ブロックチェーンで「金の価値」さらに高まる|デジタル市場、最良の資産は貴金属

by BITTIMES

金(ゴールド)や銀(シルバー)など貴金属関連の資産運用を行っている会社「Sprott(スプロット)」社のCEOであるPeter Grosskopf(ピーター・グロスコフ)氏は、海外の金融メディア「Kitco News(キトコ・ニュース)」に対して『貴金属はデジタル市場において最良の資産となりえるものであり、ブロックチェーン技術を活用すれば金の価値はさらに高まる』と語りました。

こちらから読む:ビットコイン最大のライバル?「ゴールド/金」関連ニュース

「デジタルゴールド」が持つ大きな利点

貴金属などの資産運用を行う「Sprott(スプロット)」社のCEOであるPeter Grosskopf(ピーター・グロスコフ)氏は、2019年4月30日からアメリカニューヨーク州で開催された鉱山業界のカンファレンス「Mine and Money conference」に出席しました。

カンファレンスの中で金融メディア「Kitco News(キトコ・ニュース)」のインタビューに応じたグロスコフ氏は「金の未来はデジタル化にある」と説明し、Sprott社が現在「従来の貴金属取引とブロックチェーン技術を融合させた新規事業」に着手しているということを明かしました。

同氏は、ブロックチェーンでデジタル化された金(デジタルゴールド)は基本的には「耐久性/携帯性/代替性」といった点でビットコイン(BTC)と酷似しているものの、セキュリティ面では特に大きな利点を発揮することができると説明しています。

デジタルゴールドは物理的な金属によって価値が裏付けられており、ブロックチェーンの分散型台帳で追跡ことも出来るため金をハッキングする事はできません。

金×ブロックチェーン=未来の決済手段

グロスコフ氏は、金は日常的な支払い手段として利用されるには基準が不十分であるため、一般の消費者に受け入れられる事は無いだろうとも語っています。しかし同氏は「ブロックチェーン技術でデジタル化することによって金は"紙幣に替わる存在"になる」と考えており、そのためにはより幅広い場面で実際にデジタル化された金(デジタルゴールド)が使用されていく必要があると主張しています。

これはブロックチェーン上で金をデジタル化する事によって、金融口座間で素早く低コストなやり取りが出来るようになり、気軽に購入することもできるため、決済手段として今までより日常的に使われるようになるという考えに基づいています。

グロスコフ氏のこれらの強気な発言の背景には、他の経済市場において損失が発生した場合に投資家らはリスクヘッジ資産として金を選び、貴金属市場への参入者が増えるだろうとした思惑があります。ブロックチェーン技術を用いて早い段階から金をデジタル化しておけば、実際にその他の市場で大規模な損失が見られた際などに投資家の人々に幅広い投資機会を提供することができます。

ブロックチェーン技術が誕生したことによって現在は、株や金など従来の投資商品のデジタル化する企業も現れてきています。これらのデジタル化された商品はこれまでよりも気軽に投資することができるものとなっているため、今後は投資家も増加していく可能性があると考えられます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

Chiliz Exchange:コリンチャンスの「$SCCPファントークン」9月9日に取引開始

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

安定仮想通貨「LBXPeg」発行へ|初の英ポンド連動ステーブルコイン ー London Block Exchange

仮想通貨オンランプサービスの「Ramp」40種類の法定通貨に新規対応

仮想通貨オンランプサービスの「Ramp」40種類の法定通貨に新規対応

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

ウォレット・カストディ大手「Cobo Custody」チリーズ(Chiliz/CHZ)をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

Oasysの分散型取引所(DEX)「Tealswap V3」ローンチ|集中流動性機能を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す