企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

by BITTIMES

世界170カ国で利用されている人気仮想通貨ウォレットの開発企業「BRD」は、2020年1月17日に銀行や金融機関・コンサルタント会社などの企業が低コストで簡単にブロックチェーンを導入できるようにするための法人向けブロックチェーンサービス「Blockset(ブロックセット)」を発表しました。

こちらから読む:高級時計メーカー、BC保証書を導入「ブロックチェーン」関連ニュース

企業のブロックチェーン導入を「簡単かつ低コストに」

BRDは、Ripple(リップル)SBIホールディングスなどからも出資を受けているグローバル企業であり、日本を含めた世界170カ国で利用されている仮想通貨ウォレット「BRD」を展開しています。

今回の発表では、同社が"企業向けブロックチェーン市場"に参入し、企業や金融機関のブロックチェーン開発を促進するための新しいブロックチェーンサービス「Blockset(ブロックセット)」を立ち上げたことが発表されています。

Blockset(ブロックセット)は、銀行・金融サービス機関・コンサルタント会社など向けに提供される「堅牢なブロックチェーンデータ統合プラットフォーム」であり、企業が低コストかつ簡単に様々なブロックチェーンを活用するためのツールを提供すると説明されています。

BRDのCEO兼共同設立者であるAdam Traidman氏はプレスリリースで次のように述べています。

BRDの消費者ビジネスは現在、世界300万人以上の顧客をサポートしており、60億ドル相当の仮想通貨を安全に保護しています。金融業界では暗号資産が急速にサポートされ始めており、主要銀行の90%が仮想通貨を検討しているため、エンタープライズ向けブロックチェーン関連のイニシアチブが静かに盛り上がっていることは明らかです。

これが独自のプラットフォーム(Blockset)を開発した理由です。これにより銀行・金融サービス・大規模な仮想通貨企業は、市場に製品を投入までの時間やコストを削減し、グローバルにエンタープライズソリューションを提供できるようになります。

2020年末には主要仮想通貨をサポート

Blockset(ブロックセット)は現在、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
のみをサポートしていますが、第1四半期末までには、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
・ヘデラ(Hedera/HBAR)
をサポートし、2020年末までには上位15位の仮想通貨・ブロックチェーンもサポートされる予定だと伝えられています。

このサービスは現時点でも「SBIホールディングス・PayPal・KPMG・Xpring」などを含めた20以上の金融機関に評価されており、今後数カ月間で大企業での採用を促進すると説明されています。

Blocksetは既に世界中で利用できるようになっており、公式サイトも公開されているため、より詳しい情報を知りたい方は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Blockset」の公式サイトはこちら
>>「BRD」のプレスリリースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

ステラ(Stellar/XLM)が「Samsung Galaxyスマートフォン」で利用可能に

ステラ(Stellar/XLM)が「Samsung Galaxyスマートフォン」で利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す