中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

by BITTIMES   

米国の有名な格付け機関である「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は、2019年7月26日のツイートで仮想通貨取引所「BINANCE」が発行しているバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)を「中央管理されていることによって安定して成長している興味深い資産だ」と評価しました。

こちらから読む:150銘柄以上に対応した"大口取引"を開始「BINANCE」関連ニュース

中央集権型の「興味深い」仮想通貨

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は、これまでにも様々な仮想通貨を独自の分析に基づいて分析・評価してきており「リスク・収益性・技術力・採用率」などといった総合的な評価を行なっていることで知られています。

同社はTwitter上でも定期的に仮想通貨に対する評価やコメントを投稿していますが、先日は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が発行している独自通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)について、「BNBは"中央集権化"していることによって成長している興味深い仮想通貨だと」ツイートしています。

BNBは中央管理されており、そのクリエイターたちは絶えず新しいユースケースを作成しています。それによってBNBの時価総額は増加しており、資産は継続的に成長しています。BNBは「中央集権型」であることによって成功しているのです。面白い。

BNB価格は発行当時から「300倍以上」に上昇

バイナンスコイン(BNB)は元々、BINANCEで仮想通貨を交換する際に手数料を安くしたり、BINANCEに上場する仮想通貨を決める際の投票に使用できる通貨として保有されており、2017年7月1日のICO当時の価格は「0.00005BTC(当時約12円)」となっていましたが、その後の上昇で2018年1月には「1BNB=2,700円以上」にまで上昇しました。

2018年末には一時的に500円近くまで下落したものの、"支払い手段"としてBNBを受け入れる店舗も増加し始めたことなどもあり、バイナンス独自のブロックチェーンである「BinanceChain」や分散型取引所「BinanceDEX」が立ち上げられた2019年4月以降は再び過去最高値を更新し、先月末には4,000円を突破しています。これはICO当時の価格から300倍以上にまで上昇していることを意味します。

BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、バイナンスコインの市場での存在感を高め、その有用性を高めるために常に努力を続けています。最近ではBinanceのプラットフォームを利用して仮想通貨を発行する「Binance Launchpad」に参加するための通貨としても使用されています。

Weiss Ratingsは記事執筆時点でバイナンスコインの総合評価を「C」としており、「技術・採用率はB」「リスク・収益性はD+」と評価しています。現時点での評価は主要な仮想通貨に対する「Weiss Ratings」の評価としては標準クラスの評価となっていますが、バイナンスコインが現在特に成長している仮想通貨であり、その運営が中央集権的であるということは注目に値します。

2019年7月28日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、先月22日に「1BNB=4,215円」まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2019年7月28日時点では「1BNB=3,016.68円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年5月29日〜2019年7月28日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年5月29日〜2019年7月28日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ADA Payプラグイン「Wordpress」など8つのプラットフォームで利用可能に

ADA Payプラグイン「Wordpress」など8つのプラットフォームで利用可能に

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

【重要】Huobi(フォビ):日本居住者向けの「仮想通貨取引サービス」終了へ

【重要】Huobi(フォビ):日本居住者向けの「仮想通貨取引サービス」終了へ

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

暗号資産決済「オーストリアの2,500店舗以上」に導入へ:A1×Salamantex

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFT国内取引高1位を記録したedo2022:大手暗号資産取引所「Gate.io」と提携

NFT国内取引高1位を記録したedo2022:大手暗号資産取引所「Gate.io」と提携

ロシア・プーチン大統領「デジタル資産の決済利用を禁止する法案」に署名

ロシア・プーチン大統領「デジタル資産の決済利用を禁止する法案」に署名

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

dHealth Networkの「ネイティブDHP」MEXC Globalに近日上場か

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

米資産運用大手「BlackRock」暗号資産関連サービス提供へ|Coinbaseと提携

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Huobi Japan:年率200%「ジャスミーコインの貸暗号資産特別募集」開始

Huobi Japan:トライアル金がもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

Huobi Japan:トライアル金がもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

Sygnum Bank:ステーキングサービスで「Cardano(ADA)」をサポート

暗号資産取引所「Hotbit」取引・入出金などを一時停止|停止理由は?

暗号資産取引所「Hotbit」取引・入出金などを一時停止|停止理由は?

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月17日〜23日

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

Ankr:最大規模のアップグレード「Ankr Network 2.0」がWeb3の基盤レイヤーを分散化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

人気のタグから探す