GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

by BITTIMES

暗号資産取引所「GMOコイン」は2020年9月2日に、同社が提供している暗号資産の現物取引・レバレッジ取引サービスで、日本国内では初めてとなる「Post-Only」と「FOK(Fill or Kill)」の機能を追加したことを発表しました。

こちらから読む:SBI VCトレード、"取引所サービス"拡充へ「国内ニュース」

「Post-Only」と「FOK(Fill or Kill)」を追加

GMOコインは2020年9月2日に、同社が提供している暗号資産の現物取引・レバレッジ取引サービスで、日本国内では初めてとなる「Post-Only」と「FOK(Fill or Kill)」の機能を追加したことを発表しました。

「Post-Only」と「FOK(Fill or Kill)」の機能を利用することができるサービスは、GMOコインが提供している「現物取引サービス」と「レバレッジ取引サービス」となっており、対象となるツールは「会員ページ・WebTrader・Private API」だとされています。

なお、レバレッジ取引で「Post-Only」を利用できるのは「BTC/JPY」のみであり、スマートフォンアプリ「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は非対応であると説明されています。

Post-Onlyとは

Post-Onlyとは指値注文で利用できるオプション機能であり、このオプション機能を利用することによって「Taker」となる注文は取消となり「Maker」となる注文のみ発注できるようになります。

GMOコインは「暗号資産現物取引サービス」と「BTC/JPYレバレッジ取引サービス」のMaker取引手数料で"マイナス手数料"を採用しているため、『取引手数料を支払いたくない。マイナス手数料を確実に受け取りたい』といった場合などにこの機能を活用することができると説明されています。

「Post-Only」はマイナス手数料を導入している国外の暗号資産取引所などではメジャーな機能となっているものの、日本国内の暗号資産取引所で「Post-Only」を導入する事例は今回が初であると報告されています。

FOK(Fill or Kill)とは

FOK(Fill or Kill)とは指値注文を行う際に設定できる執行数量条件の1つであり、注文時に指値価格またはそれよりも有利な価格で直ちに全ての注目数量が約定される場合にのみ発注され、直ちに約定されない場合には注文が失効となるため、確実に全ての注文数量を約定させることができる執行数量条件となっています。

なお、指定なしの場合の指値注文は「FAS(Fiii and Store)」での注文になるとのことです。

>>「GMOコイン」の公式発表はこちら

「Post-Only」と「FOK(Fill or Kill)」の機能を追加した暗号資産取引所GMOコインの新規登録ページはこちら

GMO FX 取引の画像暗号資産取引所GMOコインの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

ビットコインキャッシュを「Eメールアドレス宛て」に簡単送金|Bitcoin.comが新サービス

仮想通貨の種類や目的を理解するための基本的な分類|初級編

仮想通貨の種類や目的を理解するための基本的な分類|初級編

Facebook「新たなステーブルコイン」発行の可能性|仮想通貨Libraは後回しに

Facebook「新たなステーブルコイン」発行の可能性|仮想通貨Libraは後回しに

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

ONE PIECEなどの「ブロックチェーン証明書付きマンガアート作品」販売開始:集英社

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

ブロックチェーンによる「環境価値の直接取引」を実証研究:関西電力×Power Ledger

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

ビットコイン決済で「保険料の支払い」が可能に:スイス保険大手AXA Switzerland

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

ルーマニアの公立大学「仮想通貨決済による入学金支払い」対応へ|EGLDをサポート

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す