【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

by BITTIMES   

Huobi Japan(フォビジャパン)が2020年7月16日から開始した「新規コイン上場投票アンケート」では、記事執筆時点で合計72票が集まっており、分散型アプリケーションのプラットフォームである「テゾス(Tezos/XTZ)」が最も多い票を獲得しています。

こちらから読む:Huobi Japan、新規上場通貨を決める「投票アンケート」開始

Huobi Japanの「新規コイン上場投票」について

Huobi Japan(フォビジャパン)は2020年7月16日から、同取引所に新規上場させる暗号資産を決定するための「新規コイン上場投票」を開始しています。この人気投票は「必ず暗号資産が上場する」と保証するものではありませんが、同社は『この投票結果で1位になった暗号資産で上場申請を進める』と説明しています。

投票期間は「2020年7月16日15時00分〜2020年8月16日23時59分まで」となっており、Huobi Japanのユーザーは毎週1回、合計5票を以下6銘柄の中の1つに投票できるようになっています。
ネオ(Neo/NEO)
クアンタム(Qtum/QTUM)
テゾス(Tezos/XTZ)
・エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
・アイオーエスティー(IOST/IOST)
・オントロジー(Ontology/ONT)

テゾス(Tezos/XTZ)が多数の票を獲得

投票開始から約2日が経過した2020年7月18日時点では、合計72人から投票が行われており、分散型アプリケーションのプラットフォームである「テゾス(Tezos/XTZ)」が2位の「アイオーエスティー(IOST/IOST)」から2倍以上の票をつけて1位となっています。

現時点での投票結果は以下のようになっており、テゾスが優位な状況となっていますが、投票数から判断すると「まだ多くのユーザーが投票に参加していない」と考えられるため、今後より多くのユーザーが投票に参加すれば他の通貨が1位になる可能性もあると考えられます。

【2020年7月18日時点の投票結果】
1位:Tezos(35票)
2位:IOST(13票)
3位:Ontology(7票)
3位:Qtum(7票)
5位:NEO(6票)
6位:Enjin Coin(4票)

(画像:Huobi Japan)(画像:Huobi Japan)

現在1位の「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?

テゾス(Tezos/XTZ)は、スマートコントラクト分散型アプリケーション(DApps)に適した新しいプラットフォームであり、「資産のトークン化」や「トークン化された資産の管理」などに適しているとして、セキュリティトークンオファリング(STO)のプラットフォームとしてのユースケースも徐々に増えてきています。

XTZはまだ日本の暗号資産取引所に上場していないものの、現在は日本国内でのTezosの普及活動を行う「Tezos Japan(テゾスジャパン)」も設立されており、Tezos Japanは2020年4月に「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」にも参加しています。

ここ最近で注目を集めているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる承認方法を採用している「Tezos」は、世界的にも注目されている暗号資産プロジェクトの1つであり、2020年7月18日時点では時価総額ランキング13位にランクインしています。

XTZの価格は今年3月時点で150円付近まで下落していたものの、その後は2倍以上にまで回復しており、2020年7月18日時点では「1XTZ=326円」で取引されているため、今後のさらなる価格上昇にも期待する声も多数出ています。

セキュリティトークン関連のプロジェクトは日本でも活発化してきているため、XTZが上場することになれば、STOと共に広く普及していく可能性があると予想されます。

>>「Tezos Japan」の公式サイトはこちら
>>「Huobi Japan」の投票ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Bakkt:ゲーム内資産・ポイント対応の「仮想通貨決済アプリ」近日中に詳細発表へ

Bakkt:ゲーム内資産・ポイント対応の「仮想通貨決済アプリ」近日中に詳細発表へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

SBI VCトレード:LINK・DOT上場記念「3つのキャンペーン」開始

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

エルサルバドルで法定通貨化控えるビットコイン「5万ドル突破」価格変動にも要注意

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

NFTを取り入れた、稼げる無料MMOゲーム「Continuum World」

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

カルダノ公式ウォレット「Daedalus 4.3.1」公開|アップグレードに向けたカウントダウン機能も

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

Twitter「ビットコインの投げ銭機能」まもなく導入へ|Lightning Networkも活用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す