国内企業7社:ブロックチェーン用いた貿易情報連携基盤「トレードワルツ」に共同出資へ

by BITTIMES

「株式会社NTTデータ・三菱商事株式会社・豊田通商株式会社・東京海上日動火災保険株式会社・株式会社三菱UFJ銀行・兼松株式会社・損害保険ジャパン株式会社」の7社は2020年10月27日に、ブロックチェーン技術を活用した貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz®」を運営する「株式会社トレードワルツ」に共同出資することで合意したことを発表しました。

こちらから読む:慶應義塾大学、学生証に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

「TradeWaltz(トレードワルツ)」とは

「TradeWaltz(トレードワルツ)」は貿易業務における取引や情報の受け渡しに関する課題を解決するためにNTTデータが開発を進めてきた"貿易情報連携プラットフォーム"であり、プラットフォームにはブロックチェーン技術も活用されていると報告されています。

あらゆるモノの流れに付随する貿易業務では、取引の過程で多数の手続きが発生するため「手作業での書類作成」や「整合性の確認作業」などには多大なコストがかかっており、取引には複数の関係者が介在しているため「より正確かつ安全に情報を受け渡す仕組み作り」が業界の垣根を越えた共通の課題となっていました。

NTTデータはこれらの課題を解決するために2017年8月に「NTTデータ」を事務局とした業界横断型のコンソーシアムを発足しており、商社・銀行・保険・船会社などの関係者と共に"デジタル技術を活用した貿易業務における事務処理の効率化・安全性の向上"などについて議論を重ねてきました。

「TradeWaltz®」はこのコンソーシアム関係者間での検討結果などを踏まえながらNTTデータが開発を進めてきた貿易情報連携プラットフォームとなっており、同プラットフォームの実用化が実現すれば貿易に関わる全ての業務を一元的に電子データで管理することができるようになり、貿易業務の作業量を最大50%程度、削減できる見込みだと説明されています。

NTTデータの公式発表によると、従来の貿易実務は「紙書類ベースの壮大な伝言ゲーム」であったものの、TradeWaltzを導入すればブロックチェーンで電子データを共有・活用することによって「業界横断で貿易業務を一元的に管理することができるようになる」と説明されています。

TradeWaltz導入前:従来は壮大な伝言ゲーム(画像:NTTデータ)TradeWaltz導入前:従来は壮大な伝言ゲーム(画像:NTTデータ)

TradeWaltz導入後:業界横断で貿易業務を一元的に管理(画像:NTTデータ)TradeWaltz導入後:業界横断で貿易業務を一元的に管理(画像:NTTデータ)

7社で連携して「TradeWaltz」実用化・商業化へ

NTTデータを含めた7社が共同出資する「株式会社トレードワルツ」は2020年4月に設立した比較的新しい会社であり、「TradeWaltz®」の運営・開発・管理はこの株式会社トレードワルツが担うとされています。

トレードワルツへの共同出資に合意した7社は、今後密に連携して「TradeWaltz」の実用化・商業化に取り組んでいくとのことで、まずは貿易業務の各種プロセスの中に「TradeWaltz」を順次導入し、必要な機能の追加やシステムの強化を行うと報告されています。

また『将来的には貿易文書の電子化を検討している国内外の政府機関やサービスプロバイダーと連携して、ASEANをはじめとした世界の貿易業務のデジタル化にも貢献したいと考えている』とも説明されています。

「TradeWaltz」の公式サイトによると、2020年度下期には輸入ケースを拡充して輸出入取引の情報連携を行い、2021年度には「貿易取引の100%ペーパーレス化」を実現、2022年度には「各種情報連携によるシングルウィンドウ化」を実現する予定だと説明されています。

>>「NTTデータ」の公式発表はこちら
>>「TradeWaltz」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法|本人確認や二段階認証まで

bitbank.cc(ビットバンク)の登録方法|本人確認や二段階認証まで

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

勉強しながら暗号資産がもらえる「CoinMarketCap Earn」提供開始

Oasys:ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」と戦略的パートナーシップ締結

Oasys:ブロックチェーンゲームギルド「YGG Japan」と戦略的パートナーシップ締結

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

PEPEの上昇が緩やかになる一方でBOMEは価格抵抗に挑む:Rebel Satoshiは新世代のミームコインか?

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

仮想通貨が稼げるクイズ動画SNS「QAQA(カカ)」β版アプリ公開

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

ドラファクトリー、1,000万ドルを戦略的資金調達

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

【年率48%】シバイヌ(SHIB)の貸暗号資産「特別募集」開始:ビットトレード

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

ビットボットがICOを開催中|飛躍の可能性に投資家の注目が集まる

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す