ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

by BITTIMES   

オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、ブロックチェーンスタートアップ企業SingleSource社と提携し、ブロックチェーンを活用した「デジタル運転免許証」の発行に向けた取り組みを進めています。このデジタル運転免許証は今年中に本格導入することが目標として掲げられています。

こちらから読む:運転免許証にも活用される「ブロックチェーン技術」とは

スマートフォンで「身分証提示」が可能に

ニューサウスウェールズ州は市民の情報管理の効率化を図るために、ブロックチェーン技術を用いたデジタル免許証の発行を開始した事を明らかにしています。

なお、このプロジェクトは昨年初めからダボ市で1400人の免許保有者を対象にパイロットテストが既に行われており、同年11月にはその規模をシドニーの東海岸の地域約14万人に拡大していました。

2019年末には州全体で正式導入となる予定で、運転免許証をデジタル化する事によって紙ベースの免許証を持ち歩かずにモバイルアプリを通じて本人確認が証明される事になります。(パイロットテスト期間中は携帯する必要があります。)

昨年5月には、住民からの文書をブロックチェーンで保存や認証する法案が州で可決されているため、デジタル免許証でパブやクラブへ入場する際の身分証や年齢確認、警察への小切手などへの使用も可能となっています。

詐欺・偽造などの「不正防止」にも貢献

今回の試みは、ニューサウスウェールズ州がオーストラリアのブロックチェーンスタートアップ企業SingleSource社との提携により可能となったものであり、同社が提供するブロックチェーンプラットフォーム「TrustGrid」によって支えられています。

同社のCEOであるSantosh Devaraj(サントッシュ・デブラジ)氏は、運転免許証の発行にブロックチェーン技術を取り入れることによって、詐欺や偽造などにも対処することができると語っています。

比較的簡単に身分を偽装する詐欺などの予防にも役立つことでしょう。

また「TrustGrid」に対してもネイティブなブロックチェーンアプリケーションではなく、「デジタル免許証を保護するために使用されるセキュリティ技術の1つ」と説明しています。

ニューサウスウェールズ州は2018年の州予算にデジタル免許証のテスト期間拡大のため930万ドル(約10億円)の投入を決定しており、ブロックチェーンの積極的な採用を推進しています。

今後、住民IDや公的書類等の発行に関する時間短縮や、費用削減にも応用できる可能性も示唆されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

医療保険大手「Anthem」ブロックチェーンで4,000万人のデータ管理

医療保険大手「Anthem」ブロックチェーンで4,000万人のデータ管理

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

LINE:BITMAX Walletに「ブロックチェーンサービス(DApps)リスト」を追加

東海東京:ブロックチェーン企業に出資「デジタル証券取引システム」開設へ

東海東京:ブロックチェーン企業に出資「デジタル証券取引システム」開設へ

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

世界各国の「ビットコイン導入率」を可視化|最もユーザー数が多い地域は?

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

Bakkt(バックト)ビットコイン先物取引「7月22日」からテスト開始へ

Bakkt(バックト)ビットコイン先物取引「7月22日」からテスト開始へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

コインチェック:国内初のIEO「Palette Token(PLT)の購入申込み」受付開始

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す