中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

by BITTIMES   

米国の有名な格付け機関である「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は、2019年7月26日のツイートで仮想通貨取引所「BINANCE」が発行しているバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)を「中央管理されていることによって安定して成長している興味深い資産だ」と評価しました。

こちらから読む:150銘柄以上に対応した"大口取引"を開始「BINANCE」関連ニュース

中央集権型の「興味深い」仮想通貨

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は、これまでにも様々な仮想通貨を独自の分析に基づいて分析・評価してきており「リスク・収益性・技術力・採用率」などといった総合的な評価を行なっていることで知られています。

同社はTwitter上でも定期的に仮想通貨に対する評価やコメントを投稿していますが、先日は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が発行している独自通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)について、「BNBは"中央集権化"していることによって成長している興味深い仮想通貨だと」ツイートしています。

BNBは中央管理されており、そのクリエイターたちは絶えず新しいユースケースを作成しています。それによってBNBの時価総額は増加しており、資産は継続的に成長しています。BNBは「中央集権型」であることによって成功しているのです。面白い。

BNB価格は発行当時から「300倍以上」に上昇

バイナンスコイン(BNB)は元々、BINANCEで仮想通貨を交換する際に手数料を安くしたり、BINANCEに上場する仮想通貨を決める際の投票に使用できる通貨として保有されており、2017年7月1日のICO当時の価格は「0.00005BTC(当時約12円)」となっていましたが、その後の上昇で2018年1月には「1BNB=2,700円以上」にまで上昇しました。

2018年末には一時的に500円近くまで下落したものの、"支払い手段"としてBNBを受け入れる店舗も増加し始めたことなどもあり、バイナンス独自のブロックチェーンである「BinanceChain」や分散型取引所「BinanceDEX」が立ち上げられた2019年4月以降は再び過去最高値を更新し、先月末には4,000円を突破しています。これはICO当時の価格から300倍以上にまで上昇していることを意味します。

BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、バイナンスコインの市場での存在感を高め、その有用性を高めるために常に努力を続けています。最近ではBinanceのプラットフォームを利用して仮想通貨を発行する「Binance Launchpad」に参加するための通貨としても使用されています。

Weiss Ratingsは記事執筆時点でバイナンスコインの総合評価を「C」としており、「技術・採用率はB」「リスク・収益性はD+」と評価しています。現時点での評価は主要な仮想通貨に対する「Weiss Ratings」の評価としては標準クラスの評価となっていますが、バイナンスコインが現在特に成長している仮想通貨であり、その運営が中央集権的であるということは注目に値します。

2019年7月28日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、先月22日に「1BNB=4,215円」まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2019年7月28日時点では「1BNB=3,016.68円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年5月29日〜2019年7月28日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年5月29日〜2019年7月28日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トロン(Tron/TRX)韓国のゲームスタジオ「SkyPeople」と提携|新たなRPG開発中

トロン(Tron/TRX)韓国のゲームスタジオ「SkyPeople」と提携|新たなRPG開発中

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

OKCoinJapan「暗号資産・日本円の出金手数料」変更へ|サービス一時停止も予定

OKCoinJapan「暗号資産・日本円の出金手数料」変更へ|サービス一時停止も予定

【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

ブロックチェーン企業Moonwalk:ウクライナのサッカークラブ「FCディナモ・キエフ」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

テゾス(Tezos/XTZ)フランスの強豪eスポーツチーム「Team Vitality」と提携

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Chiliz&Socios:ブラジルのスポーツクラブ「CR Vasco da Gama」と提携

Chiliz&Socios:ブラジルのスポーツクラブ「CR Vasco da Gama」と提携

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

ビットフライヤー:ビットコインがもらえる「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開始

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」1月26日提供開始|記念キャンペーンも開催

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

Bitget:Bitkeep社と初めての「Launchpad」を開催

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す