世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

by BITTIMES   

SBIホールディングスとGMOインターネットがアメリカ・テキサス州で仮想通貨のマイニング(採掘)を開始しようとしていることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。両社は「Northern Bitcoin AG」が昨年11月に合併を発表した「Whinstone Inc.」と協力してマイニングを行うと報じられています。
2020年6月追記:仮想通貨の呼称は2020年5月に「暗号資産」へと変更されました。記事内に記載されている「仮想通貨取引所・仮想通貨」などの表現は2020年5月以前の表現であり、現在は全て「暗号資産」へと変更されています。

こちらから読む:ジョン・マカフィー、1億円予想を撤回「仮想通貨」関連ニュース

今後数カ月以内に「仮想通貨マイニング開始」の可能性

SBIホールディングスとGMOインターネットが提携を結んだと伝えられている「Northern Bitcoin AG(ノーザン・ビットコインAG)」は有名なビットコインマイニング企業であり、昨年11月に競合他社である「Whinstone Inc.」と合併したことを発表していました。

「Northern Bitcoin AG」は当時の発表で"サッカー場約57個分に相当する広さを誇る土地で地元の建設企業と共に「北米最大のデータセンター」と「1ギガワットの容量を持つ世界最大のビットコインマイニング施設」建設に向けた3段階のプロジェクトに取り組んでいる"ということを明らかにしていましたが、「Bloomberg」の報道によると「SBIホールディングス」と「GMOインターネット」は今後数カ月以内に「Whinstone Inc.」の施設で仮想通貨マイニングを行うことで合意したと伝えらえています。

報道によると、事情に詳しい関係者は「SBI CryptoとGMOにマイニング施設の容量を貸し出すことによって、Northern Bitcoinはさらに大規模な投資家を招くことができる可能性がある」と語っているとされていますが、「Northern Bitcoin・GMO・SBIの広報担当者はコメントを控えた」とも報じられています。

テキサス州はエネルギーが安値なことでも知られており、再生可能エネルギー特に風力が豊富であるため、仮想通貨マイニングにも適した環境となっており、「Northern Bitcoin AG」と「Whinstone US」が立ち上げているマイニング施設は2020年第1四半期時点で「300メガワット」、2020年第4四半期には「1ギガワット」まで拡張される予定だと伝えられています。

これはマイニング大手「BITMAIN(ビットメイン)」が運営しているマイニング施設の3倍以上の容量でもあるため、その規模がどれだけ大きいかがわかります。SBIとGMOがこのマイニング施設に参加することになれば、BITMAINの施設をはるかに凌ぐ"世界最大のマイニングセンター"なることは間違いないと考えられます。

SBIとGMOは低コストで仮想通貨を採掘する体制を構築することによって、機関投資家などの需要を狙うとみられています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

沖縄県首里城火災の復旧支援「ビットコイン・XRPの寄付」受付開始:Huobi Japan

c0ban取引所:仮想通貨「RYO」がもらえる新規口座開設キャンペーン開催へ

c0ban取引所:仮想通貨「RYO」がもらえる新規口座開設キャンペーン開催へ

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

半導体大手AMD:ブロックチェーンゲーム業界団体「Blockchain Game Alliance」に参加

半導体大手AMD:ブロックチェーンゲーム業界団体「Blockchain Game Alliance」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す