ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

by BITTIMES

ExxonMobil(エクソンモービル)やChevron(シェブロン)などの代表的な石油/ガス会社7社が提携して「OOC石油ガスブロックチェーンコンソーシアム」を結成したことが2019年2月26日に公開されたプレスリリースで明らかになりました。この組合は「Blockchain技術」の新たな活用可能性を探り、業界標準を作成していくことなどを目的としています。

こちらから読む:大手石油・ガス会社が注目する「ブロックチェーン技術」とは

Chevron・ExxonMobilなど「大手7社」が集結

今回発表された「OOC石油ガスブロックチェーンコンソーシアム」には、
・Chevron(シェブロン)
・ConocoPhillips(コノコフィリップス)
・ExxonMobil(エクソンモービル)
・Equinor(エクイノール)
・Hess(ヘス)
・Pioneer Natural Resources(パイオニア・ナチュラル・リソーシズ)
・Repsol(レプソル)
などといった石油・ガス業界を代表する大手企業7社が参加しています。

このコンソーシアムは、非営利団体である「Offshore Operators Committee(OOC)」の下に設立された「会員制」の組合となっており、組合の目的としては「ブロックチェーン技術に関する業界標準や枠組みを作成し、技術導入のための基盤を整えること」や「ブロックチェーン技術に関する教育を推進すること」などが挙げられています。

具体的な取り組みとしては、2019年にブロックチェーン技術に関する概念実証(PoC)を行い、ブロックチェーンの利点や適用可能性を探求していくとされています。

OOCの取締役会会長であるRebecca Hofmann(レベッカ・ホフマン)氏は「OOC石油ガスブロックチェーンコンソーシアム」について次のように語っています。

「OOC石油ガスブロックチェーンコンソーシアム」の創設は、石油ガス業界の主要なブロックチェーン規格、フレームワーク、および機能を確立するための重要なステップです。

ブロックチェーン技術はビジネスのやり方を再考するきっかけとなります。このコンソーシアムはテクノロジーの可能性を探り、学習を通じて業界の採用を促進するための取り組みを協力して行なっていくことを表しています。

ブロックチェーンの活用可能性を探り「技術採用」を促進

プレスリリースによると、このコンソーシアムは米国の石油・ガス産業における初めての取り組みであるとされており、主に次のような取り組みを行っていくと説明されています。

・概念実証や実証実験などを通じてブロックチェーン技術の評価・学習を行い、石油・ガス産業における新しいブロックチェーン活用法を探り、業界を先導する。

・迅速な取引、紛争の軽減、安全性の向上、コスト削減などといった「ブロックチェーンの利点」と「業界への応用」を探る。

・データ、プロセス、セキュリティ、コンプライアンスの業界標準化を通じて、ブロックチェーンの採用を促進する。

・ガバナンス構造、スマートコントラクトパラメータ、合意プロトコル、暗号化要件など、主要なブロックチェーンコンポーネントに関する業界の調整を通じて標準設定を推進する。

ブロックチェーン技術はエネルギー産業でも幅広く活用されており、特に再生可能エネルギーの分野では仮想通貨の発行なども含めた幅広いプロジェクトが立ち上げられています。今後は現代社会において重要な役割を担っている「石油・ガス」の分野でブロックチェーン技術がどのように活用されていくのかにも注目です。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

YouTube:仮想通貨関連の動画削除は「間違いだった」と説明

YouTube:仮想通貨関連の動画削除は「間違いだった」と説明

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「ファントークン5種類のバーン」実施へ

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す