PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

by BITTIMES   

米国の決済サービス大手「PayPal(ペイパル)」が暗号資産(仮想通貨)売買サービスの提供を計画している可能性があることが「Coindesk」の報道で明らかになりました。この件についてPayPalからの公式発表は行われておらず、あくまでも"関係者の話"として報じられているものの、同社は現在「暗号資産・ブロックチェーン関連の求人募集」も掲載しているため、暗号資産業界ではこの一連の報道に注目が集まっています。

PayPal「暗号資産売買サービス」提供の可能性

PayPal(ペイパル)は、世界中で2億5,000万人が利用しているオンライン決済サービスとして知られていますが、現在同社は「暗号資産売買サービス」の提供を計画していると伝えられています。

暗号資産・ブロックチェーンメディアである「Coindesk(コインデスク)」が"事情に詳しい関係者3人の話"として報じた内容によると、PayPalの暗号資産売買サービスは今後数ヶ月以内には開始される可能性があり、ユーザーは「PayPal」と「Venmo」で直接暗号資産を購入することができるとされています。

複数の関係者が語った「PayPalの暗号資産売買サービス」に関する情報の要点としては以下のようなものが挙げられます。

  • PayPalは暗号資産の売買サービス提供を計画している
  • 暗号資産は「PayPal」と「Venmo」で直接購入することができる
  • 暗号資産を保管するための内蔵型ウォレットがリリースされる可能性がある
  • 暗号資産売買サービスは今後3ヶ月以内、もしくはそれよりも早く開始される可能性がある
  • PayPalは流動性を確保するために複数の取引所と協力する可能性がある
  • 提携する取引所の有力候補としては「Coinbase」や「Bitstamp」が挙げられている
  • この件について「PayPal・Coinbase・Bitstamp」はコメントを避けている

「暗号資産関連の求人募集」も掲載

PayPal(ペイパル)は「暗号資産売買サービスの提供」についてコメントを控えているものの、その後の調査によって同社が「暗号資産やブロックチェーンに詳しい専門家の求人募集」を掲載していることも明らかになっています。

この求人募集は「PayPalの公式サイト」で2020年5月24日から掲載されており、募集されている人材の主な役割としては『PayPalサービスの可用性・パフォーマンス・スケーラビリティを対象とした主要なクリプト製品/機能の設計・開発・保守が含まれる』と説明されています。

PayPalが実際に「暗号資産売買サービス」の提供を計画しているかどうかは現時点では定かでないものの、同社は元々「Libra(リブラ)」の創設メンバーにも参加しており(※昨年10月に参加見送りを表明)、PayPalの創業者であるPeter Thiel(ピーター・ティール)氏Elon Musk(イーロン・マスク)氏なども暗号資産に前向きなことでも知られているため、同社が「暗号資産売買サービス」を提供する可能性があると考えられます。

>>「PayPalの求人募集ページ」はこちら
>>「Coindeskの報道」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

Square:ビットコイン「1億7,000万ドル相当」を追加購入|合計投資額は2.2億ドルに

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

ブロックチェーンで暴動のない大統領選の実現へ|ケニア選挙管理委員会(IEBC)

2段階認証アプリ「Google Authenticator」で重要な問題?仮想通貨利用者も要注意

2段階認証アプリ「Google Authenticator」で重要な問題?仮想通貨利用者も要注意

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

1年半で24億ドルを使う:スポーツに群がる暗号資産関連企業

注目度の高い仮想通貨ニュース

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

Spongeの価格が1ヶ月で180%の上昇を記録、V2ローンチに向けてステーキングは400万ドルを達成

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

シバイヌ:Shibariumにおける「SHIB BURNの自動化システム」をテスト

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットボット(Bitbot)の自動取引機能|2024年の新たな注目銘柄になる可能性

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

大口取引でキャッシュバック|SBI VCトレード「Prime優遇プログラム」新設

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す