PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

by BITTIMES

米国の決済サービス大手「PayPal(ペイパル)」が暗号資産(仮想通貨)売買サービスの提供を計画している可能性があることが「Coindesk」の報道で明らかになりました。この件についてPayPalからの公式発表は行われておらず、あくまでも"関係者の話"として報じられているものの、同社は現在「暗号資産・ブロックチェーン関連の求人募集」も掲載しているため、暗号資産業界ではこの一連の報道に注目が集まっています。

こちらから読む:米国のセブンイレブンでBTCが購入可能に「暗号資産」関連ニュース

PayPal「暗号資産売買サービス」提供の可能性

PayPal(ペイパル)は、世界中で2億5,000万人が利用しているオンライン決済サービスとして知られていますが、現在同社は「暗号資産売買サービス」の提供を計画していると伝えられています。

暗号資産・ブロックチェーンメディアである「Coindesk(コインデスク)」が"事情に詳しい関係者3人の話"として報じた内容によると、PayPalの暗号資産売買サービスは今後数ヶ月以内には開始される可能性があり、ユーザーは「PayPal」と「Venmo」で直接暗号資産を購入することができるとされています。

複数の関係者が語った「PayPalの暗号資産売買サービス」に関する情報の要点としては以下のようなものが挙げられます。

  • PayPalは暗号資産の売買サービス提供を計画している
  • 暗号資産は「PayPal」と「Venmo」で直接購入することができる
  • 暗号資産を保管するための内蔵型ウォレットがリリースされる可能性がある
  • 暗号資産売買サービスは今後3ヶ月以内、もしくはそれよりも早く開始される可能性がある
  • PayPalは流動性を確保するために複数の取引所と協力する可能性がある
  • 提携する取引所の有力候補としては「Coinbase」や「Bitstamp」が挙げられている
  • この件について「PayPal・Coinbase・Bitstamp」はコメントを避けている

「暗号資産関連の求人募集」も掲載

PayPal(ペイパル)は「暗号資産売買サービスの提供」についてコメントを控えているものの、その後の調査によって同社が「暗号資産やブロックチェーンに詳しい専門家の求人募集」を掲載していることも明らかになっています。

この求人募集は「PayPalの公式サイト」で2020年5月24日から掲載されており、募集されている人材の主な役割としては『PayPalサービスの可用性・パフォーマンス・スケーラビリティを対象とした主要なクリプト製品/機能の設計・開発・保守が含まれる』と説明されています。

PayPalが実際に「暗号資産売買サービス」の提供を計画しているかどうかは現時点では定かでないものの、同社は元々「Libra(リブラ)」の創設メンバーにも参加しており(※昨年10月に参加見送りを表明)、PayPalの創業者であるPeter Thiel(ピーター・ティール)氏Elon Musk(イーロン・マスク)氏なども暗号資産に前向きなことでも知られているため、同社が「暗号資産売買サービス」を提供する可能性があると考えられます。

>>「PayPalの求人募集ページ」はこちら
>>「Coindeskの報道」はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Gemini「オーストラリア・香港・カナダ」の法定通貨をサポート

Gemini「オーストラリア・香港・カナダ」の法定通貨をサポート

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

【注意】イオス(EOS)メインネットへ移行|6月2日までには取引所への移動を

【注意】イオス(EOS)メインネットへ移行|6月2日までには取引所への移動を

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

日本暗号資産市場社:世界初となる「仮想通貨対応古物市場」の開設許可を取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Circleの決済ソリューションが「Apple Pay」で利用可能に

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月20日〜26日

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す