【続報】コインチェック「約300名の個人情報流出」の可能性|不正アクセス問題で

by BITTIMES

暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」は2020年6月4日に、先日発生した同社利用のドメイン登録サービス「お名前.com」で発生した不正アクセスの事案に関する最終報告を行いました。一時的に停止されていた「仮想通貨の送金サービス」はすでに再開されているものの、『約300名ほどの個人情報が流出している可能性がある』と報告されています。

こちらから読む:BCゲーム間送集客ネットワーク"MCH+ADX"公開「国内ニュース」

「暗号資産の送金サービス」を再開

Coincheck(コインチェック)は今月2日の発表で、同社が利用していたGMOインターネット株式会社のドメイン登録サービス「お名前.com」内のコインチェックアカウントで不正アクセスが確認されたことを報告していましたが、今回の発表ではその最終報告として「発生した事象の詳細・同社の対応・ユーザーへの影響」などが報告されています。

コインチェックの発表によると、今回の不正アクセスでは悪意のある第三者が「お名前.com」のドメインやサーバーを管理する「お名前.com Navi」で通信を改ざんできる不具合を利用して不正にメールアドレスを変更し、変更したメールアドレスを使用してCoincheckアカウントのパスワードを変更、その後アカウントにログインしてドメイン登録情報を書き換えたと説明されています。

コインチェックは2020年6月2日の発表時点で、顧客資産を保護する目的で「暗号資産の送金サービス」を一時的に停止していましたが、2020年6月4日19時00分頃には「送金サービスを再開したこと」が報告されています。

「約300名の個人情報」流出の可能性

コインチェック利用者への影響に関しては、先日の発表時点で『顧客資産への影響はないものの、2020年5月31日0時05分頃〜6月1日20時52分頃までの期間に同社に問い合わせを行った約200名の個人情報が流出した可能性がある』とされていましたが、今回の発表では『本事象の発生期間直前にお問い合わせいただいたお客様約100名についても個人情報の流出の可能性が否めないと判断した』と報告されています。

これにより、個人情報流出の可能性があるユーザー数は「合計約300名」となっており、対象となるユーザーには順次連絡を行うと説明されています。なお、流出した可能性のなる情報は以下の通りです。
・宛先に記載されているメールアドレス
・問い合わせメールに記載されていた情報(*1)
(*1)名前・登録住所・生年月日・電話番号・IDセルフィーなどが含まれている可能性あり

また『2020年5月31日〜2020年6月1日までの期間にコインチェックへと問い合わせを行ったにも関わらず、回答が得られていない場合には「再問合わせ」であることを明記した上で「問合わせフォーム」かた再度連絡を行うように』とも説明されています。

ただし、以前まで使用されていた問い合わせ先である「support@coincheck.com」は変更されているため、問い合わせを行う際には以下のフォームから連絡する必要があります。

【新しいお問い合わせ窓口】
お問い合わせフォーム:https://coincheck.com/ja/info/help_contact
お問い合わせメールアドレス:support-cs@coincheck.jp

>>「コインチェック」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

Sorareの選手カード、NFT取引所「miime」で取扱いへ|メタップスアルファと提携

DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

【解説】ファイルコインの交換券「FIL T1」の購入方法・指定取引所の口座開設方法

【解説】ファイルコインの交換券「FIL T1」の購入方法・指定取引所の口座開設方法

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

バミューダ証券取引所:NASDAQ×Hashdexの「仮想通貨ETF」を承認

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

ビットコイン決済で「プライベートジェット」が購入可能に:Aviatrade

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

著名投資家Tim Draper氏、保有している暗号資産「5銘柄」が明らかに

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

Fisco:Zaifハッキング事件関連で「バイナンス」を提訴|資金洗浄対策の問題点を指摘

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

コカ・コーラ・アマティル:仮想通貨決済サービスの「Centrapay」に投資

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

Huobi Japan:新たに「ネム(NEM/XEM)」と「ステラ(Stellar/XLM)」取扱いへ

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す