【Huobi Japan上場コイン投票】テゾス(Tezos/XTZ)が優勢でスタート

by BITTIMES   

Huobi Japan(フォビジャパン)が2020年7月16日から開始した「新規コイン上場投票アンケート」では、記事執筆時点で合計72票が集まっており、分散型アプリケーションのプラットフォームである「テゾス(Tezos/XTZ)」が最も多い票を獲得しています。

こちらから読む:Huobi Japan、新規上場通貨を決める「投票アンケート」開始

Huobi Japanの「新規コイン上場投票」について

Huobi Japan(フォビジャパン)は2020年7月16日から、同取引所に新規上場させる暗号資産を決定するための「新規コイン上場投票」を開始しています。この人気投票は「必ず暗号資産が上場する」と保証するものではありませんが、同社は『この投票結果で1位になった暗号資産で上場申請を進める』と説明しています。

投票期間は「2020年7月16日15時00分〜2020年8月16日23時59分まで」となっており、Huobi Japanのユーザーは毎週1回、合計5票を以下6銘柄の中の1つに投票できるようになっています。
ネオ(Neo/NEO)
クアンタム(Qtum/QTUM)
テゾス(Tezos/XTZ)
・エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
・アイオーエスティー(IOST/IOST)
・オントロジー(Ontology/ONT)

テゾス(Tezos/XTZ)が多数の票を獲得

投票開始から約2日が経過した2020年7月18日時点では、合計72人から投票が行われており、分散型アプリケーションのプラットフォームである「テゾス(Tezos/XTZ)」が2位の「アイオーエスティー(IOST/IOST)」から2倍以上の票をつけて1位となっています。

現時点での投票結果は以下のようになっており、テゾスが優位な状況となっていますが、投票数から判断すると「まだ多くのユーザーが投票に参加していない」と考えられるため、今後より多くのユーザーが投票に参加すれば他の通貨が1位になる可能性もあると考えられます。

【2020年7月18日時点の投票結果】
1位:Tezos(35票)
2位:IOST(13票)
3位:Ontology(7票)
3位:Qtum(7票)
5位:NEO(6票)
6位:Enjin Coin(4票)

(画像:Huobi Japan)(画像:Huobi Japan)

現在1位の「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?

テゾス(Tezos/XTZ)は、スマートコントラクト分散型アプリケーション(DApps)に適した新しいプラットフォームであり、「資産のトークン化」や「トークン化された資産の管理」などに適しているとして、セキュリティトークンオファリング(STO)のプラットフォームとしてのユースケースも徐々に増えてきています。

XTZはまだ日本の暗号資産取引所に上場していないものの、現在は日本国内でのTezosの普及活動を行う「Tezos Japan(テゾスジャパン)」も設立されており、Tezos Japanは2020年4月に「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」にも参加しています。

ここ最近で注目を集めているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる承認方法を採用している「Tezos」は、世界的にも注目されている暗号資産プロジェクトの1つであり、2020年7月18日時点では時価総額ランキング13位にランクインしています。

XTZの価格は今年3月時点で150円付近まで下落していたものの、その後は2倍以上にまで回復しており、2020年7月18日時点では「1XTZ=326円」で取引されているため、今後のさらなる価格上昇にも期待する声も多数出ています。

セキュリティトークン関連のプロジェクトは日本でも活発化してきているため、XTZが上場することになれば、STOと共に広く普及していく可能性があると予想されます。

>>「Tezos Japan」の公式サイトはこちら
>>「Huobi Japan」の投票ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

BINANCE:シンガポールで「営業ライセンス」申請|仮想通貨取引サービス継続に向け

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

歴史上最高額「1,000億円相当のビットコイン」押収|米司法省がシルクロード関連で

歴史上最高額「1,000億円相当のビットコイン」押収|米司法省がシルクロード関連で

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

The Sandbox:ゲーム制作ツールの最新版「Game Maker 0.8」リリース

The Sandbox:ゲーム制作ツールの最新版「Game Maker 0.8」リリース

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

豪州のショッピングセンター「Lightning Network対応のビットコインATM」を設置

豪州のショッピングセンター「Lightning Network対応のビットコインATM」を設置

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

話題のポルシェNFT「フロア価格が3倍以上に上昇」今後の計画も発表

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

ビル・ゲイツ氏:Web3・メタバースよりも「人工知能(AI)」に関心

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す