Huaweiがブロックチェーンの性能をテストするツールを発表

by BITTIMES   

Huaweiは、大手ブロックチェーンの性能をテストするために設計されたツール「Project Caliper」を発表しました。同社はLinux Foundationが主導するHyperledgerコンソーシアムに今年中に正式に提出できるよう準備を進めています。

Project Caliperと呼ばれるこのオープンソース技術は、既にHyperleger Fabric/Hylerledger Sawtooth/Hyperledger Irohaの分析をサポートしており、2018年末までにさらに追加される予定となっています。

HuaweiのエンジニアであるHaojun Zhou氏はProject Caliperは「技術の分析に重点を置いて開発者や企業が自らの技術に関するより自信のある決定を下すのを支援するツール」だと説明しています。

「ブロックチェーンが欠けていると思っており、開発するのを助けることができます。」

昨年5月に開始されたこのプロジェクトの目標は、Hyperledgerのパフォーマンスとスケーラビリティワーキンググループによって設定された標準に、既存のブロックチェーンをフレームワークに統合することによって簡単に比較できるようにすることです。

ベンチマークフレームワークの中核となるのは、Caliperがスマートコントラクトをインストールしたり、契約を呼び出したり、さまざまな分散元帳の状態を照会してその有効性を最もよく評価できるように情報を変換する「適応レイヤー」です。

project-caliper

制御された環境でサポートされているブロックチェーンをテストし、トランザクションの成功率、1秒あたりのトランザクション数、トランザクションが解決されるまでの時間、およびこれらのすべてのアクションに必要なCPUやメモリなどのリソースの消費を含む結果を生成します。

Zhou氏はこの結果がブロックチェーンビルダーのすべてに利益をもたらすと考えており、次のように語りました。

"Hyperledgerコミュニティに貢献して、他の関係者が他のHyperledgerプロジェクトと同じように簡単に参加できるようにする"

Huaweiは、IBMやIntelのような他の寄稿者によって策定された道筋に沿って他のブロックチェーンの特許を保護しています。

昨年の主要ブロックチェーンのリストを手作業で評価したAite Groupのレポートの著者Javier Paz氏は、企業がオープンソースプロジェクトでさえも欠陥を浮き彫りにするような精査を受けることになるだろうと懐疑的に考えており、次のようなコメントを残しています。

「さまざまな公共および民間チェーンの有効性と進歩を比較するために必要な作業は、ネットワークが関与し、重要な業績統計を共有するのが快適であるような手作業で苦労した努力にとどまるだろう」

最近Huaweiは、ほかの大手IT企業(Comcast/BT/Telefonica/T-Mobileなど)との間でも競争が起こっており、そのすべてがブロックチェーンにさまざまな形で関わっています。

Zhou氏は、Project CaliperがHuaweiの大きな戦略の一部であることを語っています。

"Huaweiは、もちろん他のブロックチェーンプロジェクトを開発しています。"

(引用元:Project Caliper Proposal

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

遺産相続手続き迅速化へ、ブロックチェーン実証実験を開始|三井住友信託など14社

遺産相続手続き迅速化へ、ブロックチェーン実証実験を開始|三井住友信託など14社

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

新作NFTカードゲーム「マイクリプトサーガ」オフィシャルサービス開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設・入金・取引キャンペーン」開始

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

OKCoinJapan:OKB上場記念「2つのキャンペーン」を同時開催

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す