ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

by BITTIMES

欧州中央銀行と日本銀行は、分散型台帳技術(DLT)は、未接続元帳の間で「クロスチェーンアトミックスワップ」などの新たな証券決済の仕組みを、生成できると主張する共同報告書を発表しています。

52ページのレポートは、「有価証券決済システム:配賦元帳環境における配達対支払」と題されています。

2016年12月に開始された銀行のDLT調査プロジェクトである「Project Stella」は、DLTのユーザビリティに関する広範な議論に参加するように設計されました。銀行のプロジェクトのこの部分は、現金と比較して有価証券の払い出しと、それがDLT環境でどのように運用できるかを調べました。

この新しいレポートは、証券決済の「デリバティブと決済(DvP)」の方法を扱っています。DvPでは、ある資産の移転は、他の資産が移転する場合にのみ実行されます。二重転送は「アトミック」と呼ばれます。

プロジェクト研究者は、Corda/Elements/Hyperledger Fabricプラットフォームに基づいてプロトタイプを作成しました。研究者は、DvPがDLTシステムで、現金と証券を別々の台帳と1つの台帳で実行できることを発見しました。

実験と概念分析では、国際的なDvPが個々の元帳を結ぶリンクなしに発生することが示されています。このシナリオは現在の方法では発生しません。

報告書は次のように指摘しています。

"国際間のDvPシステムは、決済に操作上の問題をもたらす可能性がある"

"接続されていない台帳間のDvP交換は、買い手と売り手の間にいくつかの相互作用を必要とする"

システムはまた、流動性が一時的にブロックされることを要求する取引のスピードに影響を与える可能性があります。システム内での同期の欠如は、トランザクションの1つのカウンターパーティがプロセスのすべてのステップを完了できなかった場合、参加者に主要なリスクを与えることになります。

昨年9月のこのプロジェクトに関する報告書によると、技術は既存の決済システムを置き換える準備ができていないと指摘しています。

(引用元:CCN.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号通貨とAmazon

暗号通貨とAmazon

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アリババ(Alibaba)の子会社がブロックチェーン技術を導入

アリババ(Alibaba)の子会社がブロックチェーン技術を導入

IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

IBMのブロックチェーンを使用する企業は400を超える

IBMのブロックチェーンを使用する企業は400を超える

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す