TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

by BITTIMES

トロン財団(TRON Foundation)は2020年4月4日に、TRONベースのステーブルコイン貸出(レンディング)プラットフォームのテストが完了したことを報告し、このプラットフォームが「JUST」と呼ばれる名称で正式にリリースされることを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨対応プリペイドカードでTRXが利用可能に「Tron」関連ニュース

TRONの「分散型金融」展開に向けて

トロン財団(TRON Foundation)は2020年4月4日の発表で、以前まで「Djed」と呼ばれていたステーブルコイン貸出プラットフォームのテストを完了したことを報告し、2020年4月4日11時30分(日本時間)に新しく「JUST」という名称でメインネットを立ち上げることを発表しました。

「JUST」はTRONのスマートコンラクトを用いて米ドル(USD)の価格に基づいたステーブルコインを発行するシステムであり、発行されるステーブルコインは「USDJ」と呼ばれています。「USDJ」はその他のステーブルコインと同様に、通貨の価格が米ドルの価格と同じになるように設計されているため、安定した価格を維持することができるようになっています。

Tron財団は「JUST」のメインネット立ち上げは、"Tronの分散型金融(DiFi)に向けた新しい旅の始まり"だと述べており、「USDJ」はTRONのDiFiエコシステムに不可欠な存在となると語っています。

「JUST」のプラットフォームを支える「JUSTFoundation(JUST財団)」のチームメンバーは、その半数が「Alibaba・Tencent・IBM」などといった大手企業の出身者であり、設計と開発のベテランであるとされています。JUST財団の代表者はTRONのパブリックチェーン上でプロジェクトを構築する理由として、以下のような4つの項目を挙げています。

【大規模】
・TRONのDAppsは3番目に大きいユーザー基盤を有しており、大きな可能性を秘めている
【高い普及率】
・仮想通貨TRXは非常に多くの仮想通貨取引所に上場しており、TRC10/20トークンの取引も可能
【価格の安定性】
・TRXは仮想通貨の時価総額ランキングで上位20位を維持し続けている
【使いやすさ】
・TRONネットワークは誰でも利用することができるため、誰もが独自の仮想通貨ウォレットを作成してトークンを利用することができる。

「JUST」の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「JUST」の公式サイトはこちら
>>「TRON財団」の公式発表はこちら

2020年4月5日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先月13日に0.8円付近まで下落したものの、現在はやや回復しており、2020年4月5日時点では「1TRX=1.30円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月25日〜2020年3月26日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月25日〜2020年3月26日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

「我々は顧客データを収集しない」FATF、仮想通貨版SWIFTの一部報道を否定

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」3月15日からサービス開始:株式会社マーキュリー

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す