Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」は2020年8月26日に、同社が提供するプロ向けの仮想通貨取引プラットフォーム「Coinbase Pro(コインベースプロ)」で、"Libra(リブラ)のライバル"とも呼ばれているブロックチェーンプラットフォーム「CELO(セロ)」のユーティリティ・ガバナンストークン「セロ・ゴールド(Celo/CGLD)」を取り扱うことを発表しました。

こちらから読む:Chiliz Exchange、"APL・CAI・TH"取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

Coinbase Pro「CELO(CGLD)」取り扱いへ

CELO(セロ)は携帯電話を持っている全ての人々に金融サービスを提供することを目指しているブロックチェーンプロジェクトであり、その協会団体である「Alliance for Prosperity」にはLibra協会に参加している大手企業を含めた100以上の企業・団体が参加しているため、仮想通貨・ブロックチェーン業界では『Libraのライバル』として注目を集めています。

Coinbase(コインベース)は今回、同社が提供しているプロ向けの仮想通貨取引サービス「Coinbase Pro(コインベースプロ)」で、CELOプラットフォームのユーティリティ・ガバナンストークンである「セロ・ゴールド(Celo/CGLD)」の取り扱いを開始することを発表しています。
※Coinbase Proはティッカーシンボル「CGLD」でCELOをリストしています。

「Coinbase Pro」は、2020年8月31日からCELOの入出金受付を開始し、2020年9月1日から「CGLD/BTC、CGLD/USD、CGLD/EUR、CGLD/GBP」の取引ペアでCELOの取引を開始することを予定しています。

コインベースの上場発表で「CELO価格高騰」

Coinbaseの新規上場発表は、対象となる暗号資産の価格に大きな影響を与えることでも知られていますが、今回の上場発表もCELOの価格に大きな影響を与えており、2020年8月25日まで260円前後となっていたCELOの価格は、発表後の8月27日に500円近くまで高騰しました。

2020年8月15日〜2020年8月29日 CELOのチャート(画像:CoinGecko)2020年8月15日〜2020年8月29日 CELOのチャート(画像:CoinGecko)

473円付近まで高騰した後は一時的に400円付近で下落したものの、現在は再び回復してきており、2020年8月29日時点では「1CELO=448.77円」で取引されているため、今後の動きにも注目です。

なお、コインベースは今回の発表の中で「同社が2018年の投資を通じてCeloトークンを保有していること」も報告しています。また、コインベースは『当面の間、Celoへの投資を維持する予定である』とも語っています。

>>「Coinbase」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フェラーリ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなど複数の暗号資産を受け入れ

フェラーリ「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなど複数の暗号資産を受け入れ

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

スイス大手銀行「Bordier」暗号資産取引サービス提供開始|Sygnum Bankと提携

スイス大手銀行「Bordier」暗号資産取引サービス提供開始|Sygnum Bankと提携

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

仮想通貨決済対応予定の米映画館AMC「ドージコイン(DOGE)受け入れ」も検討

【速報】ビットコイン(BTC)大台の「3万ドル」突破|大幅な価格上昇続く

【速報】ビットコイン(BTC)大台の「3万ドル」突破|大幅な価格上昇続く

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

注目度の高い仮想通貨ニュース

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

GMOコイン:最大97,200円キャッシュバック「外国為替FXデビューキャンペーン」開始

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

エコフレンドリーな仮想通貨eTukTukがプレセールで50万ドルを調達、EV分野に特化したサステイナブルなエコシステムとは?

マルチチェーン対応ウォレット「Magic Eden Wallet」一般公開|SOL・BTC・ETH・Polygonに対応

マルチチェーン対応ウォレット「Magic Eden Wallet」一般公開|SOL・BTC・ETH・Polygonに対応

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

シバイヌ(SHIB)DeFiプラットフォーム「K9 Finance」とパートナーシップ締結

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

Cardano(ADA)が新バージョンをリリース、Render(RNDR)が2023年第4四半期レポートを発表、Pullix(PLX)に1万5000人のユーザー登録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す