【続報】コインチェック「約300名の個人情報流出」の可能性|不正アクセス問題で

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年6月4日に、先日発生した同社利用のドメイン登録サービス「お名前.com」で発生した不正アクセスの事案に関する最終報告を行いました。一時的に停止されていた「仮想通貨の送金サービス」はすでに再開されているものの、『約300名ほどの個人情報が流出している可能性がある』と報告されています。

こちらから読む:BCゲーム間送集客ネットワーク"MCH+ADX"公開「国内ニュース」

「暗号資産の送金サービス」を再開

Coincheck(コインチェック)は今月2日の発表で、同社が利用していたGMOインターネット株式会社のドメイン登録サービス「お名前.com」内のコインチェックアカウントで不正アクセスが確認されたことを報告していましたが、今回の発表ではその最終報告として「発生した事象の詳細・同社の対応・ユーザーへの影響」などが報告されています。

コインチェックの発表によると、今回の不正アクセスでは悪意のある第三者が「お名前.com」のドメインやサーバーを管理する「お名前.com Navi」で通信を改ざんできる不具合を利用して不正にメールアドレスを変更し、変更したメールアドレスを使用してCoincheckアカウントのパスワードを変更、その後アカウントにログインしてドメイン登録情報を書き換えたと説明されています。

コインチェックは2020年6月2日の発表時点で、顧客資産を保護する目的で「暗号資産の送金サービス」を一時的に停止していましたが、2020年6月4日19時00分頃には「送金サービスを再開したこと」が報告されています。

「約300名の個人情報」流出の可能性

コインチェック利用者への影響に関しては、先日の発表時点で『顧客資産への影響はないものの、2020年5月31日0時05分頃〜6月1日20時52分頃までの期間に同社に問い合わせを行った約200名の個人情報が流出した可能性がある』とされていましたが、今回の発表では『本事象の発生期間直前にお問い合わせいただいたお客様約100名についても個人情報の流出の可能性が否めないと判断した』と報告されています。

これにより、個人情報流出の可能性があるユーザー数は「合計約300名」となっており、対象となるユーザーには順次連絡を行うと説明されています。なお、流出した可能性のなる情報は以下の通りです。
・宛先に記載されているメールアドレス
・問い合わせメールに記載されていた情報(*1)
(*1)名前・登録住所・生年月日・電話番号・IDセルフィーなどが含まれている可能性あり

また『2020年5月31日〜2020年6月1日までの期間にコインチェックへと問い合わせを行ったにも関わらず、回答が得られていない場合には「再問合わせ」であることを明記した上で「問合わせフォーム」かた再度連絡を行うように』とも説明されています。

ただし、以前まで使用されていた問い合わせ先である「support@coincheck.com」は変更されているため、問い合わせを行う際には以下のフォームから連絡する必要があります。

【新しいお問い合わせ窓口】
お問い合わせフォーム:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
お問い合わせメールアドレス:support-cs@coincheck.jp

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

Telegramのユーザー名「Fragment」で売買可能に|取引には仮想通貨TONを採用

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

NFT取引所「miime」日本円によるデジタルアイテムの決済機能を導入【世界初】

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

著名弁護士が選ぶ「今後1年間で保有・トレードしたい仮想通貨トップ10」

著名弁護士が選ぶ「今後1年間で保有・トレードしたい仮想通貨トップ10」

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

新しいSolanaミームコインSMOG、Jupiter DEXでエアドロップ・キャンペーン実施へ!

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

イーサリアム共同創設者「人工知能(AI)の活用」に期待示す|応用可能性のある分野は?

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す