決済大手PayPal:Libra協会への「参加見送り」を正式に発表

by BITTIMES

米国の大手決済企業である「PayPal(ペイパル)」は2019年10月4日、仮想通貨Libra(リブラ)の運営主体である「Libra協会」への参加を見送ることを正式に発表しました。「Libra協会への参加見送り」を正式に発表したのは今回が初めてだと伝えられています。

こちらから読む:Libra協会が"ロードマップ"を公開「Libra」関連ニュース

将来的には「参加」の可能性も

PayPal(ペイパル)が「Libra協会」に参加しない方針であることは先日「Financial Times」が報じた内容でも明らかにされており、ワシントンDCで開かれたLibra協会の会合に「PayPal」だけは出席しなかったと伝えられていましたが、2019年10月4日にはPayPalから正式に参加を見送ることが発表されました。

Facebook(フェイスブック)でLibraプロジェクトを担当しているDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏はPayPal出身でもあるため、今回の脱退はLibraプロジェクトの痛手になると考えられています。

しかし、PayPalは「多くの人々が低コストで金融サービスを利用できるようにする」というLibraの理念には"賛同する"としており、『将来一緒に働く方法について継続的な対話をしていくことを望んでいる』と説明しています。

私たちは、Libraの構想を支持し続け、将来共に働いていく方法について継続的に対話を行なっていくことを望んでいます。FacebookはPayPalの長年にわたる価値ある戦略的パートナーであるため、今後も様々な領域でフェイスブックとパートナーを組んで、サポートを行っていきます。

今後は「自社サービスの開発」に注力

「Financial Times」の先日の報道では、PayPalは「Facebookがこれまでにマネーロンダリング(資金洗浄)などに関する懸念に十分な対応をとってこなかったこと」などに対して不信感を募らせていたほか、「Libra協会に参加することによって規制当局の厳重な検査対象になること」についての忌避感もあったとされています。

PayPalは一旦Libra協会への参加を見送った後に「自社サービスの開発に注力する」と伝えられています。

Libra協会について正式に発表が行われた時点では合計28社の大手企業が参加予定であることが発表されていましたが、世界各国の規制当局や政府関係者から懸念の声が出ていることなどもあり、現在は複数の企業がLibra協会への参加を検討し直していると伝えられています。

最近の報道では、VISA(ビザ)MasterCard(マスターカード)などもLibra協会への参加を考え直していると伝えられているため、これらの企業がPayPalに続くことになれば、Libraプロジェクトの計画にも大きな影響が出ると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

旧勢力と新勢力:イーサリアムとビットコインが爆発する中、ビッグアイズコインは彼らと共に頂点に立てるのか?

旧勢力と新勢力:イーサリアムとビットコインが爆発する中、ビッグアイズコインは彼らと共に頂点に立てるのか?

著名人フォロワーがいても注意が必要|SHIB関連銘柄「SHI・TREATの偽トークン」報告

著名人フォロワーがいても注意が必要|SHIB関連銘柄「SHI・TREATの偽トークン」報告

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

ブラジルをブロックチェーン社会へ|仮想通貨の合法化を約束する大統領候補者

ブラジルをブロックチェーン社会へ|仮想通貨の合法化を約束する大統領候補者

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

仮想通貨を安全に保管・管理する方法|人気のハードウェアウォレット「Ladger」とは?

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す