Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

by BITTIMES

電子制御システムや自動化機器を製造販売している米国の多国籍企業「Honeywell(ハネウェル)」は2020年8月12日に、複雑なサプライチェーンを持つ企業がブロックチェーン技術を活用して製品を追跡したり、偽造品を排除したり、在庫管理を効率化したりできるようにするために、ラベルプリンターとブロックチェーン技術を組み合わせていることを発表しました。

こちらから読む:FRB、BC決済システムの試験結果報告「ブロックチェーン」関連ニュース

製品検証技術を産業用プリンターに統合

Honeywell(ハネウェル)は2020年8月12日に、偽造品の流通などを防止してブランドを保護するためのトレーサビリティソリューションを展開している「iTRACE Technologies」と提携して、製品検証技術を産業用プリンターに統合して、印刷物をリアルタイムに検証・認証・追跡できる環境を構築したことを発表しました。

同社の発表によると、「iTRACE Technologies」が提供する「iTRACE2DMI®」ソリューションは、Honeywellの産業用プリンターである「Honeywell PX940v」で直接簡単に印刷・検証・ブロックチェーンに登録できるため、倉庫や製造場所で安全に製品を認証・追跡することができるとされています。

これによって物理的な印刷物をデジタル台帳に接続して、オンライン認証用のデジタルツイン(*1)を作成することができるため、輸送・ロジスティクス、製薬・ヘルスケア、出荷・配送センター、工業生産、自動車部品サプライヤーなどといった様々な業界でセキュリティを高めることができるとのことです。
(*1)デジタルツイン:実世界のデータを用いてデジタル空間に現実と双子のようなコピー環境を再現する技術のこと

iTRACEの創設者兼CEOであるMark Manning氏はこれらのソリューションについて次のように説明しています。

「PX940v」は印刷中にインラインで印刷画像をキャプチャできるため、2DMIマークを印刷してデータベースまたはブロックチェーンデジタル台帳に登録するのに理想的なプラットフォームとなりました。

このラベルの印刷・検証・登録により、ラベルが作成された瞬間からラベルの完全な保管チェーンが作成されます。この情報は「iTRACEモバイルアプリ」を使用して、サプライチェーンの任意の場所で製品またはラベルを認証するために使用できます。

ブロックチェーン技術を用いたサプライチェーン管理は様々な業界で導入され始めており、今年7月には「SBIホールディングス・CTIA・百笑市場」の3社から、ブロックチェーン・分散台帳技術を用いた「サプライチェーンプラットフォーム」を通じて百笑市場が流通させる茨城県産米の出荷プロセスにおける情報共有や業務効率化にかかる実証実験を開始することなども発表されています。

>>「Honeywell」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

世界一のモバイル決済アプリAlipayついにブロックチェーン技術導入へ

世界一のモバイル決済アプリAlipayついにブロックチェーン技術導入へ

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

【Cardano Africa 2021】Input Output「World Mobile Group」と提携

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」第2期公認クリプトアーティストの審査受付開始

SingularityNET「カルダノ上でのAGIXステーキング」を一般公開

SingularityNET「カルダノ上でのAGIXステーキング」を一般公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

アナリストたちがLearn-To-Earnトークンである99BTCの今後に期待、プレセールはまもなく100万ドル突破へ

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

コインチェック:LSK保有者に対するKLYトークン(Klayr)エアドロップの対応方針を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

マイクロストラテジー:ビットコインの分散型IDプラットフォーム「MicroStrategy Orange」を発表

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す