中国の警察庁は海外の仮想通貨取引をも監視している?

by BITTIMES

中国の警察庁は、国外の仮想通貨取引を監視していると一部で報道されています。報道官は中国の公衆情報ネットワークセキュリティ監督タスクフォースが、不正流行、ピラミッド計画、およびマネーロンダリングを防止するために、仮想通貨に関係する国内外の取引プラットフォームを注意深く監視していると述べています。

現地の金融出版物Yicaiによると、中国のネットワークセキュリティ機関と警察は海外に拠点を置く仮想通貨取引所に関しても監視しているといいます。規制の取り締まりは、公安省や他の中国の政府機関が主導しています。この問題に精通しているインサイダーによるとYicaiは、調査官がPonzi計画、不正取引、脱税、マネーロンダリング犯罪を探していると説明しています。

多くの取引プラットフォームがオフショアに移行したにもかかわらず、取引所を引き続き「同期的に」監視していると説明されています。

翻訳された報告書によると、中国の取引所が中国以外の事業を設立し事業をオフショアに登録しサーバーを移転させることによって、ICOでの資金調達を行うことをさけるために、中国の規制当局は、中国国内の投資家が海外取引所で仮想通貨取引を行うのを助けると疑われる企業や個人の国内銀行口座とオンライン決済口座の見直しを行うと報告書は詳述しています。

取引口座が凍結されている場合、取引所はもはやその業務を継続することはできません。そうしないと、不法資金調達、マネーロンダリング、その他の犯罪行為が発生しやすくなります。
さらに、監督当局は、国外で行われている大量の店頭取引(OTC)を認識していますが、オペレーションは依然として人民元を扱っている顧客にサービスを提供しています。これらのプラットフォームは、サーバーを海外に移動しても、依然として国内ユーザーに「オープンドア」を提供しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

自殺的な中国人民銀行ビットコイン規制の将来

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

注目度の高い仮想通貨ニュース

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

20代男性を対象にした仮想通貨に関するアンケートの結果は?

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す