決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

by BITTIMES

米国の大手決済企業である「PayPal(ペイパル)」は2019年10月4日、仮想通貨Libra(リブラ)の運営主体である「Libra協会」への参加を見送ることを正式に発表しました。「Libra協会への参加見送り」を正式に発表したのは今回が初めてだと伝えられています。

こちらから読む:Libra協会が"ロードマップ"を公開「Libra」関連ニュース

将来的には「参加」の可能性も

PayPal(ペイパル)が「Libra協会」に参加しない方針であることは先日「Financial Times」が報じた内容でも明らかにされており、ワシントンDCで開かれたLibra協会の会合に「PayPal」だけは出席しなかったと伝えられていましたが、2019年10月4日にはPayPalから正式に参加を見送ることが発表されました。

Facebook(フェイスブック)でLibraプロジェクトを担当しているDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏はPayPal出身でもあるため、今回の脱退はLibraプロジェクトの痛手になると考えられています。

しかし、PayPalは「多くの人々が低コストで金融サービスを利用できるようにする」というLibraの理念には"賛同する"としており、『将来一緒に働く方法について継続的な対話をしていくことを望んでいる』と説明しています。

私たちは、Libraの構想を支持し続け、将来共に働いていく方法について継続的に対話を行なっていくことを望んでいます。FacebookはPayPalの長年にわたる価値ある戦略的パートナーであるため、今後も様々な領域でフェイスブックとパートナーを組んで、サポートを行っていきます。

今後は「自社サービスの開発」に注力

「Financial Times」の先日の報道では、PayPalは「Facebookがこれまでにマネーロンダリング(資金洗浄)などに関する懸念に十分な対応をとってこなかったこと」などに対して不信感を募らせていたほか、「Libra協会に参加することによって規制当局の厳重な検査対象になること」についての忌避感もあったとされています。

PayPalは一旦Libra協会への参加を見送った後に「自社サービスの開発に注力する」と伝えられています。

Libra協会について正式に発表が行われた時点では合計28社の大手企業が参加予定であることが発表されていましたが、世界各国の規制当局や政府関係者から懸念の声が出ていることなどもあり、現在は複数の企業がLibra協会への参加を検討し直していると伝えられています。

最近の報道では、VISA(ビザ)MasterCard(マスターカード)などもLibra協会への参加を考え直していると伝えられているため、これらの企業がPayPalに続くことになれば、Libraプロジェクトの計画にも大きな影響が出ると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

ブロックチェーンで「税金の徴収プロセス」を合理化:チリ財務局

仮想通貨取引所FXcoin「スマートフォン向けアプリ」公開【Android・iOS対応】

仮想通貨取引所FXcoin「スマートフォン向けアプリ」公開【Android・iOS対応】

BitPayの仮想通貨プリペイドカード「Apple Pay」への登録・利用が可能に

BitPayの仮想通貨プリペイドカード「Apple Pay」への登録・利用が可能に

【国内初】プラチナ連動ステーブルコイン「x-Platinum」提供開始:エクスチェンジャーズ

【国内初】プラチナ連動ステーブルコイン「x-Platinum」提供開始:エクスチェンジャーズ

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱いへ|49名のレアカードも限定販売

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱いへ|49名のレアカードも限定販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

国内初「暗号資産XRP用いた国際送金サービス」提供開始:SBIレミット×SBI VCトレード

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す