Cardano創設者「Shelleyメインネット」などの進捗を報告|京都でイベントも予定

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の技術開発を行っている「IOHK」のCEOであるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は2020年2月3日に行われたライブ動画配信の中で「"Shelley(シェリー)"のメインネット公開時期を2月末頃には発表できると考えていること」を明らかにしました。同氏はメインネット公開を記念して"京都"でパーティーを行う予定であることも明らかにしています。

こちらから読む:BINANCE、ADA先物の提供開始「Cardano/ADA」関連ニュース

Shelleyメインネット公開日「2月末に発表予定」

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、2020年2月3日に行われたライブ配信の中でCardanoプロジェクトの進捗と今後の予定について語り、
新しい「Daedalus-ITNウォレット」の更新が来週予定されていること
OBFTハードフォークが"暫定的に"2月20日に予定されていること
Shelleyメインネットのリリース日を2月末頃に発表できること
Shelleyメインネット公開を記念して京都でパーティーを行うこと
Shelley-Haskellテストネットが3月〜4月に予定されていること
Cardanoドキュメントがメインネットの前に更新されること
などを明らかにしました。

カルダノが採用しているコンセンサスアルゴリズム「Ouroboros(ウロボロス)」のアップグレードとなる"OBFTハードフォーク"は、当初の予定では2020年2月14日に実施される予定となっていましたが、今回の発表では特定のパートナーの意思を考慮して2月20日に変更されたことが説明されています。ただし、ホスキンソン氏はこの日付に関しても"暫定的なもの"であることを強調しています。

すでにテストネットが稼働しているShelley(シェリー)に関しては「メインネットの"公開予定日"を2月末頃に発表できると考えていること」が明らかにされています。またホスキンソン氏は、Shelleyメインネット公開を記念して"京都"でパーティーを行う予定であることも明らかにしています。

Shelleyの「Haskellテストネット」に関しては「3月〜4月頃に予定されている」と伝えられていますが、正確には4月頃になる可能性が高いとのことです。

現在一部のADA保有者が参加している「Shelleyテストネット」では、保有しているADAを委任することによって一定数の報酬を得ることができるステーキングの仕組みが採用されているため、非常に多くのADA保有者がテストに参加していることが報告されています。

「Shelleyのメインネット」が稼働すればステーキングに参加する人もさらに増えることになると予想されるため、コミュニティがさらに活発化し、Cardanoネットワークもより強固で分権化されたものになっていくと期待されます。

2020年2月5日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先月3日頃から順調に回復し続けており、2020年2月5日時点では「1ADA=6.24円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月7日〜2020年2月5日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月7日〜2020年2月5日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

インドの巨大市場で50%のシェア獲得見込み|リップル(Ripple/XPR)

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

BTCやXRPなど5銘柄|イギリスの仮想通貨取引所が「永久先物取引」を開始

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

マネーグラム:Stellar・USDC活用した送金サービス「Crypto-to-Cash」提供開始

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

SBI VCトレード:新VCTRADEの「取引所サービス」プレオープン

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

Instagram:SparkAR用いた「ストーリーズでのNFTテスト」実施へ

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

OKCoinJapan:最大1万IOSTが当たる「アプリリリース記念キャンペーン」開始

Cardano「テストネットでのVasilハードフォーク」に成功|大型アップグレードに前進

Cardano「テストネットでのVasilハードフォーク」に成功|大型アップグレードに前進

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す