TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

by BITTIMES

トロン財団(TRON Foundation)は2020年4月4日に、TRONベースのステーブルコイン貸出(レンディング)プラットフォームのテストが完了したことを報告し、このプラットフォームが「JUST」と呼ばれる名称で正式にリリースされることを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨対応プリペイドカードでTRXが利用可能に「Tron」関連ニュース

TRONの「分散型金融」展開に向けて

トロン財団(TRON Foundation)は2020年4月4日の発表で、以前まで「Djed」と呼ばれていたステーブルコイン貸出プラットフォームのテストを完了したことを報告し、2020年4月4日11時30分(日本時間)に新しく「JUST」という名称でメインネットを立ち上げることを発表しました。

「JUST」はTRONのスマートコンラクトを用いて米ドル(USD)の価格に基づいたステーブルコインを発行するシステムであり、発行されるステーブルコインは「USDJ」と呼ばれています。「USDJ」はその他のステーブルコインと同様に、通貨の価格が米ドルの価格と同じになるように設計されているため、安定した価格を維持することができるようになっています。

Tron財団は「JUST」のメインネット立ち上げは、"Tronの分散型金融(DiFi)に向けた新しい旅の始まり"だと述べており、「USDJ」はTRONのDiFiエコシステムに不可欠な存在となると語っています。

「JUST」のプラットフォームを支える「JUSTFoundation(JUST財団)」のチームメンバーは、その半数が「Alibaba・Tencent・IBM」などといった大手企業の出身者であり、設計と開発のベテランであるとされています。JUST財団の代表者はTRONのパブリックチェーン上でプロジェクトを構築する理由として、以下のような4つの項目を挙げています。

【大規模】
・TRONのDAppsは3番目に大きいユーザー基盤を有しており、大きな可能性を秘めている
【高い普及率】
・仮想通貨TRXは非常に多くの仮想通貨取引所に上場しており、TRC10/20トークンの取引も可能
【価格の安定性】
・TRXは仮想通貨の時価総額ランキングで上位20位を維持し続けている
【使いやすさ】
・TRONネットワークは誰でも利用することができるため、誰もが独自の仮想通貨ウォレットを作成してトークンを利用することができる。

「JUST」の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「JUST」の公式サイトはこちら
>>「TRON財団」の公式発表はこちら

2020年4月5日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先月13日に0.8円付近まで下落したものの、現在はやや回復しており、2020年4月5日時点では「1TRX=1.30円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月25日〜2020年3月26日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月25日〜2020年3月26日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

仮想通貨都市「AKONCITY」の詳細情報が明らかに|7つの主要地区で構成

ジャスミー:5,000JMYもらえる「プラチナデータ幸福発見プロジェクト」Phase1参加者を募集

ジャスミー:5,000JMYもらえる「プラチナデータ幸福発見プロジェクト」Phase1参加者を募集

GREE(グリー)ブロックチェーンゲーム開発に向け「Web3事業」に参入

GREE(グリー)ブロックチェーンゲーム開発に向け「Web3事業」に参入

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

中国はWeChatの仮想通貨取引所アカウントをブロックしている

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

BINANCE:Tron(TRX)保有者などに対する「APENFTエアドロップ第1弾」を完了

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

Bitget取引所「日本初のオフラインパーティー」開催|業界の著名KOLやトレーダーが集結

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

トルコ金融犯罪調査委員会「FTX関連の資産差し押さえ」を発表

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

PayPal:暗号資産関連サービスを「ルクセンブルク」に拡大|教育コンテンツも提供

PayPal:暗号資産関連サービスを「ルクセンブルク」に拡大|教育コンテンツも提供

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す