ビットコインの「半減期」とは?価格への影響・重要ポイントなどを初心者向けに解説

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想やニュースなどで"重要イベント"として頻繁に取り上げられる「半減期(Halving)」について、基本的な情報から価格への影響、注意すべきポイントなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

ビットコインの「半減期」とは?

Bitcoin

ビットコイン(BTC)の半減期(Halving)とは、ビットコインのマイニング(採掘)によって得ることができる報酬額が半減するタイミングのことを指します。ビットコインは新しいブロックを"21万ブロック"生成するごと(およそ4年周期)に半減期を迎えるように設計されているため、マイニングによって得られる報酬額もこの周期で半減しています。

BTCマイニングによって得られる報酬は「BTC」で支払われることになっており、この報酬が支払われることによって市場に流通するBTCが増加していく仕組みとなっているため、マイニング報酬が半分になると毎日の新規BTC発行量も減少することになります。

通貨の「総発行枚数」や「発行量」に制限がかけられておらず大量の通貨が発行された場合には、需要と供給のバランスが乱れて"通貨そのものの価値"が下落する可能性がありますが、ビットコインは総発行枚数をあらかじめ「2,100万BTC」に設定し、半減期で新規発行量を抑制することによってそのような"インフレ"の可能性を最小限に抑え、価格の安定化を図っています。

半減期の目的

Mining

半減期の目的としては「コインの新規発行量を減らすことによって希少性を高めること」や「インフレの発生を抑制して価格の安定化を図ること」などが挙げられます。

"市場で求められている数以上の通貨を発行した場合にはその通貨の価値が下落してしまう可能性がある"ということは先述しましたが、ビットコインには流通量などを管理する「中央銀行」などが存在しないため、あらかじめ「総発行枚数」と「新規発行量」をうまく設定しておくことが特に重要となります。

通貨の流通量が急増した場合にはその通貨の価値が下落する可能性がありますが、ビットコインは「発行上限」と「半減期」の仕組みによって流通量が上限値まで緩やかに増加するよう上手くコントロールされているため、大幅に需要が低下しない限りは長期的に安定してBTC価格が上昇する仕組みとなっています。

半減期が「ビットコイン価格」に与える影響

Bitcoin-Price-model

半減期は一般的に『ビットコイン価格上昇をもたらす重要イベントの1つ』だと考えられていますが、これは先述した「半減期によって供給量が減少し、希少性が高まる」ということに関連しています。

世間でよく語られる『半減期後にはビットコイン価格が高騰する』という意見の多くは「マイニング報酬が半分になればなるほど、ビットコインを入手することは困難になっていくため、人々はより多くのお金を払ってビットコインを購入することになる」といった考え方に基づいています。

ただしこれは「ビットコインの需要が下がらない」ということを前提とした考え方であるということを覚えておく必要があります。2020年時点ではビットコイン需要が安定して高まっているため、実際にビットコイン価格も長期的に安定して上昇していますが、もしも何らかの理由でビットコインの需要が"ゼロ"になった場合には、半減期を迎えても価格は下落することになると考えられます。

「半減期がくれば100%価格も上がる」という訳ではないため、実際に半減期前後のタイミングでビットコインを購入する場合には、半減期だけに注目するのではなく「ビットコインの需要は高まっているのか」などといったその他の要素も考察することが重要です。

半減期のタイミングと報酬額

ビットコインにおける「半減期の時期・変更される報酬額・半減期到来時のBTC価格」は以下の通りです。

半減期の時期報酬額BTC価格
2012年11月28日50→25BTC12.31ドル(約1300円)
2016年07月9日25→12.5BTC650.63ドル(約7万円)
2020年5月12日12.5→6.25BTC8,700ドル(約93万円)
2024年4月22日頃?6.25→3.125BTC-
2028年3.125→1.5625BTC-

>>半減期までのカウントダウンはこちら

半減期はビットコインの「重要イベント」

ビットコイン価格は半減期だけでなく様々な要因に基づいて変動するため「半減期で価格が上昇するかどうか」について断言することはできませんが、"半減期がビットコイン価格に影響を与える重要イベントである"ということは間違いありません。

仮想通貨市場を長年分析してきている有名なトレーダーやアナリストなどからは『半減期前後のタイミングでも価格下落に注意する必要がある』といった意見も出ているため、そのような専門家の意見なども参考にしてみると良いでしょう。

>>「半減期」に関する最新記事はこちら

暗号資産取引所Coincheckの画像 BTCも取扱う暗号資産取引所Coincheckはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

チャールズ皇太子:ブロックチェーンに「興味深い」と歴史的発言、即記録へ

老舗P2Pビットコイン交換所「LocalBitcoins」サービス終了を発表

老舗P2Pビットコイン交換所「LocalBitcoins」サービス終了を発表

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

ビットバンク子会社、GameFiスカラーマッチングサービス「FiKNOTS」リリース

ビットバンク子会社、GameFiスカラーマッチングサービス「FiKNOTS」リリース

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

稲垣組・もぐら組が誕生?コインチェック「新テレビCM」全国放映へ|記念キャンペーンも

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す