Huaweiがブロックチェーンの性能をテストするツールを発表

by BITTIMES   

Huaweiは、大手ブロックチェーンの性能をテストするために設計されたツール「Project Caliper」を発表しました。同社はLinux Foundationが主導するHyperledgerコンソーシアムに今年中に正式に提出できるよう準備を進めています。

Project Caliperと呼ばれるこのオープンソース技術は、既にHyperleger Fabric/Hylerledger Sawtooth/Hyperledger Irohaの分析をサポートしており、2018年末までにさらに追加される予定となっています。

HuaweiのエンジニアであるHaojun Zhou氏はProject Caliperは「技術の分析に重点を置いて開発者や企業が自らの技術に関するより自信のある決定を下すのを支援するツール」だと説明しています。

「ブロックチェーンが欠けていると思っており、開発するのを助けることができます。」

昨年5月に開始されたこのプロジェクトの目標は、Hyperledgerのパフォーマンスとスケーラビリティワーキンググループによって設定された標準に、既存のブロックチェーンをフレームワークに統合することによって簡単に比較できるようにすることです。

ベンチマークフレームワークの中核となるのは、Caliperがスマートコントラクトをインストールしたり、契約を呼び出したり、さまざまな分散元帳の状態を照会してその有効性を最もよく評価できるように情報を変換する「適応レイヤー」です。

project-caliper

制御された環境でサポートされているブロックチェーンをテストし、トランザクションの成功率、1秒あたりのトランザクション数、トランザクションが解決されるまでの時間、およびこれらのすべてのアクションに必要なCPUやメモリなどのリソースの消費を含む結果を生成します。

Zhou氏はこの結果がブロックチェーンビルダーのすべてに利益をもたらすと考えており、次のように語りました。

"Hyperledgerコミュニティに貢献して、他の関係者が他のHyperledgerプロジェクトと同じように簡単に参加できるようにする"

Huaweiは、IBMやIntelのような他の寄稿者によって策定された道筋に沿って他のブロックチェーンの特許を保護しています。

昨年の主要ブロックチェーンのリストを手作業で評価したAite Groupのレポートの著者Javier Paz氏は、企業がオープンソースプロジェクトでさえも欠陥を浮き彫りにするような精査を受けることになるだろうと懐疑的に考えており、次のようなコメントを残しています。

「さまざまな公共および民間チェーンの有効性と進歩を比較するために必要な作業は、ネットワークが関与し、重要な業績統計を共有するのが快適であるような手作業で苦労した努力にとどまるだろう」

最近Huaweiは、ほかの大手IT企業(Comcast/BT/Telefonica/T-Mobileなど)との間でも競争が起こっており、そのすべてがブロックチェーンにさまざまな形で関わっています。

Zhou氏は、Project CaliperがHuaweiの大きな戦略の一部であることを語っています。

"Huaweiは、もちろん他のブロックチェーンプロジェクトを開発しています。"

(引用元:Project Caliper Proposal

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

心電図・血糖値も測定可能|ブロックチェーン活用した「医療用IoTバンド」開発が進む

心電図・血糖値も測定可能|ブロックチェーン活用した「医療用IoTバンド」開発が進む

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月4日〜11月10日

仮想通貨ニュース週間まとめ|11月4日〜11月10日

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

一般個人向けの日本円建て前払式支払手段「JPYC(JPYCoin)」発行へ:日本暗号資産市場

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す