ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

by BITTIMES   

カリフォルニアの新興企業であるLightning Labs(ライトニングラボ)は、ベータ版のソフトウェア「LND」を発表しました。ユーザーはブロックチェーン上でトランザクションを解決することなく、LNDを利用してビットコインとライトコインを他のユーザーに送信できるようになりました。

このソフトウェアは、暗号化トランザクションをより迅速かつ安価にすることを目指す統合ネットワークを形成しようとする方法の1つであり、インターネット・オブ・プレイス(Payment of Internet)や繰返し請求などの新しい種類のアプリケーションに効果的です。

Lightningプロトコルはビットコイン(BTC)と同じように個人や会社で管理されていません。これは一連の互換性のあるテクノロジーです。
Bitcoinを中心としたスタートアップBlockstreamは、1月にLightningプロトコル仕様の候補バージョン1.0をリリースしました。
ACINQは、ビットコインで動作する、まだ予測できないライブのベータソフトウェアを提供しています。

Lightning Labsソフトウェアは、これまでの中で最も成熟したソフトウェアであると考えられています。

Lightning Labsは、TwitterのCEOであるJack Dorsey氏/Square CapitalのJacqueline Reses氏/ライトコイン(LTC)の創設者Charlie Lee氏/元PayPalのCOOであるDavid Sacks氏などの投資家から250万ドル(約2億6,500万円)を調達したとのことです。

Sacks氏はBitcoinの歴史の中でベータ版が重要な瞬間となっていると考えているこのことで、海外の大手仮想通貨メディアCoinDeskに対して次のように語っています。

"LightningはBitcoin上で構築される最も重要なプロトコルであり、Lightning Labsはそのプロトコルの開発者として最高のものです。"

ブロック・チェーンのセキュリティ会社BitGoのCTOであるベン・ダベンポート氏は次のように語っています。

"これは、コミュニティ全体が焦点を当て、2年後のよりよいところに向けて取り組んでいることです。これは、Lightning Labsだけでなく、多くの人々の多くの作業の集大成です。ビットコイン用のスケーリングソリューションの一部、おそらく他のデジタル通貨も同様です。"

ライトニング・ラボの最高経営責任者(CEO)であるElizabeth Stark氏が、ライトニングをテストしたベルリンの地方分権化サミットで聴衆に尋ねたところ、LNDだけで約1,800人のユーザが存在しており、数十種類のアプリを構築しているとのことです。

ただし、このベータ版でも注意して使用する必要があります。
Stark氏のチームはいくつかの安全対策を講じており、人々が送信できる仮想通貨の量を、約1,400ドル相当、または1回の支払いにつき約400ドルに制限しています。リリースの対象となる人口統計は、完全なノードを実行してLNDのコマンドラインインターフェイスを使用できる開発者と上級ユーザーです。

`

Stark氏はユーザー対して、あくまでも余剰資金内で投資するように警告した上で次のように説明しています。

"このベータ版の前には、ウォレットシードバックアップなどの以前はなかった機能があるため、メインのビットコインネットワークでの使用を推奨していませんでした。新しくバグ修正と安定性の向上させる機能も含まれています。"

このようにStark氏は、技術を持つ人々がLightning Labsのフリーソフトウェアをより速く安価に追加するために、独自のBitcoinまたはLitecoinノードをホストすることを期待しています。すでにBitcoinメインネット上にLightningソフトウェアを実行している約1,000のノードが既に存在しています。このプロジェクトの投資家は今回のリリースで、その数がさらに増加すると考えています。

長年にわたるライトニングの擁護者でもあるライトコイン創設者のLee氏は、ブロックチェーンをまたいで発生するトランザクションを含め、更に多くの実験がソフトウェアで可能になることを希望しました。

"現実世界でLightning Networkが使用されているのは素晴らしいことです。ビットコインとリテコインの間の原子鎖交換をすぐにできるようになりました。"

(引用元:Coindesk/Lightning Labs公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

ブロックチェーンで「ペット業界」に新たなコミュニティを|スイス企業がアプリ開発

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

ビットコイン成長の鍵「ライトニングネットワーク」公開から1年で容量1,000BTCを達成

ビットコイン成長の鍵「ライトニングネットワーク」公開から1年で容量1,000BTCを達成

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月9日〜15日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月9日〜15日

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

Telegram「TONブロックチェーン」の公開テスト明日開始か|イーサリアムとの互換性も

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

アメリカ空軍(USAF)ブロックチェーン企業「Constellation Network」と提携

Libraの通貨バスケット「日本円など5銘柄」で構成か|内容と比率が明らかに

Libraの通貨バスケット「日本円など5銘柄」で構成か|内容と比率が明らかに

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

TronTV公開、動画・広告視聴で「仮想通貨がもらえる」ストリーミングプラットフォーム

TronTV公開、動画・広告視聴で「仮想通貨がもらえる」ストリーミングプラットフォーム

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめNEW

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す