日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

by BITTIMES

日本政府は、2023年を目処にして中央省庁におけるデータのやり取りなどで「新しい暗号技術」を採用するための新規格策定などに向けた取り組みに着手していると報じられています。政府は、仮想通貨業界でも"大きな脅威になる可能性がある"と言われている「量子コンピュータ」にも対処できる技術を求めており、金融機関や民間企業も関わっているとされているため、仮想通貨業界からも注目が集まっています。

こちらから読む:スマホ決済サービス"7pay"で不正アクセス被害「国内ニュース」

「機密情報保護」に向け有効な技術を調査

日本政府が2023年の導入に向けて準備を進めている暗号技術は、中央省庁におけるデータのやり取りなどで使用され、機密情報が海外などに漏れるのを防ぐために使用されると報じられています。現在は、総務省と経済産業省が検討会を立ち上げて「有効な技術の調査」や「暗号技術の安全基準策定」などに取り組んでいる段階であり、金融機関などの民間企業もこれらのデータを参考にしていく見通しだと伝えられています。

重要な機密データの保存や通信を行う際に暗号を使用している日本政府は、2003年に「推奨リスト」としてまとめた"安全性の高い暗号技術"を2013年に最新技術に入れ替えており、2023年には再びリストを更新する予定だと説明されています。

2023年に更新されるリストには「量子コンピューターに対応した暗号技術」を初めて盛り込む方向で検討が行われているとのことで、総務省と経済産業省が立ち上げた検討会は「大学教授・機器メーカー・日銀関係者」などが参加するとされています。

暗号業界を脅かす「量子コンピューター」

量子コンピューターとは、近年急速に実用化に向けた取り組みが進められている"次世代型のコンピューター"であり、その処理能力は現在使用されているスーパーコンピューターの「1万倍〜1億倍」とも言われています。

従来のコンピューターは「0と1(電圧のオン・オフ)」を用いて演算を行なっていますが、量子コンピューターは「重ね合わせ」と呼ばれる量子力学的な基本性質を用いることによって、2つ以上の状態を同時に表すことができるようになっています。

そのため、これまでの考えでは想像もつかないような速さで計算を行うことも可能であり、現在一般的に使用されているパスワードなどは数秒で解くことができるとも言われています。

このような性質を持つ「量子コンピューター」は、暗号化技術をベースとしている仮想通貨・ブロックチェーンにも深刻な影響をもたらす可能性があると言われているため、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)などをはじめとする複数の仮想通貨はすでに「耐量子コンピューター」の性能を備えるように開発が進められています。

量子コンピューターの登場は遠い未来の話ではなく、今年1月にはIBMが世界初となる"商用"量子コンピュータ「IBM Q System One」を発表しています。急速な成長が求められている暗号技術の分野において、日本政府が今後どのような技術を選択していくのかには注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムとポケモンのコラボ?|イーサエモンとは?

イーサリアムとポケモンのコラボ?|イーサエモンとは?

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

ブロックチェーンで「貿易の書類管理」取引効率化に向けテスト開始:シンガポール

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

医薬品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン活用|Walmart・Merckなど大手4社が連携

医薬品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン活用|Walmart・Merckなど大手4社が連携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月18日〜24日

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

アート作品をブロックチェーンで共同所有「STRAYM」のティザーサイト公開:SMADONA

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

ビットコイン先物の「必要証拠金・維持率」など概要を公開:Bakkt

セブンイレブンで「仮想通貨」が購入可能に|Abraがフィリピンで新サービス

セブンイレブンで「仮想通貨」が購入可能に|Abraがフィリピンで新サービス

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

BINANCE:先物取引「9月中」に開始予定|新たな紹介プログラムも発表

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

ヘルスケアアプリ「Lympo」ブロックチェーン企業「Harmony」と提携してデータ共有高速化へ

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す