインベスト)「暗号資産現物取引サービス」提供へ|販売所からスタート

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す