20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

by BITTIMES

暗号資産取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は2020年9月7日に、同社が実施した新規口座開設者に対するアンケート調査の結果を報告し、「2020年上半期に口座開設したユーザーが日米欧ともに20代がメインとなっていること」や「仮想通貨投資の目的が"短期的な利益"から"中長期的な運用"へと変化してきていること」などを報告しました。

こちらから読む:Braveブラウザ、日本語のテレビCM放送へ「国内ニュース」

ビットフライヤー「アンケート調査」の結果報告

bitFlyer(ビットフライヤー)は2020年9月7日に、同社が2020年8月7日〜2020年8月24日までの期間にかけて実施した「WEBアンケート調査」の結果を報告しました。このアンケート調査は「2020年1月〜2020年6月までの期間中に口座開設を行ったユーザー539名」を対象にしたものだとされています。

日米欧で「20代の新規口座開設」が増加

ビットフライヤーが実施したアンケート調査の結果報告では、2020年上半期にビットフライヤーで口座開設を行ったユーザーの中で最も割合が多かったのが20代であることが報告されています。同社グループが事業を展開している米国・欧州連合でも同様に20代が最も多かったと報告されているため、日米欧で20代の仮想通貨投資家が増えてきていることがわかります。

以下の画像は「2018年上半期」と「2020年上半期」にビットフライヤーで口座開設したユーザーの属性を示したものであり、『2018年上半期は30~40代のお客様がメインだったのに対し、2020年上半期は20代のお客様の割合が2018年上半期比2倍以上に増加した』と報告されています。

(画像:bitFlyer)(画像:bitFlyer)

投資理由No.1は「将来性がありそうだから」

「暗号資産投資を始めようと思った理由・目的」に関しては『将来性がありそうだから』という回答が最も多かったと報告されています。その他の理由・目的としては以下のようなものが挙げられているため、ユーザーの多くが暗号資産の将来性に期待していることが明らかになっています。

  • 将来性がありそうだから(48.70%)
  • 少額から始められるから(34.50%)
  • 勉強、経験になるから(33.30%)
  • 今後利用が広がりそうだから(29.20%)
  • 中長期的な運用に向いていそうだから(25.70%)
  • 短期的な利益が得られそうだから(21.50%)

(画像:bitFlyer)(画像:bitFlyer)

最も期待している暗号資産は「ビットコイン」

「最も期待している暗号資産」に関しては、約6割のユーザーが"ビットコイン"を選んでおり、その次に多かったのはイーサリアムだったと報告されています。それぞれの通貨の割合は以下のようになっており、同社が2019年12月に取扱いを開始したXRPや2020年8月に取扱いを開始したXEM・BATなどが上位に挙がったと報告されています。

61%:ビットコイン(BTC)
12%:イーサリアム(ETH)
9%:リップル(XRP)
5%:ネム(XEM)
2%:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
11%:その他

(画像:bitFlyer)(画像:bitFlyer)

仮想通貨BATは日本国内の暗号資産取引所に続々と上場し始めていますが、ビットフライヤーは「Brave Software」の子会社「Brave Software International SEZC」と協力して、Braveブラウザ内で使用できる暗号資産ウォレットを共同開発することを発表しているため、そのようなことを考慮してビットフライヤーに新規登録を行う投資家も増えてきていると考えられます。

>>「ビットフライヤー」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

仮想通貨取引所BITBOX「XRPの上場廃止」を発表

仮想通貨取引所BITBOX「XRPの上場廃止」を発表

暗号資産取引所「eToroX」リップル(XRP)など7種類の通貨ペアを追加

暗号資産取引所「eToroX」リップル(XRP)など7種類の通貨ペアを追加

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

【TRON 4.0 vs Ethereum 2.0】トロンCEO、Twitter上でアンケート調査を実施

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

Ultra×Atari:家庭用ゲーム機に「ブロックチェーンゲーム関連機能」標準搭載へ

コインチェック「NFTマーケットプレイス」立ち上げを計画|参加企業の募集も開始

コインチェック「NFTマーケットプレイス」立ち上げを計画|参加企業の募集も開始

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

韓国の暗号資産取引所Komid:代表取締役に「懲役3年」の実刑判決

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す