ブロックチェーンで「金の価値」さらに高まる|デジタル市場、最良の資産は貴金属

by BITTIMES

金(ゴールド)や銀(シルバー)など貴金属関連の資産運用を行っている会社「Sprott(スプロット)」社のCEOであるPeter Grosskopf(ピーター・グロスコフ)氏は、海外の金融メディア「Kitco News(キトコ・ニュース)」に対して『貴金属はデジタル市場において最良の資産となりえるものであり、ブロックチェーン技術を活用すれば金の価値はさらに高まる』と語りました。

こちらから読む:ビットコイン最大のライバル?「ゴールド/金」関連ニュース

「デジタルゴールド」が持つ大きな利点

貴金属などの資産運用を行う「Sprott(スプロット)」社のCEOであるPeter Grosskopf(ピーター・グロスコフ)氏は、2019年4月30日からアメリカニューヨーク州で開催された鉱山業界のカンファレンス「Mine and Money conference」に出席しました。

カンファレンスの中で金融メディア「Kitco News(キトコ・ニュース)」のインタビューに応じたグロスコフ氏は「金の未来はデジタル化にある」と説明し、Sprott社が現在「従来の貴金属取引とブロックチェーン技術を融合させた新規事業」に着手しているということを明かしました。

同氏は、ブロックチェーンでデジタル化された金(デジタルゴールド)は基本的には「耐久性/携帯性/代替性」といった点でビットコイン(BTC)と酷似しているものの、セキュリティ面では特に大きな利点を発揮することができると説明しています。

デジタルゴールドは物理的な金属によって価値が裏付けられており、ブロックチェーンの分散型台帳で追跡ことも出来るため金をハッキングする事はできません。

金×ブロックチェーン=未来の決済手段

グロスコフ氏は、金は日常的な支払い手段として利用されるには基準が不十分であるため、一般の消費者に受け入れられる事は無いだろうとも語っています。しかし同氏は「ブロックチェーン技術でデジタル化することによって金は"紙幣に替わる存在"になる」と考えており、そのためにはより幅広い場面で実際にデジタル化された金(デジタルゴールド)が使用されていく必要があると主張しています。

これはブロックチェーン上で金をデジタル化する事によって、金融口座間で素早く低コストなやり取りが出来るようになり、気軽に購入することもできるため、決済手段として今までより日常的に使われるようになるという考えに基づいています。

グロスコフ氏のこれらの強気な発言の背景には、他の経済市場において損失が発生した場合に投資家らはリスクヘッジ資産として金を選び、貴金属市場への参入者が増えるだろうとした思惑があります。ブロックチェーン技術を用いて早い段階から金をデジタル化しておけば、実際にその他の市場で大規模な損失が見られた際などに投資家の人々に幅広い投資機会を提供することができます。

ブロックチェーン技術が誕生したことによって現在は、株や金など従来の投資商品のデジタル化する企業も現れてきています。これらのデジタル化された商品はこれまでよりも気軽に投資することができるものとなっているため、今後は投資家も増加していく可能性があると考えられます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

Pornhub:仮想通貨決済サービスを強化|プーマペイ(PumaPay/PMA)にも対応

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

Bloktopia:マルチチェーン戦略を発表「BNB Chain」対応でBLOK価格急騰

Bloktopia:マルチチェーン戦略を発表「BNB Chain」対応でBLOK価格急騰

MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「De:Lithe Φ」国内初のゲームトークンIEO実施へ|Huobi Japan・HashPaletteと協力

P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」の第1回NFTセール詳細を発表:HashPalette

P2Eゲーム「CryptoNinja Party!」の第1回NFTセール詳細を発表:HashPalette

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月22日〜28日

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ポルトガル初「SLベンフィカ」と提携|公式ファントークン発行へ

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

100%国内太陽光発電のマイニング運用サービス「FUELSOLAR」提供開始:FUELHASH

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

Huobi Japan:最大500円相当のHTがもらえる「サインアップキャンペーン」開始

Huobi Japan:最大500円相当のHTがもらえる「サインアップキャンペーン」開始

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

タイ向け暗号資産取引所「Huobi Thailand」7月1日にプラットフォーム閉鎖へ

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

Meta社「Meta Pay」を発表|相互運用性を持つメタバース用ウォレットを計画

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す