ブロックチェーンゲームの始め方|必要なものなどを「初心者向け」にわかりやすく解説

by BITTIMES   

仮想通貨ブロックチェーン技術を活用した新しいゲームとして注目されているブロックチェーンゲーム(DApps)の「始め方」や「始めるために必要なもの」について、初心者向けにわかりやすく解説します。1から準備する場合にはやや時間がかかりますが、一度準備を完了すれば世界中でリリースされている様々なゲームを簡単に利用することができるようになるため、興味のある方は参考にされてみてください。

こちらから読む:ディセントラランド、待望の一般公開「ゲーム」関連ニュース

ブロックチェーンゲームに必要なもの

Game

ブロックチェーンゲームを始めるためには、「イーサリアム(ETH)などのようなゲーム内で使用する仮想通貨」と「MetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレット」が必要になります。

最近では仮想通貨やウォレットなどを持っていないなくてもプレイすることができるブロックチェーンゲームが登場してきていますが、"ゲーム内で獲得したアイテムを資産として保有・交換できる"というブロックチェーンゲームの特徴を活かしながらゲームを楽しむためには仮想通貨やウォレットが必要になるため、あらかじめ準備しておく方が良いと考えられます。

イーサリアム(ETH)などの「仮想通貨」

Ethereum

イーサリアム(ETH)などの仮想通貨は、ゲーム内でアイテムを購入したり、月額制の会員費用を支払う際などに使用します。これらの仮想通貨は仮想通貨取引所などで購入することができますが、ゲーム会社によってはアプリ公開に合わせて「仮想通貨が無料でもらえるキャンペーン」なども開催しているため、タイミングが良ければ無料で仮想通貨を入手することも可能です。

ゲーム内で使用する仮想通貨は「そのゲームがどの仮想通貨を採用しているか」によりますが、日本国内でプレイされている一般的なブロックチェーンゲームは基本的にイーサリアムをゲーム内通貨として採用しています。

ブロックチェーンゲームで広く採用されているその他の仮想通貨としては「トロン(Tron/TRX)」や「イオス(Eos/EOS)」などがありますが、これらの仮想通貨は2020年2月時点では日本の仮想通貨取引所で取り扱われていないため、購入するためには海外取引所を利用する必要があります。

ETHは国内取引所でも取り扱われているため、初めてブロックチェーンゲームをプレイする場合はイーサリアム関連のゲームを選ぶのが良いでしょう。

MetaMask(メタマスク)などの「仮想通貨ウォレット」

METAMASK

仮想通貨ウォレット(財布)はブロックチェーンゲームで「アカウント」のような役割を果たします。基本的にブロックチェーンゲームではゲームを始める前に"ウォレットへのアクセスを許可すること"が求められるため、ゲーム開始前にはウォレットを準備するようにしましょう。

一度アクセスを許可したウォレットアドレスは1つのアカウントとして登録されるため、2回目以降に同じウォレットでゲームにアクセスした場合には、以前のデータが引き継がれた状態でゲームをプレイすることができます。

なお、仮想通貨取引所のウォレットはブロックチェーンゲームには対応していないため、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入した場合でも、ブロックチェーンゲームを始めるためには「取引所のウォレット」から「個人でダウンロードした仮想通貨ウォレット」へと仮想通貨を移動する必要があります。

ブロックチェーンゲームで利用することができるウォレットは複数存在しており、利用する仮想通貨によって違いがありますが、イーサリアム関連のブロックチェーンゲームでは「MetaMask(メタマスク)」というウォレットが広く利用されています。MetaMaskは「Google Chromeの拡張機能」として提供されているほか「iOS・Android版アプリ」もリリースされています。

「Google Chrome」や「専用アプリ」でゲームに参加

仮想通貨とウォレットの準備ができたら「Google Chrome」などを通じて遊んでみたいブロックチェーンゲームの公式サイトにアクセスし、「ゲームを始める」などのボタンを選択することによってゲームをスタートすることができます。

「Google Chrome」を使用してWebサイトでゲームにアクセスした場合には「MetaMask」の画面が起動して、ウォレットへのアクセスを許可するように求められるため「署名・承認」を選択しましょう。

スマートフォンでブロックチェーンゲームをプレイする場合は「各種専用アプリ」をダウンロードしたり、「WEB3.0対応ブラウザ」を通じて公式サイトにアクセスすることによって、ゲームをプレイすることができます。「WEB3.0対応ブラウザ」とは仮想通貨ウォレット機能を搭載しているブラウザのことであり、「Operaブラウザ」などのアプリが存在します。

専用アプリを使えば「前準備なし」でプレイ可能に

仮想通貨を保有していない人が1から準備する場合には、仮想通貨とウォレットの準備にやや手間がかかりますが、
・仮想通貨取引所の登録
・仮想通貨の購入
・ウォレットのダウンロード
・ウォレットへの仮想通貨移動
までの手順を一度完了すれば、その後は様々なブロックチェーンゲームを気軽にプレイすることができるようになります。

最近では「ウォレット機能を搭載したブロックチェーンゲームアプリ」なども公開されているため、このようなアプリを利用すれば仮想通貨ウォレットなどの準備をせずに、アプリをダウンロードするだけでゲームをプレイすることができます。

特定のゲームをとりあえず遊んでみたいという場合は「ウォレット機能搭載アプリ」を利用し、将来的に様々なゲームや分散型アプリケーション(DApps)を利用したいという場合は「MetaMaskなどのウォレット」を作成すると良いでしょう。

>>「MetaMask」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

コロナパンデミックで仮想通貨へ資金流入した要因

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

Ubisoft:イーサリアム基盤の収集アイテム「Rabbids Token」リリース

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

詐欺集団PlusToken:イーサリアム「115億円相当」を送金|ETH価格は一時下落

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ディーカレット:国内初「オントロジー(Ontology/ONT)」取扱いへ

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す