ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

by BITTIMES   

オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、ブロックチェーンスタートアップ企業SingleSource社と提携し、ブロックチェーンを活用した「デジタル運転免許証」の発行に向けた取り組みを進めています。このデジタル運転免許証は今年中に本格導入することが目標として掲げられています。

こちらから読む:運転免許証にも活用される「ブロックチェーン技術」とは

スマートフォンで「身分証提示」が可能に

ニューサウスウェールズ州は市民の情報管理の効率化を図るために、ブロックチェーン技術を用いたデジタル免許証の発行を開始した事を明らかにしています。

なお、このプロジェクトは昨年初めからダボ市で1400人の免許保有者を対象にパイロットテストが既に行われており、同年11月にはその規模をシドニーの東海岸の地域約14万人に拡大していました。

2019年末には州全体で正式導入となる予定で、運転免許証をデジタル化する事によって紙ベースの免許証を持ち歩かずにモバイルアプリを通じて本人確認が証明される事になります。(パイロットテスト期間中は携帯する必要があります。)

昨年5月には、住民からの文書をブロックチェーンで保存や認証する法案が州で可決されているため、デジタル免許証でパブやクラブへ入場する際の身分証や年齢確認、警察への小切手などへの使用も可能となっています。

詐欺・偽造などの「不正防止」にも貢献

今回の試みは、ニューサウスウェールズ州がオーストラリアのブロックチェーンスタートアップ企業SingleSource社との提携により可能となったものであり、同社が提供するブロックチェーンプラットフォーム「TrustGrid」によって支えられています。

同社のCEOであるSantosh Devaraj(サントッシュ・デブラジ)氏は、運転免許証の発行にブロックチェーン技術を取り入れることによって、詐欺や偽造などにも対処することができると語っています。

比較的簡単に身分を偽装する詐欺などの予防にも役立つことでしょう。

また「TrustGrid」に対してもネイティブなブロックチェーンアプリケーションではなく、「デジタル免許証を保護するために使用されるセキュリティ技術の1つ」と説明しています。

ニューサウスウェールズ州は2018年の州予算にデジタル免許証のテスト期間拡大のため930万ドル(約10億円)の投入を決定しており、ブロックチェーンの積極的な採用を推進しています。

今後、住民IDや公的書類等の発行に関する時間短縮や、費用削減にも応用できる可能性も示唆されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

Chiliz Exchange:強豪サッカークラブ「ACミラン」の$ACMファントークン取扱いへ

Chiliz Exchange:強豪サッカークラブ「ACミラン」の$ACMファントークン取扱いへ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

ベーシックインカムの実現目指すブロックチェーンwebアプリ「space0」ベータ版公開

ベーシックインカムの実現目指すブロックチェーンwebアプリ「space0」ベータ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す