暗号資産投資家、XRPから「ビットコイン」へと移行か|GMOコインの取引金額に変化

by BITTIMES

暗号資産取引所「GMOコイン」は2020年6月12日に、2018年〜2019年末までの期間におけるビットコイン(Bitcoin/BTC)エックスアールピー(XRP)の取引動向をまとめたデータ公開しました。今回の発表では「ユーザーの注目する銘柄がXRPからBTCへと移行していることに伴い、2019年まで高い取引金額を誇っていたXRPの取引金額が減少し、BTCの取引金額が増加していること」が報告されています。

こちらから読む:Huobi Token(HT)の取扱い開始日が判明「国内ニュース」

XRPの取引金額「2018年頃から徐々に減少」

GMOコインは2020年4月に「GMOコイン利用者を対象としたアンケート調査」を実施した上で"2019年〜2020年にかけてユーザーの注目はリップル(XRP)からビットコインへと移行した"ということを報告していましたが、今回の発表ではこの結果を合わせながら「ユーザーの注目度が変遷するとき、取引金額はどのように変わるのか」についての紹介が行われています。なお、今回の取引動向はBTC・XRPの2銘柄にフォーカスするために、2銘柄の合計取引金額を100%とした百分率で紹介していると説明されています。

2018年のBTC・XRP取引金額をまとめたデータでは、2018年1月時点では圧倒的にXRP取引金額のほうが大きかったことが示されていますが、その後1年間で徐々にXRP取引金額は減少し、2019年末にはビットコインとほぼ同レベルの取引金額になっていたことがわかります。

2018年のGMOコイン販売所サービスにおけるBTC・XRP取引動向(画像:GMOコイン)2018年のGMOコイン販売所サービスにおけるBTC・XRP取引動向(画像:GMOコイン)

しかし、2019年のデータではXRPの取引金額がさらに減少していることが示されており、1月と5月以外は20%前後にとどまっていたことが報告されています。

2019年のGMOコイン販売所サービスにおけるBTC・XRP取引動向(画像:GMOコイン)2019年のGMOコイン販売所サービスにおけるBTC・XRP取引動向(画像:GMOコイン)

XRPは以前から「日本国内でも人気の暗号資産」として知られており、今月10日に日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が公開した「2020年2月時点における国内取引所の現物取引高ランキング」で"2位"にランクインしていた他、今月9日に暗号資産取引所BITMAX(ビットマックス)が実施した「推し暗号資産に関するアンケート調査」でもBTCと僅差で"2位"にランクインしていましたが、GMOコインの販売所におけるXRP取引量は徐々に減少しているようです。

「JVCEA」と「BITMAX」の調査でXRPが2位にランクインしていることを踏まえると、XRPは依然として高い人気を誇っていると考えられますが、ビットコインは今年5月に半減期を迎えたため、暗号資産投資家の関心は徐々にビットコインへと傾いている可能性があると予想されます。

>>「GMOコイン」の公式発表はこちら

暗号資産取引所GMOコインの新規登録はこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

dHealth Network(DHP)の価格・チャート情報「CoinMaketCap・CoinGecko」で確認可能に

dHealth Network(DHP)の価格・チャート情報「CoinMaketCap・CoinGecko」で確認可能に

SBI e-Sports:Apex Legends部門の選手年棒も「暗号資産XRP」で支給へ

SBI e-Sports:Apex Legends部門の選手年棒も「暗号資産XRP」で支給へ

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

米著名投資家:ビットコイン否定派から「肯定派」に|BTC保有していることが判明

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

シンボル(Symbol/XYM)海外取引所「BTCEX」に上場|上場ラッシュに期待高まる

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットポイント「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

dHealth Network(DHP)公式ウォレットアプリ「dHealth Wallet(iOS版)」リリース

dHealth Network(DHP)公式ウォレットアプリ「dHealth Wallet(iOS版)」リリース

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

JPYC決済用いた徳島県海陽町へのふるさと納税「延期」を発表:JPYC株式会社

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す