Huaweiがブロックチェーンの性能をテストするツールを発表

by BITTIMES   

Huaweiは、大手ブロックチェーンの性能をテストするために設計されたツール「Project Caliper」を発表しました。同社はLinux Foundationが主導するHyperledgerコンソーシアムに今年中に正式に提出できるよう準備を進めています。

Project Caliperと呼ばれるこのオープンソース技術は、既にHyperleger Fabric/Hylerledger Sawtooth/Hyperledger Irohaの分析をサポートしており、2018年末までにさらに追加される予定となっています。

HuaweiのエンジニアであるHaojun Zhou氏はProject Caliperは「技術の分析に重点を置いて開発者や企業が自らの技術に関するより自信のある決定を下すのを支援するツール」だと説明しています。

「ブロックチェーンが欠けていると思っており、開発するのを助けることができます。」

昨年5月に開始されたこのプロジェクトの目標は、Hyperledgerのパフォーマンスとスケーラビリティワーキンググループによって設定された標準に、既存のブロックチェーンをフレームワークに統合することによって簡単に比較できるようにすることです。

ベンチマークフレームワークの中核となるのは、Caliperがスマートコントラクトをインストールしたり、契約を呼び出したり、さまざまな分散元帳の状態を照会してその有効性を最もよく評価できるように情報を変換する「適応レイヤー」です。

project-caliper

制御された環境でサポートされているブロックチェーンをテストし、トランザクションの成功率、1秒あたりのトランザクション数、トランザクションが解決されるまでの時間、およびこれらのすべてのアクションに必要なCPUやメモリなどのリソースの消費を含む結果を生成します。

Zhou氏はこの結果がブロックチェーンビルダーのすべてに利益をもたらすと考えており、次のように語りました。

"Hyperledgerコミュニティに貢献して、他の関係者が他のHyperledgerプロジェクトと同じように簡単に参加できるようにする"

Huaweiは、IBMやIntelのような他の寄稿者によって策定された道筋に沿って他のブロックチェーンの特許を保護しています。

昨年の主要ブロックチェーンのリストを手作業で評価したAite Groupのレポートの著者Javier Paz氏は、企業がオープンソースプロジェクトでさえも欠陥を浮き彫りにするような精査を受けることになるだろうと懐疑的に考えており、次のようなコメントを残しています。

「さまざまな公共および民間チェーンの有効性と進歩を比較するために必要な作業は、ネットワークが関与し、重要な業績統計を共有するのが快適であるような手作業で苦労した努力にとどまるだろう」

最近Huaweiは、ほかの大手IT企業(Comcast/BT/Telefonica/T-Mobileなど)との間でも競争が起こっており、そのすべてがブロックチェーンにさまざまな形で関わっています。

Zhou氏は、Project CaliperがHuaweiの大きな戦略の一部であることを語っています。

"Huaweiは、もちろん他のブロックチェーンプロジェクトを開発しています。"

(引用元:Project Caliper Proposal

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

仮想通貨楽天コインをつくる構想を語った三木谷社長

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

Coincheckが「人気のブロックチェーンゲーム」とコラボ|プレゼント企画を実施

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

Square:音楽ストリーミングサービス「TIDAL」買収へ|NFT活用の可能性も?

Square:音楽ストリーミングサービス「TIDAL」買収へ|NFT活用の可能性も?

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

注目度の高い仮想通貨ニュース

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

Solanaブロックチェーンで「大規模なハッキング被害」複数ユーザーが資産流出報告

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

前澤友作氏「MZDAO」の初期メンバー募集開始|数時間で登録者数1万人超え

暗号資産取引所Bitgate「Himalaya Exchange Japan」としてリニューアル

暗号資産取引所Bitgate「Himalaya Exchange Japan」としてリニューアル

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

SBI VCトレード:ODL用いたXRP国際送金サービス向けシステムをリニューアル

NFTレンタルプラットフォーム「RentaFi」Polygon Studiosと協業へ

NFTレンタルプラットフォーム「RentaFi」Polygon Studiosと協業へ

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

暗号資産自動売買のQUOREA「ビットバンク」との接続が可能に

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

香港科技大学:メタバース上のデジタルツインキャンパス「MetaHKUST」設立へ

ネットマーブル:P2Eシューティングゲーム「GOLDEN BROS」正式リリース

ネットマーブル:P2Eシューティングゲーム「GOLDEN BROS」正式リリース

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

Bitgate「Himalaya Japan株式会社」に社名変更|暗号資産4銘柄の新規取扱いも予定

ファイルコイン財団「ハーバード大学・図書館ラボの分散型技術活用」を支援

ファイルコイン財団「ハーバード大学・図書館ラボの分散型技術活用」を支援

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月31日〜8月6日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年7月31日〜8月6日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す