ユニセフ仮想通貨ファンド:テクノロジー企業8社に「合計125ETH」を投資

by BITTIMES

UNICEF(ユニセフ/国際連合児童基金)は2020年6月19日に「ユニセフ仮想通貨ファンド(UNICEF Cryptocurrency Fund)」が開発途上国や新興経済国のテクノロジー企業8社に投資を行ったことを発表しました。今回の投資では、記事執筆時点の日本円換算で約315万円に相当する「125イーサリアム(ETH)」が投資されています。

こちらから読む:SYNQA、トヨタ・三井住友銀などから資金調達「暗号資産」関連ニュース

世界7ヵ国の8社に「125ETH」を投資

ユニセフ仮想通貨ファンド(UNICEF Cryptocurrency Fund)は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの暗号資産で寄付を受け入れ、それらの暗号資産を用いて世界中の子供や若者に利益をもたらすオープンソース技術に資金を提供している団体です。

今回の発表では、この「ユニセフ仮想通貨ファンド」が世界7ヵ国にある合計8社のテクノロジー企業に125ETH(約315万円)の投資を行ったことが報告されています。これらの資金は今後6ヶ月に渡って「プロトタイプの作成」や「技術の拡大」などに使用されると説明されています。

今回出資を受けた企業は、ユニセフのイノベーション・ファンドから法定通貨で最大10万ドル(約1,070万円)を既に受け取っているとのことで、現在は「オープンソース技術」と「デジタル公共財」の開発を継続するために暗号資産を受け取っているとのことです。これらの企業は、自社の技術を活用して世界中の子どもや若者たちへの新型コロナウイルスの影響を暖和するための取り組みなどを行っています。

出資を受けたテクノロジー企業の事業内容

ユニセフ仮想通貨ファンドから出資を受けた企業は「Afinidata・Avyantra・Cireha・Ideasis・OS City・StaTwig・Somleng・Utopic」の8社であり、各企業の事業内容としては以下のように説明されています。

Afinidata(グアテマラ)

Afinidataは、個々人向けにカスタマイズされた「幼児教育プログラム」を保護者に提供するため、人工知能(AI)ベースのアプリ開発を進めているグアテマラの企業です。

Avyantra(インド)

Avyantraは、データサイエンスを活用して新生児敗血症の早期診断において最前線で働く医療従事者をサポートする保健アプリの機能を拡張しているインドの企業です。

Ideasis(トルコ)

Ideasisは、ユーザーが自宅で不安や恐怖症に対処できるように、暴露療法ツールをVR(仮想現実)からWebVR(ウェブ仮想現実)に移行しているトルコの企業です。また、新型コロナウイルス(COVID-19)や孤立に起因する不調に対処するための治療プログラムを新たに開発します。

OS City(メキシコ)

OS Cityは、ブロックチェーン技術を用いた政府資産を発行しているメキシコの企業であり、ブロックチェーンIDを1,000件発行し、卒業証書をオンラインで授与できるようにしています。

StaTwig(インド)

StaTwigは、インド政府と連携して米の配布を追跡・改善し、何百万人もの貧困層の人々に食料を届ける取り組みを支援するブロックチェーンを活用したアプリを試験的に運用しているインドの企業です。新型コロナウイルスの影響によって、同社アプリのニーズはさらに高まっていると説明されています。

Somleng(カンボジア)

Somlengは、カンボジア政府と連携して新型コロナウイルスに関する重要な情報を発信するための、低コストな自動音声応答システムを拡張しているカンボジアの企業です。

Utopic(チリ)

Utopicは、学習ゲームをVRからWebVRへと移行することによって、新型コロナウイルスで自宅待機が求められている環境の中でも、教育従事者が家庭から子どもの読解力を評価・追跡・改善できるよう支援しているチリの企業です。

暗号資産の「技術的な利点」を称賛

「ユニセフ・ベンチャーの共同代表」でありながら「イノベーション部門プリンシパル・アドバイザー」でもあるChris Fabian(クリストファー・ファビアン)氏は『デジタル化が急速に進んでいる現代社会において、ユニセフも新しい世界の全てのツールを未来の子どもたちの助けとなれるように活用しなければならない』と述べており、暗号資産を用いた送金が"迅速かつ低コスト"であることを称賛しています。

デジタルの世界が想像以上に早く近づいてきているのを目の当たりにしています。ユニセフは、現在そして未来の子どもたちの助けとなれるよう、この新しい世界のすべてのツールを活用しなければなりません。

これらの資金を世界7カ国の8つの企業へ送金するのにかかった時間は20分未満で、費用も20米ドル未満でした。ほぼ瞬時に価値を世界で移動でき、手数料は送金総額の0.00009%未満、そして寄付いただいた方やご支援者に対してリアルタイムの透明性を確保できる、胸を躍らせるツールです。

UNICEF(ユニセフ/国際連合児童基金)は早い段階から暗号資産やブロックチェーン技術を取り入れており、2018年2月時点で暗号資産のマイニング(採掘)を通じて寄付金を募るプロジェクトなども実施されていました。

今回出資を受けた企業には、資金提供だけでなく「事業成長を促進するためのメンターシップ、製品・技術支援、オープンソースとUX・UIの開発支援、専門家やパートナーへのアクセス、ソリューションを紹介する機会」なども提供されるとのことです。

>>「UNICEF」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

CMEのビットコインオプション取引高「過去最高」を記録

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月21日〜27日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月21日〜27日

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

リップル(XRP)が稼げる「ブログプラットフォーム」パブリックベータ版リリース:Coil

リップル(XRP)が稼げる「ブログプラットフォーム」パブリックベータ版リリース:Coil

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitter最高財務責任者「ビットコインの採用を検討中」と明かす|給与払い・投資など

Twitter最高財務責任者「ビットコインの採用を検討中」と明かす|給与払い・投資など

Square:音楽ストリーミングサービス「TIDAL」買収へ|NFT活用の可能性も?

Square:音楽ストリーミングサービス「TIDAL」買収へ|NFT活用の可能性も?

米ロックバンドKings of Leon「NFT形式の音楽アルバム」リリースへ

米ロックバンドKings of Leon「NFT形式の音楽アルバム」リリースへ

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の実証実験「2021年春」に開始|民間事業者とも連携

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の実証実験「2021年春」に開始|民間事業者とも連携

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

MicroStrategy「ビットコイン買い増し」へ|600億円相当の転換社債発行を予定

Gemini:暗号資産関連の教育サイト「Cryptopedia(クリプトぺディア)」公開

Gemini:暗号資産関連の教育サイト「Cryptopedia(クリプトぺディア)」公開

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

GlobaliD:Mastercardデビットカード「XRP Card」発行へ|最大5%のXRPキャッシュバック

GlobaliD:Mastercardデビットカード「XRP Card」発行へ|最大5%のXRPキャッシュバック

暗号資産全体の合計時価総額「Google(グーグル)」上回る145兆円に到達

暗号資産全体の合計時価総額「Google(グーグル)」上回る145兆円に到達

SBIデジタルアセット:STO関連事業強化に向けスイスの「Sygnum Bank」に出資

SBIデジタルアセット:STO関連事業強化に向けスイスの「Sygnum Bank」に出資

Socios.com:9万枚のファントークンを無料配布「Token Hunt Explosion」開催

Socios.com:9万枚のファントークンを無料配布「Token Hunt Explosion」開催

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

クアンタム(QTUM)保有者に対する「QIトークンエアドロップ」取引所の対応まとめ

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ドージコイン(Dogecoin/DOGE)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す