仮想通貨の価格上昇で「金の需要」が増加する|新興国投資のベテラン Mark Mobius

by BITTIMES

新興国市場のベテラン投資家として知られるMark Mobius(マーク・モビアス)氏は2019年8月20日に「BNN Bloomberg」とのインタビューの中で「仮想通貨が金の価格を引き上げることになる」との考えを語りました。同氏は以前に「ビットコイン(Bitcoin/BTC)は将来的に発展していく」との考えを語っていましたが、BTC投資することは推奨しておらず、今回も"ゴールド"に投資すべきとの考えを語っています。

こちらから読む:Tポイントで購入できるサービスが誕生「ビットコイン」関連ニュース

「仮想通貨はサイコ通貨」金の購入を推奨

Mark Mobius(マーク・モビアス)氏は「BNN Bloomberg」とのインタビューの中で、世界各国の中央銀行が金融緩和を続けて行く中で「金(ゴールド)の価格が長期的に上昇する」との考えを語りました。

仮想通貨業界では「世界経済が悪化する際にはビットコインのような仮想通貨が資産を守るための安全な避難先になる」と言われていますが、モビアス氏は『仮想通貨の価格上昇は"有形資産"である金の需要を高めるだけであるため、金を蓄積することによって長期的に見返りを得ることができる』との考えを語っています。

私は仮想通貨を「サイコ通貨」と呼んでいます。なぜならば、あなたがビットコインやサイバー通貨を信じているかどうかは"信仰"の問題だからです。仮想通貨の価格上昇に伴い、実物の有形資産の需要が出てくるでしょう。それには金も含まれます。

同氏は、金の価格は長期的に上昇し続けるとの見解を語っており、その理由として『マネーサプライが上向き続けるからだ』と説明しています。このように語るモビアス氏は『率直に言って、どの水準でも買わなければならないと思う』とも述べており、金の価格上昇に対して非常に強気な意見を語っています。

ポートフォリオの10%は「金現物」に

FRB(連邦準備制度理事会)やその他の中央銀行が金融政策を暖和し続ける可能性が高まるにつれて、金の価格は上昇を続けており、現在は6年4ヶ月ぶりの水準にまで達しています。

モビアス氏は、今年5月に「Bloomberg」とのインタビューの中で『ビットコインは人々からの需要を満たすことができる特徴を備えているため、将来的にも発展していく』との考えを語っていましたが、それと同時に『実際に投資するかどうかは別の話』とも語っており、"自分自身はビットコインを購入していない"ということを明確にしていました。

今回のインタビューの中で同氏は、ビットコインではなく"金"購入することを推奨しており、投資家はポートフォリオの10%程度を現物の金で保有すべきだと語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ウォレットアプリ「Enjin Wallet」がバイナンスチェーンに対応|DEXの交換機能も搭載

ウォレットアプリ「Enjin Wallet」がバイナンスチェーンに対応|DEXの交換機能も搭載

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

MicroStrategy:ビットコイン「540億円相当」を追加購入|保有量は10万BTC超え

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す