カルダノエイダコインの概要と価格予想

by BITTIMES   

今注目の仮想通貨であるカルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)についての簡単な説明と、今後の価格予想を紹介します。
投資先に悩んでいる方などは、参考にされてみて下さい。

カルダノエイダコインとは?

カルダノ・エイダコイン(CARDANO/ADA)とは、カルダノ財団・IOHK が開発するブロックチェーンのオープンソースソフトウェアプロジェクトである『CARDANO』で利用される暗号通貨の事です。

カルダノエイダコインは、セキュリティ面と信頼性、そして柔軟性がある将来的にも利用しやすい通貨の一つです。
持続可能なシステムを可能にするために作成されました。

daedalus

カルダノエイダコインは持っているだけでステーキング報酬という、利息のようなものがもらえます。専用のウォレットに入金しておくと、最初の2年間は年9%、その後は半分の報酬が貰えます。
実際には保有量によってこの利率は違ってくるそうですが、カルダノエイダコイン自体が値上がりしていけば急速に資産を増やすことができます。

このステーキング報酬には、売られにくくなる』という大きなメリットがあります。
長期で保有する人が増えると下値は安定しますので、大きな下落が起こりにくくなります。
そうなると価値が安定してくるので需要も高まり、更に価値のある通貨になっていきます。

今後の価格予測

今回は海外で予想されているカルダノエイダコインの今後の価格予想を紹介します。
以下に記載してある現在価格などの情報は、2018年3月3日時点での海外相場を元にしています。

カルダノエイダコインは昨年9月に発売されました。
それ以来、すでに約1500%の収益をもたらしています。
現在の時価総額は約180億ドルとなっており、トップ10の仮想通貨となります。

現在カルダノエイダコインは0.42ドル前後で取引されています。
1年後の価格予測は約2.5ドルです。これは1年間で約6倍の価格上昇を意味します。
5年後の価格予測は約10ドルです。

最近の仮想通貨全体の暴落により、カルダノエイダコインの価格も落ちましたが、投資家のほとんどは実際には仮想通貨に強い期待を抱いており、新しい高値をかなり早く拡大することができると考えています。また、ボリュームがインパルス性である可能性があるため、長期的にはさらに上昇する可能性があります。潜在的な可能性もかなり大きいです。

ただし、Cardanoに投資するときは、暗号化されていない暗号化方式ではないため、ボリュームの変化によって突然変動する可能性があることに注意してください。突然の変動の準備ができているのであれば、Cardanoは長時間保有する方が向いています。

カルダノエイダコインの長期予測は約10ドルですが、現時点でカルダノに投資するのは間違いありません。

Cardanoの背後にあるチームもかなり心強いです。彼らはオープンソース技術に基づいたブロックチェーン技術を構築しており、とても使いやすい仕様になっています。これはカルダノが秘めている可能性の主な理由の1つです。

(引用元:smartereum.com

Weiss Ratingsでも評価の高い仮想通貨

カルダノエイダコインは米投資格付け局である、Weiss Ratingsにも高い評価を受けています。
このことに関しては先週の記事で紹介していますのでこちらも一緒にどうぞ。

購入できる取引所は?

エイダを購入できる取引所は『bittrex』と『Binance』などです。
『bittrex』は、200種類以上の仮想通貨を扱っている海外の大手取引所で、手数料は0.25%です。
Binance』は、2017年7月に設立し一気に世界有数の取引所に成長した中国の取引所です。アルトコインの種類は100種類以上あり、手数料は0.1%です。

購入するための仮想通貨を持っていない方は、Zaif などで購入しておきましょう。
仮想通貨取引所 Zaif の画像仮想通貨取引所 Zaif はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

仮想通貨に魅了された海外の有名人たち

仮想通貨に魅了された海外の有名人たち

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

バイナンス:韓国向けの仮想通貨取引所「Binance KR」公開へ

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

BINANCE:独自ブロックチェーン・分散型取引所(DEX)のテストネット「2月20日」公開へ

BINANCE:独自ブロックチェーン・分散型取引所(DEX)のテストネット「2月20日」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月28日〜3月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月28日〜3月6日

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

大手金融顧問会社The Motley Fool「約5億円分のビットコイン投資」を予定

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

NEM Group:Symbol対応モバイル&デスクトップウォレット「最新版」リリース

NEM Group:Symbol対応モバイル&デスクトップウォレット「最新版」リリース

【Cardano/ADA】新機能を追加した「Daedalus 3.3.0」公開|残高の日本円表示も可能に

【Cardano/ADA】新機能を追加した「Daedalus 3.3.0」公開|残高の日本円表示も可能に

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年2月14日〜20日

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

コインチェック×ハッシュポート×慶應大「暗号資産研究プロジェクト」発足

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

イタリアの高級車メーカー「Mazzanti」STOでスーパーカー製造の資金調達

イタリアの高級車メーカー「Mazzanti」STOでスーパーカー製造の資金調達

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

日本暗号資産市場×スマートアプリ「日本円ステーブルコイン×NFT」の可能性拡大へ

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

【国内初】ビットバンク「バグバウンティプログラム(バグ報奨金制度)」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す