スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

by BITTIMES   

スイス議会が2020年9月10日に、仮想通貨・ブロックチェーン・分散型台帳技術(DLT)など発展を踏まえて既存の法律を改正するための法案を可決したことが明らかになりました。この改正案の中では"有望なブロックチェーンソリューション"として「カルダノ(Cardano/ADA)」や「アルゴランド(Algorand/ALGO)」などの名前も挙げられています。

こちらから読む:ビットバンク、新たに"XLM"取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

ブロックチェーン関連の法律改正案が可決

スイス議会が2020年9月10日に可決した改正案は、仮想通貨・ブロックチェーン分散型台帳技術(DLT)などといった最新のテクノロジーの発展を考慮してスイスの法律を改正することによって、スイスがブロックチェーンや分散型台帳技術の分野で主導的な立場を獲得できるようにするためのものであり、公開されている書類の冒頭では『分散型台帳技術とブロックチェーンはデジタル化において最も有望な技術の1つである』と説明されています。

スイスは「仮想通貨やブロックチェーンに特に積極的な国」として知られており、現時点でも900以上の仮想通貨・ブロックチェーン企業がスイスで登録している他、スイスのツーク州は"仮想通貨・ブロックチェーンの中心地"を意味する「クリプトバレー」とも呼ばれています。

今回承認された改正案はこのような環境にあるスイスでブロックチェーン関連の法律をより詳しく定めることによって、変化を続けるブロックチェーン業界に連邦法が対応できるようにするためのものとなっており、「デジタル証券取引所の合法性」から「企業倒産後のデジタル資産の返還」などといった幅広い分野をカバーしています。

報告によると、この改正案は2020年9月末に最終投票を控えているとのことで、正式に認められると2021年初頭にも施行される見通しだとされています。

PoSの有望な例として「Cardano・Algorand」の名前も

公開されている書類の中では、代表的なブロックチェーンとして「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」などの名前が挙げられていますが、近年人気を高めてきているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用しているプロジェクトの"有望な例"としては「カルダノ(Cardano/ADA)」や「アルゴランド(Algorand/ALGO)」などの名前が挙げられています。

(画像:admin.ch)(画像:admin.ch

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)に基づいたプロトコルについても言及する必要があります。分散型投票への参加者の影響は基となるDLTシステムのトークンのシェアに従って重み付けされます。有望な例は「カルダノブロックチェーン」または「アルゴランド」です。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているブロックチェーンはカルダノやアルゴランド以外にも数多く存在していますが、書類の中では「有望な例」としてこれら2つのプロジェクトが挙げられているため、CardanoやAlgorandは特に高く評価されていると考えられます。

なお、ネットワークへの参加者が限定されている"許可型ブロックチェーン"の例としては「Corda」や「Hyperledger Fabric」の名前が挙げられています。

カルダノ(Cardano/ADA)の標準化団体である「Cardano Foundation(カルダノ財団)」はスイスに本拠地を構えており、過去には現地で複数の企業とも提携を結んでいるため、今後のスイスにおけるCardanoの技術活用などにも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zaif:チャットへの意見投稿で「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催へ

Zaif:チャットへの意見投稿で「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催へ

仮想通貨決済対応の米映画館AMC「シバイヌ(SHIB)」もサポートへ

仮想通貨決済対応の米映画館AMC「シバイヌ(SHIB)」もサポートへ

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「ニューオーリンズ・ペリカンズ」とマーケティング提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「ニューオーリンズ・ペリカンズ」とマーケティング提携

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

ディーカレットのスマホで本人確認(eKYC)「5種類の本人確認書類」が利用可能に

Huaweiがブロックチェーン技術を利用した特許を申請中

Huaweiがブロックチェーン技術を利用した特許を申請中

注目度の高い仮想通貨ニュース

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

KADOKAWA:Web3向けオープンソースIP「GIRYPTO(ギリプト)」を発表

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

仮想通貨ビッグアイズコインとイーサリアムは分散型金融の正常化に貢献できるのか?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月20日〜26日

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

大規模な仮想通貨暴落は投資のチャンス?注目の暗号資産6選

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

ポルシェ「NFTコレクション展開・仮想世界への参入」を発表

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

USDC発行のCircle社「ConcordとのSPAC合併による上場計画」を断念

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す