スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

by BITTIMES   

スイス議会が2020年9月10日に、仮想通貨・ブロックチェーン・分散型台帳技術(DLT)など発展を踏まえて既存の法律を改正するための法案を可決したことが明らかになりました。この改正案の中では"有望なブロックチェーンソリューション"として「カルダノ(Cardano/ADA)」や「アルゴランド(Algorand/ALGO)」などの名前も挙げられています。

こちらから読む:ビットバンク、新たに"XLM"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン関連の法律改正案が可決

スイス議会が2020年9月10日に可決した改正案は、仮想通貨・ブロックチェーン分散型台帳技術(DLT)などといった最新のテクノロジーの発展を考慮してスイスの法律を改正することによって、スイスがブロックチェーンや分散型台帳技術の分野で主導的な立場を獲得できるようにするためのものであり、公開されている書類の冒頭では『分散型台帳技術とブロックチェーンはデジタル化において最も有望な技術の1つである』と説明されています。

スイスは「仮想通貨やブロックチェーンに特に積極的な国」として知られており、現時点でも900以上の仮想通貨・ブロックチェーン企業がスイスで登録している他、スイスのツーク州は"仮想通貨・ブロックチェーンの中心地"を意味する「クリプトバレー」とも呼ばれています。

今回承認された改正案はこのような環境にあるスイスでブロックチェーン関連の法律をより詳しく定めることによって、変化を続けるブロックチェーン業界に連邦法が対応できるようにするためのものとなっており、「デジタル証券取引所の合法性」から「企業倒産後のデジタル資産の返還」などといった幅広い分野をカバーしています。

報告によると、この改正案は2020年9月末に最終投票を控えているとのことで、正式に認められると2021年初頭にも施行される見通しだとされています。

PoSの有望な例として「Cardano・Algorand」の名前も

公開されている書類の中では、代表的なブロックチェーンとして「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」などの名前が挙げられていますが、近年人気を高めてきているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しているプロジェクトの"有望な例"としては「カルダノ(Cardano/ADA)」や「アルゴランド(Algorand/ALGO)」などの名前が挙げられています。

(画像:admin.ch)(画像:admin.ch

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)に基づいたプロトコルについても言及する必要があります。分散型投票への参加者の影響は基となるDLTシステムのトークンのシェアに従って重み付けされます。有望な例は「カルダノブロックチェーン」または「アルゴランド」です。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているブロックチェーンはカルダノやアルゴランド以外にも数多く存在していますが、書類の中では「有望な例」としてこれら2つのプロジェクトが挙げられているため、CardanoやAlgorandは特に高く評価されていると考えられます。

なお、ネットワークへの参加者が限定されている"許可型ブロックチェーン"の例としては「Corda」や「Hyperledger Fabric」の名前が挙げられています。

カルダノ(Cardano/ADA)の標準化団体である「Cardano Foundation(カルダノ財団)」はスイスに本拠地を構えており、過去には現地で複数の企業とも提携を結んでいるため、今後のスイスにおけるCardanoの技術活用などにも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:コロンビアで初提携「Millonarios FC」の$MFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:コロンビアで初提携「Millonarios FC」の$MFCファントークン発行へ

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

カルダノ・エイダ(ADA)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ・エイダ(ADA)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

ドージコイン(DOGE)価格上昇の準備完了?著名アナリストの価格予想

ドージコイン(DOGE)価格上昇の準備完了?著名アナリストの価格予想

GMO:NFTマーケットプレイス運営する新会社「GMOアダム」設立|8月に事業開始予定

GMO:NFTマーケットプレイス運営する新会社「GMOアダム」設立|8月に事業開始予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

日本初の預金型ステーブルコイン「トチカ」サービス開始:北國銀行

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す