ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

by BITTIMES   

カリフォルニアの新興企業であるLightning Labs(ライトニングラボ)は、ベータ版のソフトウェア「LND」を発表しました。ユーザーはブロックチェーン上でトランザクションを解決することなく、LNDを利用してビットコインとライトコインを他のユーザーに送信できるようになりました。

このソフトウェアは、暗号化トランザクションをより迅速かつ安価にすることを目指す統合ネットワークを形成しようとする方法の1つであり、インターネット・オブ・プレイス(Payment of Internet)や繰返し請求などの新しい種類のアプリケーションに効果的です。

Lightningプロトコルはビットコイン(BTC)と同じように個人や会社で管理されていません。これは一連の互換性のあるテクノロジーです。
Bitcoinを中心としたスタートアップBlockstreamは、1月にLightningプロトコル仕様の候補バージョン1.0をリリースしました。
ACINQは、ビットコインで動作する、まだ予測できないライブのベータソフトウェアを提供しています。

Lightning Labsソフトウェアは、これまでの中で最も成熟したソフトウェアであると考えられています。

Lightning Labsは、TwitterのCEOであるJack Dorsey氏/Square CapitalのJacqueline Reses氏/ライトコイン(LTC)の創設者Charlie Lee氏/元PayPalのCOOであるDavid Sacks氏などの投資家から250万ドル(約2億6,500万円)を調達したとのことです。

Sacks氏はBitcoinの歴史の中でベータ版が重要な瞬間となっていると考えているこのことで、海外の大手仮想通貨メディアCoinDeskに対して次のように語っています。

"LightningはBitcoin上で構築される最も重要なプロトコルであり、Lightning Labsはそのプロトコルの開発者として最高のものです。"

ブロック・チェーンのセキュリティ会社BitGoのCTOであるベン・ダベンポート氏は次のように語っています。

"これは、コミュニティ全体が焦点を当て、2年後のよりよいところに向けて取り組んでいることです。これは、Lightning Labsだけでなく、多くの人々の多くの作業の集大成です。ビットコイン用のスケーリングソリューションの一部、おそらく他のデジタル通貨も同様です。"

ライトニング・ラボの最高経営責任者(CEO)であるElizabeth Stark氏が、ライトニングをテストしたベルリンの地方分権化サミットで聴衆に尋ねたところ、LNDだけで約1,800人のユーザが存在しており、数十種類のアプリを構築しているとのことです。

ただし、このベータ版でも注意して使用する必要があります。
Stark氏のチームはいくつかの安全対策を講じており、人々が送信できる仮想通貨の量を、約1,400ドル相当、または1回の支払いにつき約400ドルに制限しています。リリースの対象となる人口統計は、完全なノードを実行してLNDのコマンドラインインターフェイスを使用できる開発者と上級ユーザーです。

`

Stark氏はユーザー対して、あくまでも余剰資金内で投資するように警告した上で次のように説明しています。

"このベータ版の前には、ウォレットシードバックアップなどの以前はなかった機能があるため、メインのビットコインネットワークでの使用を推奨していませんでした。新しくバグ修正と安定性の向上させる機能も含まれています。"

このようにStark氏は、技術を持つ人々がLightning Labsのフリーソフトウェアをより速く安価に追加するために、独自のBitcoinまたはLitecoinノードをホストすることを期待しています。すでにBitcoinメインネット上にLightningソフトウェアを実行している約1,000のノードが既に存在しています。このプロジェクトの投資家は今回のリリースで、その数がさらに増加すると考えています。

長年にわたるライトニングの擁護者でもあるライトコイン創設者のLee氏は、ブロックチェーンをまたいで発生するトランザクションを含め、更に多くの実験がソフトウェアで可能になることを希望しました。

"現実世界でLightning Networkが使用されているのは素晴らしいことです。ビットコインとリテコインの間の原子鎖交換をすぐにできるようになりました。"

(引用元:Coindesk/Lightning Labs公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

リップルのCEOがビットコインを攻撃する理由

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

リップル(Ripple)音楽業界の変革を目指す「スタートアップ企業」を支援

リップル(Ripple)音楽業界の変革を目指す「スタートアップ企業」を支援

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

ブロックチェーンは国家安全保障「最大の脅威」CIA元諜報員が非常に強力な技術と見解

総合格闘技団体「UFC」のブロックチェーングッズ発行へ:Dapper Labs

総合格闘技団体「UFC」のブロックチェーングッズ発行へ:Dapper Labs

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

著名歌手AKONの仮想通貨Akoin:暗号資産取引所「Bittrex Global」上場へ

著名歌手AKONの仮想通貨Akoin:暗号資産取引所「Bittrex Global」上場へ

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す