従業員の「資格情報」をブロックチェーンで管理|証明書発行プロセスも簡素化:PwC

by BITTIMES

世界4大会計事務所の一社として知られる大手コンサルティング会社「プライスウォーターハウスクーパース(PriceWaterhouseCoopers/PwC)」は、従業員の資格情報の整合性を保証するためのブロックチェーンプラットフォーム「Smart Credentials(スマート・クレデンシャル)」のテストを行なっています。

こちらから読む:資格情報の整合性を保証する「ブロックチェーン技術」とは

PriceWaterhouseCoopers(PwC)がテストを行なっている「Smart Credentials(スマート・クレデンシャル)」は、従業員の「資格証明書」を安全に発行・保存・共有できるようにブロックチェーン技術を活用して設計されています。

このプラットフォームのテストは「スコットランド勅許会計士協会(ICAS)」との提携を通じて行われており、過去2年以内にICASで「公認会計士」として認定されたPwCの従業員にはICASから「ブロックチェーンベースの資格証明書」が発行されています。

PwCは、ブロックチェーン技術を活用することによって「資格所有者は自分の情報を自分で管理することができるようになり、詐欺などの被害に晒される危険性を抑えることができる」と説明しており「資格を審査する際のリスクとコストを削減し、規制当局や各種機関に対して証明書を発行する際のプロセスも簡素化することができる」とも語っています。

証明書の発行者側は、ブロックチェーンプラットフォームを採用することによって「社内システムに資格情報を保存する必要がなくなり、インフラの負担を軽減することができる」とされています。

証明書が所有者のデジタルウォレットに保存されると、専門家は個人の開発に従ってそれらを更新することができるようになっているため、評価対象者に自分の証明書を提供したり、反対にそれらの証明書の提供を取り消すこともできると説明されています。

「Smart Credentials」は、複数の分野で「検証済みで信頼できる反論できないデジタルID」を提供できるとされており、PwCのグローバルブロックチェーンリーダーであるSteve Davies(スティーブ・デイビス)氏は、このプラットフォームについて次のように説明しています。

ブロックチェーンは仲介者を必要とせずに参加者同士でデータを共有できるように設計されています。誰も中心的な所有権を持ってないため、個人は自分のデータをより細かく管理することができます。
医療専門家、パイロット、安全技術者など、資格を取得して以降も継続的に更新を行う必要がある場合にも活用できる可能性があります。

ブロックチェーンで個人の資格情報を管理する試みはその他の大手企業でも進められており、最近ではSONY(ソニー)富士通(FUJITSU)が外国人留学生の「日本語講座の受講履歴」や「成績証明書」を安全に管理するためのブロックチェーンプラットフォームを開発し、実証実験を行なっています。

過去には、大学の卒業証明書の管理などもブロックチェーン上で管理されるようになってきているため、資格情報の管理は今後ブロックチェーンで行うのが一般的になっていくとも考えられます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

ブルンジ共和国:仮想通貨取引の「全面禁止」を決定|投資家・消費者の保護を優先

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

注目度の高い仮想通貨ニュース

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

【Socios&Chiliz】ノヴァーラ・カルチョの「NOVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】ノヴァーラ・カルチョの「NOVファントークン」発行へ

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

日本銀行「一般利用型CBDC」に関する方針を公表|2021年度早期に概念実証を実施

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す